なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    631,635円

  • ETHETH

    19,808円

  • ETCETC

    848.58円

  • LTCLTC

    4,768.5円

  • BCHBCH

    43,172円

  • XRPXRP

    57.640円

  • LSKLSK

    244.63円

  • XEMXEM

    10.467円

必見!初心者でも分かるチャートで見る投資のイロハ

初心者こそ知っておきたい仮想通貨売買の仕方

これから仮想通貨への投資で資産を増やしたいと考えている方の中には、仮想通貨の価格の乱高下による損失を不安に思っている方が多いと思います。

そんな方に今回は投資商品取引全般に応用されている「チャートを利用した売買の基本」についてご紹介いたします。

投資商品の取引は専門家にも難しいとされているものですが、今回ご紹介する内容は、そんな取引だからこそ初心者にも覚えておいてほしい内容となっておりますので、少し難しい内容になる可能性がありますが、是非最後までお付き合いいただければと思います。

投資の極意!テクニカル分析

投資には古くから様々な方法が存在してきました。その中でも今回ご紹介するのはテクニカル分析というものです。「テクニカル」というとなんだか難しいもののように感じますが、基本となる考え方はとてもシンプルなものですのでご安心ください。

テクニカル分析とはチャートを駆使した投資法で、現在投資家の間でも投資商品にかかわらず多くの人たちが利用している手法です。この手法のミソはチャートを利用し、市場に参加している大勢の投資家の心理を感じることにあります。

投資とはどんな商品であれ、市場に参加している投資家の「買いたい」「売りたい」という心理の大小で価格が動いていることは皆さんもご存知のことと思います。そこで利用したいのが、チャートを使ったテクニカル分析です。チャートというのは、過去から現在までの価格の記録簿のことです。

チャートを意識した投資をすることにより、様々な視点から投資商品に対する価格を考慮することが可能になるわけです。

それでは、ここでテクニカル分析のミソである市場心理について紹介する前に、チャートを知る意味についても触れていきましょう。

チャートを知る意味とは

チャートを見ることの重要性を語る上で欠かせないものがあります。それは大局観です。

チャートでは基本的に、株式、FX、仮想通貨に関係なく、短いところでは1分足から始まり、5分足15分足1時間足4時間足、といくつものデータが確認できるようになっています。それらの異なった時間軸で商品の価格を見ることにより、指定した時間軸で市場に参加している投資家のとった行動を客観的に読み取ることが出来るようになっています。

勿論、全て過去の取引データとなりますので、未来の価格変動に関して全てが分かるわけではありませんが、過去の事例を踏まえ対策を練ることが出来る点が大きなメリットなのです。

例えば、投資をする上で一番大切な市場心理というものが、誤りなくデータとして残っているため、過去のニュースなどに対して投資家たちがどのような動きを見せたのかを確認出来ることで、今後の投資判断の大きな材料に取り入れることが出来ます。その為、多くの投資家がテクニカル分析を行っているのです。

市場心理とは

あなたが投資商品を購入し、利益を残したいのであれば、一番大切なのは市場心理を理解することです。これは、株式、FXに関係なく全ての投資商品に当てはまります。もし誰も欲しくないものをあなたが大切に持っていても、当たり前ですが、価格は上がりません。

このことは、市場心理が商品そのものの価値以上に価格を決める重大なファクターであることを示しており、だからこそ投資商品の価格は適正価格を求め、常に揺れ動いているのです。また、そのことを知っている人が参加しているのが投資市場です。

しかし、市場には新たにこの市場心理を知らない投資家が参加するので、ニュースやCMで見たからといった理由だけで取引を開始し、大きな損失を抱えると撤退する、という繰り返しになってしまっているのです。

あなたが買いたい時はみんなが買いたい時?

仮想通貨元年と騒がれた2017年、日本での仮想通貨ブームはとてつもないものでした。有名芸能人がどんどん仮想通貨取引所のCMに出演し、申し込みが増加するにつれ、スピーディーさが売りであった各社の口座開設は当たり前のようにだんだんと遅延するようになりました。

そんな一大ブームが起きている時の仮想通貨の価格はどんどんと上昇し、有名な話ではありますが、BTCは当時200万円を超える価格をつけました。その他の通貨も軒並み上昇し、このまま上がり続けるのではないかと誰もが信じていたことでしょう。

これから値上がりしそうな投資商品があるならと手を出すのは、誰にでも考えられることですよね?その時に多くの人達が仮想通貨投資を始めたことで、異常とも言える価格上昇を記録したわけです。

もちろん、この時期に仮想通貨投資を始めた方の中で大きな利益をあげた方もいらっしゃることと思いますが、この市場心理が記録としてチャートに組み込まれているということを覚えておいてほしいと思います。それは、このことがテクニカル分析の最大の利点である為です。

チャートでトレンドを知る

では、実際にチャートを見ていく場合、一番大切なのはまず時間軸の設定です。その際、なるべく大きな時間軸から小さな時間軸へと見ていくようにしましょう。それは、大きな時間軸のチャートに大きなトレンドが隠されているためです。トレンドを知ることで、小さな値動きに狼狽せず大局的な見方が可能になります。

