なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    1,217,208円

  • ETHETH

    33,280円

  • ETCETC

    977.21円

  • LTCLTC

    14,291円

  • BCHBCH

    50,632円

  • XRPXRP

    50.299円

  • LSKLSK

    0.0000円

  • XEMXEM

    9.697円

【バイナンス】新たな基軸通貨にXRPを採用

導入

仮想通貨は下落相場が続き、冬の時代と言われていますが、その要因のひとつに実用性に乏しいことが挙げられるでしょう。

なにかのプラットフォームであるにしてもアクティブユーザーが少なかったり、ボラティリティ(価格変動性)が大きすぎてカストディ(資産)に向いていなかったり、送金や決済にしてもスケーラビリティや採用面で後れがあることなどが、顕在化していて中々解決していません。

一時期、2017年度にその期待が一気に高まって高騰しましたが、持続していません。

しかしながら、唯一といっていいほど、現在も大手企業や銀行との提携を活発に果たし、活用が期待されている通貨があります。

それが「リップル」です。イーサリアムを抜いて時価総額も2位に躍り出ており、今最も期待されている通貨のひとつです。

そのリップルが流動性の高さを期待されて、取引ペアに採用されるケースが徐々に増えてきており、今回世界最大級の取引所が基軸通貨のひとつとすることを発表しました。

 

バイナンス、基軸通貨にリップルを採用

世界有数の取引所であるBinance(バイナンス)のCZ氏は、Twitter上で正式にXRP(リップル)を新たに基軸通貨として採用し、近日中にその取引ペアも含めて公開すると発表しました。

リップルは、提携や実証実験が各地で行われており、非常に期待されている通貨のひとつです。需要が高まっていることを考慮して、新たに基軸通貨に採用して、流動性の面でよりよいものになることが期待されます。

 

発表の詳細に関して

その後公式ブログにて、リップルの新しい取引ペアはTRX/XRPとXZC/XRPになることが明らかにされました

リップルは現在時価総額2位であり、将来性が非常に期待できる通貨です。

 

リップルとは?

リップルは、通貨と通貨を繋ぐ橋渡しとして、数秒での送金完了を実現しさらに60~70%のコストを削減することが可能になります。

リップルのxCurrentは200社以上の銀行や金融機関と提携しており、仮想通貨リップル(XRP)の利用が義務となるxRapidも10月に開催されたリップル社主催のカンファレンス「SWELL」にて商業化スタートが発表されています。

 

採用ペアの通貨について

TRX(時価総額ランキング: 10位)

TRX(トロン,Tron)は、ブロックチェーン上での分散型のプロトコルで、世界中のクリエイターがデジタルアセットの公開・所有を自由に行えるプラットフォームです。

創業者のジャスティン・ソン氏は、元リップルの中国支部で資金調達を担っていたり、音楽ストリーミングサービス「PEIWO」という中国で人気のツイキャスのようなサービスを提供する企業のCEOであることから、中国と関連がある通貨です。

 

XZC(時価総額ランキング: 107位)

XZC(ゼロコイン,Zcoin)は、匿名性通貨のひとつで、ZcashやMonero、DASHなどと似ています。

匿名通貨はトランザクション時に情報をわからないようにするのが一般的ですが、ゼロコインの場合はいくら送ったのかの金額はわかるようなプロトコルにしています。

取引のバグやハッキングなどの改ざんが発生した時に、金額をもとに原因の追跡・究明が可能になります。

 

その他のリップル採用の取引所

カナダ拠点の取引所である「Coinfield Exchange」がリップルを基軸通貨にいち早く採用しています。

BTCやETC、LTC、DASHなどの主要通貨の取引ペアだけでなく、米ドル、ユーロ、円、ポンド建ての通貨ペアも同時にマーケット開設されており、これによりリップルが更に広く流通することになっています。

 

まとめ

世界最大級の取引所であるバイナンスで、リップルが基軸通貨に採用されることになりました。

取引ペアに採用された通貨の時価総額を考えると、そこまでの需要や資金流動性はなく実験的であると思われるものの、Coinfield Exchangeに続き、業界内でリップルが期待されている通貨のひとつであることを裏付ける大きな一歩になっています。

リップルの躍進は目覚ましいものがあり、このまま前進を続けることで、仮想通貨の冬の時代を脱却する鍵となるかもしれません。