なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    625,486円

  • ETHETH

    19,709円

  • ETCETC

    839.75円

  • LTCLTC

    4,738.0円

  • BCHBCH

    43,861円

  • XRPXRP

    54.202円

  • LSKLSK

    241.66円

  • XEMXEM

    10.491円

カンタンに仮想通貨のアービトラージ取引をする方法

アービトラージとは?

 アービトラージとは、日本語で裁定取引という意味で、仮想通貨の場合は異なる取引所との価格差を利用して売買益を得る取引手法です。株や為替とは違い、仮想通貨は簡単に他の取引所に送金することができるためアービトラージの難易度はとても低いです。

 そのため、仮想通貨から投資を始めた初心者でも手を出しやすく、アービトラージのチャンスを見つけることができればうまく利益を得ることが出来ます

 株や為替のアービトラージでは、取引所間で価格差が出ている際に、高い方で売り注文し、安い方で買い注文することで、価格差が収束した際に利益を得ることが出来ます。

ローリスク・ローリターンで堅実な取引方法

 アービトラージは、基本的に価格差が存在するのを前提に行う手法であり、価格差がある2つの取引所で仮想通貨を保有し、安い方で購入して、高い方に送金して売買益を得るということが基本になります。つまり、このロジックさえ理解しておけば、あとは価格差を監視するだけです。

 価格差がない間はアービトラージをしないように心がければ、損することがありません。
うまく投資するために必要なノウハウであるテクニカル分析やファンダメンタル分析を全く理解していなくても行うことができるため、経験を積みたい初心者であれば、一度挑戦してみてもいいでしょう。

仮想通貨のアービトラージの基本的なやり方

 仮想通貨でも株と同じように高い方で売り注文、安い方で買い注文を出すことが出来ますが、この方法の場合仮想通貨は自由度が低くなっています。

 まずその理由として、空売り注文ができる銘柄が少ないということです。株取引のような一般的なアービトラージは、空売り(現物を保有していなくても売り注文を出せる)が可能な信用取引前提であり、仮想通貨では信用取引できる銘柄が殆どありません。そのため、一般的なアービトラージの手法では利益を狙いづらく、それは信用取引が可能な銘柄は価格差が起きにくいからです。

ではどうするのかというと、仮想通貨では安い方で買って高い方で売ると言う方法を取ります。仮想通貨は取引所間で簡単に送金ができるという特徴があるため、上記の方法でアービトラージが成功します。

 また、取引所間の価格差だけでなく、同一取引所内での価格差を利用してアービトラージを成功させる方法もあります。取引所によって、ビットコイン建て、イーサリアム建て、USDT(USD Tether)建て、Dogeコイン建てというように、複数の基軸通貨で取引できるところがあります。異なる基軸通貨で同じコインを扱っていた場合、取引所内で価格差が出ることになるため、仮想通貨を送金せずにアービトラージをすることができます。

アービトラージ取引の応用

 少し応用したアービトラージのやり方として、自動売買botを作成、もしくは外部のものを利用するという方法があります。

 複数の取引所の価格を同時に常に見続けることは不可能ですので、急に価格差が発生してもすぐ取引できるように自動売買botとアービトラージのシステムを組み合わせるという方法があります。

 取引所によっては送金処理も自動化することができるため、うまくシステムを作ることができればアービトラージが成功する限り勝手に資産が増えていきます。

 また、複数の基軸通貨を利用したアービトラージではあれば、価格差が出来た瞬間に安い方で購入、即売却が可能であるため、利益の取りこぼしが減ります。

 理想は完全自作することですが、そのためには各取引所が提供するAPIとプログラミングの知識と技術が必要です。少し高額ではあるものの、アービトラージを自動化することができるツールも販売されていますので、資金に余裕がある人はそちらを活用するのも一つの手です。自動化システムの作成に必要な知識は、入門書1冊あれば十分ですので、これを期にツールの自作をしてみるといいかもしれません。取引手段を増やす一環で別の技術も身につけることで、他の思わぬところで役立つことがあります。

changellyを利用するのも一つの手

 基本的に仮想通貨は取引所で売買しますが、取引所ではない交換所と呼ばれるサービスも存在します。

 交換所では、取引所では取り扱ってない通貨ペアで交換することが可能です

 例えば、Vechainと呼ばれるアルトコインとモネロという匿名アルトコインの間で取引できる取引所は現状存在しませんが、交換所であればこの通貨間の交換が可能となっています。

