なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    409,719円

  • ETHETH

    13,653円

  • ETCETC

    487.57円

  • LTCLTC

    3,574.8円

  • BCHBCH

    14,323円

  • XRPXRP

    36.277円

  • LSKLSK

    0.0000円

  • XEMXEM

    6.2922円

ブロックチェーンが医療業界にどのような改革をもたらすのか?

ブロックチェーンの技術は幅広く応用が可能で様々な業界が徐々に採用しています。医療業界においても同様で流通、患者のカルテ管理などにブロックチェーンの技術を使用すればコスト削減にも繋げることができると言われています。

医療×ブロックチェーン

ブロックチェーンは、分散型台帳となっておりそれぞれのトランザクションは、検証され、ネットワークに格納され管理されます。中央集権では無いためブロックチェーンに格納されたトランザクションや情報は、削除またはコピー、改ざんはできません。

この特徴を利用すれば、医療業界においても医師、健康保険プラン、病院のシステムなどに応用でき、患者に対してもストレスであった待ち時間の削減などのメリットがあります。さらにブロックチェーンに記録されれば他の病院とも情報を共有でき、今まで病院ごとに秘匿性のあったノウハウなどがオープンになるため医療業界の発展にも繋がります。

医療IT経営者の約4分の3は、ブロックチェーンと医療システムの相互運用性に対して大きな期待を持っていると考えていると言われており、ここでは医療業界のどの分野に応用できるのか具体的に紹介していきたいと思います。

流通(サプライチェーン)

恐らく薬などの流通とブロックチェーンは一番考えられやすく導入しやすい分野だと思われます。製薬企業は、ブロックチェーンが製品を流通におけるコース全体での追跡、監視できる方法を模索しています。ブロックチェーン技術が適用されれば、関連情報を表示および管理することも可能です。

製品によっては特定の温度で管理する必要があり、ブロックチェーンを使えば薬品を運送中の貨物内のセンサーが温度情報をブロックチェーンに送信し、温度の変化があれば送受信者に通知することができます。

また不良品や不正な偽造品の流通防止にも繋がり、医薬品の生産者と規制当局は出荷前にすべての規制が満たされているか確認でき安全性を確保でき、製薬会社の信頼向上にも繋がります。

国際運送会社「FedEx」と製薬会社である「Good Shepherd Pharmacy」社が提携し、ブロックチェーンの技術を応用して貧困地域の医薬品を手に入れることのできないガン患者らに大量に余ってしまっている医薬品を再配布する計画を発表しています。

臨床試験

臨床試験ブロックチェーンを利用すれば企業はデータを安全に共有することができ、副作用、患者の人口統計などの関連データなどの情報にも役立ち、企業は必要に応じて規制当局やスポンサーとこれを共有することができる可能性があります。

さらに、さまざまなサイト、プロトコル、およびシステムにわたる同意書の管理と追跡を可能にし、複数のサイトが患者のカルテなどのデータにアクセスし、収集し、共有することもでき、患者にも自身の医療履歴や常時、使用している薬などのデータを病院や研究者がアクセスする許可を自由に決めることができます。

 

保険

保険分野においては不明瞭な部分なども多く、ひどいときには詐欺的な会社も現れたりする場合があります。スマートコントラクトを用いればすべての情報を追跡でき、詐欺の防止や正確な料金の証明が可能になります。例えば、患者が来院するために診療所に診察する場合、検証のためにブロックチェーンに保存されそこで様々な医療プランの情報にアクセスできます。

保険会社はその履歴と患者情報を迅速に確認し、必要に応じ払い戻しができ、プロセスの簡略化に繋がります。

カルテ

大多数の患者は自身の病歴を全て把握し記憶しているのは不可能です。そこでブロックチェーンの技術を利用すれば、患者は、複数の来院履歴、病気、保険会社、服用している薬など生涯に渡る情報を記録し、必要な時にいつでもアクセスすることができます。

また、電子医療、遠隔治療などにおいても応用でき、診断、処置、処方箋の詳細が記録でき提供もできます。これにより医者や薬局もミスを防ぐことができ、患者も病院の待ち時間の短縮、セカンドオピニオンでも一から症状を話したり診断する手間が省くことができます。

米国ボストンのマサチューセッツ総合病院(MGH)では、韓国のブロックチェーン企業MediBlocと提携し患者のカルテ等の情報を保存し、他病院と共有するためブロックチェーンの採用を発表しています。

ボストンには17の病院の数に対し27種類ものシステムがあり、相互運用性が欠けていると指摘があり、ブロックチェーンを採用すれば患者のストレス削減、医療の発展にもつながるとしています。

このように医療業界だけでも改善できる可能性がある分野が多数あり、他の業種においても同様のことが可能だと思います。今後もブロックチェーンを採用する企業は続々と増えてくると考えられ便利な時代が訪れることでしょう。