なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    631,482円

  • ETHETH

    19,801円

  • ETCETC

    848.72円

  • LTCLTC

    4,769.7円

  • BCHBCH

    43,109円

  • XRPXRP

    57.366円

  • LSKLSK

    246.07円

  • XEMXEM

    10.472円

取引の仕方、損しないコツ

すでに仮想通貨の取引をしたことがある方、もしくは仮想通貨には興味があるけれど、まだ取引をしたことがないという方、仮想通貨の取引において損をしないコツはご存知でしょうか。

この記事では、仮想通貨の取引において、損をしないための取引のコツについてご紹介したいと思います。

販売所と取引所

 仮想通貨の取引所とは?

 

仮想通貨を取引するためには、通常「取引所」と呼ばれる仮想通貨取引業者への登録が必要になります。ご存知の方が多いと思いますが、例えばbitflyer(ビットフライヤー)、Zaif(ザイフ)、bitbank.cc(ビットバンク)などがこれに当たります。NEMの流出事件やマネックスに買収されたことで話題のcoinchek(コインチェック)なども該当します。

私たちはこれらの取引所の中から好きな会社選んで登録し、口座を作ります。そしてその口座にお金を振り込み、そのお金で仮想通貨を購入するわけです。

取引所の中に取引所!?

 

ここまで読むと、取引所に登録しているのだからそれらの会社を使っていれば自動的に取引所を利用してるだろう、と思うかも知れませんが、そうではないのです。

仮想通貨の取引所の中にはさらに「販売所」「取引所」という2つの取引の仕方が用意されています。取引所という言葉が2度出てくるので非常にわかりづらいのですが、仮想通貨の取引をするための会社(銀行みたいなもの)も一般的に「取引所」と呼称するし、その会社の中での取引の仕方(例えば銀行で定期預金を作る、等)の1種にも「取引所」という名称があるわけです。

販売所と取引所の違いは?

 では、販売所と取引所の違いはどのようなものでしょうか。端的に言えば販売所と取引所は手数料が大きく異なります。販売所の方が手数料が高く、取引所の方が手数料が安いのです。ですから、この記事の結論でもあるのですが、「いかに上手に取引所を使うか」、そして「自分が購入したいコインを取引所で取引できるようにする」ということが、私たちが損をしないで仮想通貨の取引を行う最大のポイントになってきます。

このポイントを説明するために、まずは販売所と取引所、それぞれの特徴と概念をつかむことからスタートしていきましょう。

販売所形式での取引

 販売所の概念

 

販売所は取引を行う人と販売所である会社が、仮想通貨を売買する形式です。販売所という名称を見るとコインを売っている(つまり私たちは買う)だけで、その逆はできないとイメージしがちですが、私たちがコインを売る(つまり会社に買ってもらう)ことも可能です。

概念としては非常に理解しやすいものだと思います。

売買は簡単!

こちらが取引の画面の例ですが、画面を見てわかる通り、販売所での取引は非常に簡単です。買うときは欲しいコインの数量を入力するだけですし、売るときも売りたいコインの数量さえ入力すれば事足ります。(画面はZaifという取引所の場合です)

値段は既に設定されているので、自分が納得のいく値段のときに売り買いをすれば良いというわけです。そして値段は世の中の仮想通貨の価格変動にともない、リアルタイムで変動しています。

手数料(スプレッド)が高い!

 先ほど説明した通り、この場合、私たちが売買をする相手は販売所つまり会社なのですが、その際に値段を私たちが決めることはできません。売る時も買う時も、販売所に提示された値段で売ったり買ったりしなければなりません

そこまでは良いのですが、問題は実際の値段にあります。

再度先ほどの画像を見てみましょう。よく見ると、買う時と売るときの値段にはかなりの開きがあることが分かります。この場合は、画像にもある通り、ビットコインを1単位購入し、そのまま売った場合、4万円弱(約4.5%)の損失になります。

 このことからわかる通り、販売所形式には一定の手数料がかけられています。実際に、このケースではほぼ同時間の板での値段(後で詳細に説明しますが、要は手数料がない場合の値段設定と思ってください)は855,510円でした。販売所形式の場合、売るにせよ、買うにせよ、一定の手数料がかかってきてしまうわけです。そしてこの手数料のことをスプレッドと呼びます。

スプレッドはどのくらい?