以下に一般的なトレンドを紹介いたします。

上昇トレンド

2017年末の仮想通貨取引のように、どこまでも価格が上がっていきそうな状況を指します。上昇トレンドの時にはチャートのグラフでは右肩上がりになり、周りでもどんどん景気の良い話が聞こえるため、ちょっと無理してでも早めに投資しようとする動きが顕著になります。

下落トレンド

上昇トレンドの真逆であり、どこまでも価格が下がっていきそうな状況を指します。感覚的にはやっぱり怪しかったのねといった感じで市場から離れる人も増え、拍車をかけるように価格は暴落します。しかし、多くのプロ投資家はその際に商品自体の価値を見つめ直し、価格が下がりすぎていたら更に買増しをしています。

持ち合い

上昇でも下落でもない状態のことを指します。持ち合いの場合は比較的短い時間で上下が繰り返されるため、短期でのトレードを行うような投資家は物凄い数の取引を行うことで利益確定を狙います。しかし、一般の投資家にはなかなかずっとチャートとにらめっこしていることは難しいと思いますので、持ち合いだなと感じた場合には参加しないことも立派な投資家としての判断だといえます。

チャートを使って自分の投資タイプを知る

投資の一番大きな目的は、投資した資金の回収であることは明白ですが、チャートを利用することで資金回収に対する考え方を身につけることも出来ます。

多くの方は専業の投資家ではないと思いますので、限られた時間の中で投資する機会を探していると思いますが、一番行ってしまいがちなミスは、とにかく早く回収したいからと1分足とか5分足の短い時間の価格変動を見て投資をしてしまうことです

前述の「トレンドを知る」にも記載していますが、大切にしたいことは1時間足、4時間足や日足などなるべく長めの時間軸で価格がどのように推移しているかを確認することです。大きな流れの中で価格がどのようになっているのかを感じることで、市場においてその通貨に対して好意的な反応がされているのか、あるいはされていないのかを確認することが出来ます。

その中で、自分が資金を回収したい期間や、チャートを見ることができる時間などを基準に、投資判断を行う癖をつけるだけでも、仮想通貨に対する漠然とした不安が軽減されることは間違いありません。

チャートの見方について

それでは最後に、チャートの見方について説明したいと思います。なぜ最後に説明するかというと、テクニカル投資とかそういった言葉の難しさを感じてほしくないためです。

また、チャート自体も実は、各人でいろいろ見やすいようにアレンジをし、更に細かく市場心理を考慮することが出来るようになっているものもあるため、個々人で重視しているものは違います。

今回は、大枠でチャートを利用することの意味を理解していただいた上で、実際にチャートをご覧いただければと思います。

ローソク足

一般的にチャートは、ローソク足と呼ばれる四角いハコで表現されていることが多いです。ローソク足は、その色で価格の上昇や下落を表すものです色自体はサービス提供元で随分違いますが、bitbankで用意しているチャートでは赤色が下落、青(緑色)が上昇を示しています。

ローソク足の特徴は、指定した時間軸の4つの結果が表示されることです。例えば、1時間足でチャートを見ると、横軸に並んだローソクが現在までの一時間毎の実績として表示され、縦軸にその一時間の始値(はじめね)、高値、安値、終値(おわりね)が分かるようになっています。

そしてよく見ると、ローソク足には上に長い線とか下にちょっぴり線がはみ出していることがあります。これをヒゲというのですが、ヒゲの先が到達している価格がその時間帯の高値、安値ということを指します。

このヒゲもトレンドの判断には非常に役立ちますので、よく見てほしいと思います。例えば、あまりにも下に長いヒゲが残っている場合には、何かの理由で価格が大きく下落し、そこで持ち合いをしたが買いたい人が多かったため結局上がったという状態です。この場合は買いたい人が優勢の市場になっているといえますので、今後上昇トレンドの可能性があります。また逆もしかりです。

このローソク足のみで上にも下にもトレンドを感じられるのが、テクニカル投資の最大の魅力なのです。

もちろん、他にもテクニカル分析においては手法やツールが様々ありますが、ローソク足だけとってみても、仮想通貨は怪しいといった言葉は出なくなるはずです。

仮想通貨の価格は確かに乱高下していますが、それはFXなどに比べ取引高が少ない通貨も沢山ありますし、規制もかかっていないことも関係しています。しかし、BTCなど取引高の大きなものですと、チャートを見るとしっかりと市場が抱えている期待を確認出来ますので、是非ご覧いただければと思います。

まとめ

仮想通貨が流行っているからという理由で、漠然と投資を始めた方がいらっしゃれば、この記事を読んでくださったことを機に、ご自分にあった投資タイプや市場の心理について考えながら、仮想通貨の価格などをご覧いただけますと更に投資という市場の面白さがお分かりいただけるかと思います。

またの機会に、チャートの分析手法に関して記事に致します。

ご覧頂きましてありがとうございました。