なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    591,582円

  • ETHETH

    19,471円

  • ETCETC

    700.09円

  • LTCLTC

    9,249.1円

  • BCHBCH

    34,479円

  • XRPXRP

    37.758円

  • LSKLSK

    0.0000円

  • XEMXEM

    7.2933円

Facebookがメッセージアプリ「whatsApp」内での送金用にステーブルコインを開発か?

FacebookはメッセージングアプリWhatsAppで送金を可能にする仮想通貨を開発しているとブルームバーグが報じています。なお、ボラティリティを最小限に抑えるために米ドルと連動するステーブルコインに取り組んでいるとの事です。

Facebookがついに仮想通貨業界に参入か?

ブルームバーグが関係者筋からの情報として、Facebookが買収したメッセンジャーアプリ「WhatsApp」内にて送金を目的とした仮想通貨を現在、開発中であることを報道しています。

判明している情報では、ボラティリティを最小限に抑えるために米ドルに固定されたステーブルコインを発行する予定で保管などのカストディサービス、やステーブルコインの価値を保護するための米ドルの資金補完などに取り組んでおりリリースにはまだほど遠いとの事です。

モバイルメッセージングアプリは、便利で費用対効果の高い送金ソリューションに対するニーズが高い国に人気があり、WhatsAppは特にインドで人気があるとの事で2億人以上のアクティブユーザーが存在すると報告されています。送金に関しては2017年には690億ドル(約7.6兆円)ものインドへの送金が世界銀行により確認されており、スマートフォンなどにより送金が簡素化されれば、より高い需要が見込まれると考えられます。

一方、Facebookからの正式な発表は未だ確認はされていません。

ブロックチェーン研究会を発足し、求人を募集

今年に入り、Facebookはブロックチェーン研究会を立ち上げており、つい先日も求人の募集を行ったばかりです。「Blockchain」という単語で、Facebookですでに従業員になっている人物を検索するとLinkedInに40人を超える人が存在していると事が見受けられます。

The Blockによるレポートでは今回の求人募集でブロックチェーン開発者の他にもプロダクト・マーケティング責任者、法律専門家などの職が名を連ねており、プロダクト・マーケティングの説明にはこのような文言が見受けられます。

この担当者は、開発者と消費者のための当社の製品戦略の作成、製品の市場投入計画の管理、および部門をまたがるチームの調整を行い、コミュニティをつなぐための優れたソリューションを提供します。」

この今年5月に立ち上げられたブロックチェーン研究チームにはPayPalの前CEOで米仮想通貨取引所Coinbaseの取締役も務めたデビッド・マーカス氏がトップに就任しており、当時からついにFacebookが仮想通貨業界に進出か?と様々な憶測が飛び交っていました。

しかし、Facebookは詳細を明らかにせず次のように語るに留まっています。

「私たちの目標はブロックチェーン技術によって、スマートフォンや銀行口座などにアクセスできない何十億もの人々を救う事です。それは新しい金融サービス、情報共有や保存の新しい方法になります。」

ステーブルコインに見られる問題

今年はテザー社によるUSDTの疑惑から始まり様々なステーブルコインが開発されました。しかし、現実問題として運用や開発が非常に困難な一面もあり、Basisと呼ばれるステーブルコインのプロジェクトがアメリカの証券法に該当したまま運用すれば大きなマイナスが発生し、証券に該当することを避ける方法は無いと判断しプロジェクトを閉鎖することを発表しました。

Basisは有名な投資家や前FRB理事などが支持しており注目を集めていました。Stable.Reportの調査によれば同様にステーブルコインの開発を計画している企業は120社を超えるとの調査結果を出しています。

Facebookには20億人以上のアクティブユーザーと400億ドル以上の年間収益、そして厳しい規制を乗り越えた実績もあり、もし仮想通貨業界に参入すればその影響は計り知れないものになると考えられ、もしステーブルコインを発行すれば、このようなプロジェクトを立ち上げた大手テック企業としては初の企業となります。

しかし、フェイスブックは最大8700万人の個人情報が不正流出した問題が起こったばかりでワシントンの司法当局は賠償金や罰金の支払いなどを求める訴えを起こしており信用問題に揺れており、仮想通貨ユーザーの中にも嫌がる人もいるかもしれません。

今回のステーブルコインはインドから利用スタートとの事ですが、今後Facebookがどのような戦略を立ててくるのか要注目と言えます。