 販売所形式におけるスプレッドは、売買片道でおおよそ2~3%程度と言われています。先ほどの事例を見ても、買って売って4.5%の損失ですから、この数字は妥当であるといえるでしょう。

しかし注意すべき点は、仮想通貨を投資として扱う場合、法定通貨に戻さないと本当に利益にならない、ということです。もちろん、ビットコインを購入してそのまま商品の購入に利用するケースもあるでしょうが、基本的には円やドルといった法定通貨に戻して初めて、私たちが生活で使える「お金」となるのです。(もちろん、将来は仮想通貨がもっと普及して仮想通貨がありとあらゆるサービスや商品の決済用に使える日が来るかもしれませんが、少なくとも現時点では、という話です。)

すなわち、販売所形式での取引に終始する場合、私たちが仮想通貨を取引する以上、片道2~3%の手数料を必ず2回支払わなければならないということになります。往復で約5%。これは決して小さくない数値です。

この5%がどのくらい大きなものか、少し検証してみましょう。仮に一度の取引で5%奪われる取引を10回行ったとすると、10回の取引後には元本は59.87%まで減少します。100万円でスタートした場合であれば、実際の仮想通貨の値段変動がなかったと仮定しても、10回の売買で60万円弱までお金が減ってしまうということです。

そのようなわけで、なるべくスプレッドをかけず取引を行うことが、仮想通貨取引の至上命題になるわけです。そのときに登場するのが、「取引所形式」なのです。

取引所形式での取引

取引所形式とは?

 

取引所形式の大きな特徴は、人間同士が取引するということにあります。人間同士が取引をするので、実はいわゆる取引のイメージとして皆さんが想像するのはこちらかもしれません。概してスプレッドは安く設定されているのが最大のメリットですが、一方で大量に購入・売却したい場合などは売り手・買い手の量の制約があるため、何億円と取引したい場合には必ずしも便利な仕組みではないかもしれません。(もちろん、そのような方はあまり多くはないでしょうが。)

最大のメリットはスプレッドの安さ

 

取引所形式で取引を行う際の最大のメリットはスプレッドの安さです。

例えば、先ほど画面を紹介したZaifのケースを取り上げてみると、イーサリアムの場合手数料は0.0~0.1%、ビットコインの場合はなんと-0,05-0.01%となっています。マイナスと言われると意味不明に感じるかしれませんが、要は「その分だけ余計にコイン(お金)がもらえる」ということです。

いずれにせよ、取引所形式の場合は非常に手数料が安いことが分かっていただけたと思いますし、できることならば販売所形式ではなく取引所形式で取引すべきであるということも納得できるでしょう。

板の見方

 では、取引所形式で仮想通貨を売買する場合、どのようにすればよいのでしょうか。実は、販売所形式よりも少しだけ複雑な取引を求められます。

こちらの画像は先ほどより引用しているZaifの取引所の画面を一部抜粋したものです。これらの情報のほかに、チャート(価格推移のグラフ)や過去の取引一覧などの情報が載っていますが、今回は説明上、2つのものを抜粋しています。

 

まず、左側にあるのが「板」と呼ばれるものです。ここに現在の価格がリアルタイムで表示されます。画像だと動きませんが、実際には結構なスピードで価格が上がったり下がったりしています。Zaifの場合は左側に売り、右側に買いの「気配(けはい)」が並んでいます。(コインチェックなどは左右なく一列に並んでいます。)

この気配というのが、現在注文されている分量ということになります。

例えば、この画像においては、

  • 1ビットコインを859,400円の値段で売りたい人が、合わせて0.7558ビットコイン分存在し、
  • 1ビットコインを859,415円で値段で売りたい人が、合わせて0.06ビットコイン分存在する

ということです。

そして逆に

  • 858,505円で買いたい人が0.025ビットコイン分
  • 858,500円で買いたい人が7.394ビットコイン分

いるということになります。

今、「~ビットコイン分」と表記したのは、それぞれの値段で売買したい人が必ずしも1人ではないからです。複数人が同じ値段を希望して注文すればどんどん積みあがっていくシステムです。ですからその注文をしている人が何人いるかはわかりません。しかし、結局は人数ではなく分量が重要なのであまり気にしなくてもよいでしょう。