 changellyが代表的な仮想通貨交換所で、数多くの通貨に対応しています。

 交換した通貨は好きな取引所やウォレットに送金することができ、changellyからの送金手数料はかからないためオススメです。

アービトラージに利用できるツールやサービス

 アービトラージはPCで同時に複数の取引所を見て行うことも出来ますが、この方法では同時に多くの通貨や取引所を見ることが出来ないのでおすすめできません。

 そこで、アービトラージに使えるツールやサービスを紹介します。

coinmarketcap

 coinmarketcapは仮想通貨の時価総額や取引所ごとの現在価格、発行枚数などの情報がまとめられているサービスです。

 このサービスの機能のうち取引所ごとの価格を見る機能が優秀で、ビットコイン建てだけでなく、ドル建て、イーサリアム建てでも確認することが出来ます。

coinchoice

 こちらはメジャーな取引所・メジャーな仮想通貨にしか対応していませんが、リアルタイムで現在の価格さを確認することができ、どのように価格差が生まれているのか確認する際にとても便利です。

 メジャーな仮想通貨は価格差が起きにくい分難易度が高いので、アービトラージ初心者の間は価格差がどのように起きているのか学ぶために使うといいでしょう。

販売所ではアービトラージが難しい

 日本では販売所形式で仮想通貨売買をするところがありますが、販売所はおすすめできません。

 販売所は初心者でも売買しやすいという特徴がありますが、購入するときは相場より割高、売却するときは相場より割安というデメリットがあるのでアービトラージとの相性はよくありません。ですので、アービトラージをする場合は手数料の安い取引所で売買するようにしましょう

 海外では、取引所が一般的で販売所はほとんど存在しないため、アービトラージをするのであれば海外取引所をおすすめします。海外取引所と言うと敷居が高く感じてしまうかもしれませんが、初心者であればBinanceとKucoin、Huobiで挑戦してみるといいでしょう。これらの取引所は初心者でも比較的使いやすく、ブラウザの翻訳機能を使えばテキストも読むことができるので安心です。

 他にもcryptopiaやcoinexchangeなど、アービトラージをやりやすい取引所がありますが、初心者の場合は取引所での売買に慣れてから挑戦するようにしましょう。

仮想通貨のアービトラージ取引のリスク

 アービトラージは、無茶な取引をしない限りローリスク・ローリターンで堅実な投資方法ではありますが、それでも多少のリスクが存在します。

 一つは、各取引所が設けている取引手数料です。仮想通貨取引所の手数料は、取引量の数%が徴収される仕組みですが、この取引手数料のことを考慮しないとアービトラージが成功したと思ったら少し損していただけだった、ということになりかねません。

 二つ目が、成行注文でアービトラージをする場合です。価格差が出来ていたとしても、買値と売値の価格差が広い場合は成行注文をしてしまうと、かなり損失を出してしまう可能性があります。アービトラージは短期取引の一つですので、価格差を見つけ次第即購入・即売却をするのが一般的ですが、成行注文をしても利益が出るかしっかり計算しておきましょう。

 三つ目が、草コインでアービトラージをする場合です。草コインは値動きが激しく、取引所間で価格差ができやすいですが、一つ注意点があります。それは、草コイン特有の板の薄さです。板が薄いと、一回の成行注文で価格が動いてしまい、総合的には利益が出ないどころか損失を出してしまう結果になりがちです。

指値注文でアービトラージを行えば大丈夫かと考える方もいるかも知れませんが、惜しいです。指値注文で安く買えたとしても、買った仮想通貨を全て高値で売り切れるとは限りません。

価格だけ見ると、価格差が出来ていても板が薄すぎてなかなか売り切れなかったりすることがよくあります。

そのため、草コインでアービトラージをする場合は、24時間取引量にも注意が必要です。

 最後のリスクが一番重要で、送金時のアドレス入力ミスです。アービトラージでは購入したら価格差が埋まる前に早く売り切りたいため、急いで送金したくなるかもしれませんが、その際に焦って間違ったアドレス宛に送金してしまうと、送金した資金が全て消えてしまいます。アービトラージにおける最大損失ですので、絶対にアドレスは手打ちせずにコピーペーストし、入念に確認してから送金ボタンを押すようにしましょう。

ビットフライヤーやQUOINEXなど一部の取引所では、送金アドレスを予め登録して管理することができ、アドレスのコピーペーストが不要になる取引所もあるので、アドレス管理機能がある場合は積極的に活用するようにしましょう。

まとめ

 いかがだったでしょうか?アービトラージは初心者でも手が出しやすい方法ですが、その分リターンは少なくなります。その代わりにリスクも低いため、送金アドレスミスさえしなければ大損失を招くことはないでしょう。

 投資を始めたばかりで新しい取引手法を模索しているという方は一度挑戦してみるといいでしょう。