なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    371,008円

  • ETHETH

    9,814.4円

  • ETCETC

    422.33円

  • LTCLTC

    2,914.3円

  • BCHBCH

    9,251.7円

  • XRPXRP

    32.881円

  • LSKLSK

    0.0000円

  • XEMXEM

    6.9359円

SECがビットコインETFの承認判断を最終期限の2月末に延期へ

SEC(米国証券取引委員会)はSolidX社とVanEck社のETFの承認判断を2019年2月27日に延期した事を発表しました。2月27日は最終判断期日となり承認か否決か決まることにはなるものの見通しは依然、不透明のままとなっています。

ビットコインETFがさらに延期

SEC(米国証券取引委員会)は、金融マネージメント会社VanEckと、ブロックチェーンスタートアップ企業SolidXが提携し、Cboe(シカゴ・ボード・オプション取引所)から申請していたビットコインETFの承認判断を2019年2月27日に延期した事を発表しました。

証券取引法によればETFに関する決定を下すため最大240日にまで延期する事が可能で、2月27日が最終期限でそれ以上延期できず承認か否決か決まる事になり、長い延期に終止符が打たれることとなります。

以前より延期の理由として市場の不正な価格操作や、仮想通貨市場の未成熟さを挙げていましたが今回は「審議・判断においてより長い期間を指定することが適切であると判断するため」としています。

今年に入り、低迷した仮想通貨市場においてビットコインETFは機関投資家の資金流入のきっかけとなるため、好材料と見られていましたが依然、明るい見通しは見られず先行きは不透明のままで、もし来年2月に却下された場合、改めて一から審査を申し出る事になるため今回同様、非常に長い期間を要する可能性もあります。

クリプトママ「ETFはいつかわからず待たない方が良い」

ワシントンDCの仮想通貨カンファレンスで、以前から仮想通貨に好意的な姿勢を取っているSECの委員ヘスター・ピアース氏が登壇し、ETF承認について他の委員に「仮想通貨に対しよりオープンな姿勢」を取ってもらうよう協力を仰いでいると述べています。

新たな資産クラスの形成に向けて、SECには5人の委員がおり過半数から承認を得る必要がありピアース氏は「承認するまでに長い時間がかかる可能性があるため、投資家はSECの判決を待つべきではない。」と主張しています。

あなたの息を止めないでください。暗号やビットコインのETF承認ためだけに生死に関わるような生き方を送らない様に注意してください。皆さんは、私が仮想通貨に関してもう少しオープンな考えを持つよう同僚に説得しようと努力していることを知っていると思いますが、私は他の人々ほど魅力的ではない。」

ピアース氏はさらにETF承認が「明日かもしれないし、10年後になるかもしれない。」と付け加えたものの資産クラスとなるべくインフラが時間の経過とともに強化され発展し、必然的に制度化が起こると強調しています。

VanEckディレクター「楽観的だ。」

VanEckのデジタル資産戦略担当ディレクター、Gabur Gurbacs氏は、今回のETF延期に関して非常に楽観的だと述べています。市場は明らかにビットコインのETFを望んでいる一方で、他の9つのETFが却下されているのに対しVanEck社だけが延期となっているのは、「SECが承認するにあたり十分な説得力のある理由を提供していると考えており規制当局の祝福を受けるチャンスがあると考えている。」と主張しています。

さらに楽観的にとらえている背景として今回は想定内であるとし、次のように述べています。

ETFが承認される最終日は2月末です。私たちは必要な市場構造、障害物、カストディサービスなどSECが欲している要件を全て満たしていると考えています。ですから、私たちは楽観的にとらえていますが市場を準備するためにはもっと多くの作業が必要です。また、近い将来、店頭(OTC)市場で透明性の高い、良い発表が行われています。」

Gurbacs氏は11月にも、ETFが始まれば数十億ドルの資金が流れると自信を覗かせていました。

先月にはSECに対しプレゼンを行っていた

VanEck、SolidX、Cboeの各代表が集まり11月26日にSECの企業財務部や取引・マーケット部、経済・リスク分析部、法務顧問室のメンバーらに対しプレゼンテーションを行っていました。

その中でビットコインが金や銀と同様、代替通貨としての価値と役割を持つと述べ、ビットコインが認可されたETFの商品よりも耐性があると価格操作に対してもクリーンさを主張していました。

一方、VanEckは大手証券取引所ナスダックと提携し、その一環としてナスダックからビットコイン先物をローンチする計画を発表したばかりでこちらはCFTC(米国商品先物取引委員会)の承認を得る必要があり来年前半にスタート予定だとしています。

他にも来年前半には大手金融機関の仮想通貨市場参入とサービススタートが予定されており、明るい兆しが見られています。