MakerTaker

さて、ここまでわかったところでMakerTakerについて解説します。先ほど取引所形式の場合のスプレッドは、イーサリアムの場合手数料は0.0~0.1%、ビットコインの場合は-0,05-0.01%であると、幅を持たせて表記しました。この幅は取引所が気分で変動させるものではなく、MakerかTakerかによって、値段が変動するというものです。

基本的にMakerは注文を並べた人、Takerは注文を拾った人、と覚えればOKです。Make/Takeの英語の意味に近いので、理解に苦しむことはないと思います。

先ほどの画像で板に注文が並んでいましたが、ここに並んだ注文はすべてMakerです。この注文が成立(約定:やくじょう)した場合、Maker分の手数料が取られる(場合によってはもらえる)ということになります。

一方、Takerの場合はすでに並んでいる注文を拾います。

先ほどの例でいえば、板を見ることで「858,500円で買いたい人が7.394ビットコイン分いる」とわかりますので、それを踏まえて858,500円で2ビットコインの売り注文を出せば、注文は必ず成立します。その際に、Taker分の手数料を徴収されるというわけです。858,500円で2ビットコインの売り注文を出したとしても、買い注文でもっと高い値段のものが割り込んで来たり、もともと存在していたりする場合(このケースでも858,505円で買いたい人が0.025ビットコイン分いますね)、そちらから優先的に処理されますので、858,500円よりは多少安い平均取得単価で取引成立(約定)することになります。

注文の出し方

 MakerTakerが理解できたのであれば、あとは難しいことはありません。注文を出すためには、希望する値段と分量を設定し、注文を出すだけです。Zaifの場合は売り・買いでフィールドが分かれていますが、同じフィールドに売り・買いがある場合もあります。いずれにせよ、見ればわかる程度にわかりやすく表示されていますので、売り買いの間違いには気を付けましょう。

 MakerTakerはどこで区別するか疑問を持たれる方もいるかもしれませんが、MakerTakerは自動で判別されます。即座に約定しない注文ならばMakerとして板に並び、約定するならば板に並ぶ間もなく約定します。

取引のコツ

Maker/Takerは気にしない

 

今まで説明してきた通り、販売所形式ではなく取引所形式でコインを扱う場合、スプレッドは非常に安いです。MakerとTakerでも手数料が異なるので、なるべくMakerで取引したいと思う方もいるかもしれませんが、必ずしもそれが得ではありませんMakerというのは注文を並べるだけなので、約定するとは限らないからです。

例えばどんどん値段が下がってく・上がっていくような相場では、注文を出して待っているだけではどんどん機会損失してしまいます。もしくはそのような相場でなくても、自分の注文が約定するか気になってしまい他のことに集中できないとなると、生活にもデメリットです。

ですから、重要なことは自分なりに価格を決めて「この値段なら買う」「この値段なら売る」という基準を設けて取引をすることです。あまりMakerTakerにこだわる必要はないでしょう。Takerだったとしても販売所と比べれば、気にならないくらいスプレッドは安いのですから。

取引所によって扱えるコインが異なる

 最後のポイントとなるのが、取引所の選択です。どの取引所も多くの仮想通貨を売買できることを売り文句にしていますが、実はその多くが販売所形式です。私たちはなるべく取引所形式で取引を行いたいので、自分が扱いたいコインに応じて必要な取引所の口座を作っておくことが望ましいでしょう。

参考までに、国内主要取引所で「板で取引できる」コインをまとめました。この他にも取引所はありますし、本サイトでも紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

取引所オススメランキングを一挙公開!

また、選択肢として海外の取引所もあります。しかしながら税金の計算などで複雑になるケースもあり、初心者のうちは国内の取引所から始めることを推奨します。

まとめ

仮想通貨を売買する際には、損をしないためのコツは

  • 販売所ではなく取引所(板での売買)を使う
  • 自分が扱いたいコインを板で買える取引所を利用する

ことです。

板での取引は慣れも必要ですが、株などの取引にはこの知識が必須です。板で取引できるようになることで、さらにいろいろなことが分かってくるというメリットもあるので、まずは少量から、ぜひ挑戦してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です