なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    1,065,066円

  • ETHETH

    19,836円

  • ETCETC

    760.00円

  • LTCLTC

    7,660.0円

  • BCHBCH

    32,132円

  • XRPXRP

    28.639円

  • LSKLSK

    0.0000円

  • XEMXEM

    5.8257円

国内のブロックチェーン企業LayerXが、韓国のブロックチェーンプラットフォームICONとパートナーシップを締結

国内のブロックチェーンテクノロジー企業のLayerX(レイヤーエックス)が、韓国に拠点を置くブロックチェーンプラットフォームICON(アイコン)公式パートナーシップを締結したことを発表しました日本における開発者コミュニティの活性化とICONネットワークのセキュリティの向上が目的であるという。

LayerX(レイヤーエックス)が、韓国に拠点を置くブロックチェーンプラットフォームICON(アイコン)とパートナーシップ

LayerXは国内のブロックチェーン事業を展開している企業の一つです。現在、スマートコントラクトの開発やそのコンサルティング、セキュリティ監査などのブロックチェーン技術に関する事業を積極的に行っています。また「blockchain.tokyo」という開発者コミュニティを運営しており、国内のブロックチェーン技術の啓蒙活動を行っていることでも知られています。

 

今回のパートナーシップでは、ICON独自のスマートコントラクトである「SCORE」を広げていくためのハッカソンやデモデー、カンファレンスの開催を検討していくとのこと。

また、ICONが支援するグローバルアクセラレータプログラム「ICXステーション」のパートナーとして参画ICONプラットフォームとICONの分散型アプリケーション(Dapps)のセキュリティ監査を提供すると述べています。

 

株式会社LayerXの代表取締役社長である福島 良典氏は、今回のパートナーシップを受けてこう語っています。

ブロックチェーン業界において、豊富な実績を持つICONとLayerXが、パートナーシップを結ぶことができ大変嬉しく思います。ICONのコア技術「loopchain」は、すでに韓国の証券コンソーシアム向けの本人認証システムや、韓国の生命保険会社と自動保険金請求システムの開発などで採用された実績があり、日本においても活用が期待できます。LayerXは、技術的な側面からICONの日本国内の活動をサポートしていきます。

出典:LayerXとブロックチェーンプラットフォーム「ICON」が公式パートナーシップを締結-PR TIMES

 

LayerXはこれまでにも、シンガポールのブロックチェーンテクノロジー企業である「Zilliqa」とパートナーシップを締結したり、日本マイクロソフトとのブロックチェーン技術の導入でのコンサルティングや開発支援サポートなどを行うとして協業すると発表しています。

LayerXは、今後も国内外のブロックチェーン企業と連携することで、ブロックチェーンの社会実装を支援していくと述べています。LayerXの今後の動向にも注目しておく必要があるでしょう。

 

LayerXは、2018年8月に情報キュレーションアプリ「グノシー」を運営する株式会社Gunosyと、Fintech企業であるAnyPay株式会社との合弁会社として設立されました。ブロックチェーン事業を展開しており、スマートコントラクトの開発やエンタープライズ向けブロックチェーンの導入などのサービスを提供しています。

韓国に拠点を置くブロックチェーンプラットフォームICON(アイコン)とは

ICONは2017年に活動を開始し、ブロックチェーンプラットフォームとして、スマートコントラクトの開発やDappsの構築に最適な環境を提供することを目指しています。

2018年5月にはインスタントメッセンジャーサービスのLINEとの合弁会社「Unchain」を設立し、LINEブロックチェーンMainnetとDappsの構築に相乗効果をもたらすことを目的として活動領域を拡大することを目指しています。

 

ブロックチェーンプラットフォームのICONについては、下記の記事にて詳しく解説していますので是非チェックしてみてくださいね。

ブロックチェーンと既存システムを結ぶ仮想通貨プロジェクトICON(ICX)を解説します