なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    387,848円

  • ETHETH

    10,022円

  • ETCETC

    443.39円

  • LTCLTC

    2,716.9円

  • BCHBCH

    11,643円

  • XRPXRP

    33.921円

  • LSKLSK

    0.0000円

  • XEMXEM

    8.0222円

仮想通貨マイニング大手のBitmainが時価総額上位の仮想通貨で構成されたインデックス指数を公開

仮想通貨マイニング大手のBitmain(ビットメイン)は11月30日に、機関投資家と個人投資家に向けた時価総額で上位の仮想通貨と連動する仮想通貨のインデックス指数の提供を開始しました。Bitmainが運営するマイニングプールBTC.comにて公開されました。

Bitmainは仮想通貨市場関係者向けの仮想通貨インデックスを公開

仮想通貨マイニングのトップシェアを占めるBitmain(ビットメイン)は11月30日に、時価総額上位に位置する仮想通貨と連動するビットメイン仮想通貨指数(Bitmain Crypto Index)を公開しました。

ビットメイン仮想通貨指数は時価総額の上位17位までに位置している仮想通貨、またビットメインビッグ10インデックス(BLC10)で取り上げられている10種類の仮想通貨のスポット価格が掲載されています。ビットメインビッグ10インデックスは時価総額に応じて割合が決められており、市場価値の90%以上で構成されています。

 

同指標はリアルタイムで更新される現物価格や日別の参考価格がドル建てで表示されており、日別の参考価格は香港時間の午前10時に毎日発表されるという。

Bitmainによると、同指標は市場で最大かつ最も流動性が高い仮想通貨のパフォーマンスを追跡しているとしています。

 

ビットメイン仮想通貨指数で表示される価格データは、Bitfinex,Binance,Bitstamp,Bittrex,GDAX,Gemini,Huobi,Itbit,Kraken,OKEX,Poloniexなどの取引所から提供を受けているという。Bitmainによると、これらの取引所は、評判、価格の透明性、コンプライアンス、安定性、取引量などを総合的に判断して選出していると述べています。

 

「指数はビットメインテック(Bitmaintech Pte. Ltd.)の単独の所有物であり、その管理はビットメイン指数運用委員会(Bitmain Index Operating Committee・BIOC)が実施する。同委員会は定期的なレビューを行い、社外の利害関係者とやり取りでフィードバックを受け取ることで、指数運用の方法論を、可能な限り最新で実情を反映したものにする」

 

出典:中国マイニング大手のビットメインが「仮想通貨指数」をリリース ビットコインや16のアルトコインと連動-Cointelegraph

Bitmainはハードフォークポリシーも記述

Bitmainが掲載したビットメイン仮想通貨指数の方法論書にはハードフォークポリシーに関する記述もありました。先日ビットコインキャッシュのハードフォーク騒動があったことから、今後分裂した通貨がインデックスされる可能性を懸念し、それに対しての対応という内容になっています。

 

新しく分裂した通貨をインデックスに追加する場合、分裂してから10日目に以下の基準をクリアしている場合検討し判断する。

  • 新たに分裂した通貨は、最低2つ以上の指数構成取引所で取引されている必要がある
  • 新たに分裂した通貨は、取引所で1日当たり200回以上の取引を米ドルもしくは同値の組み合わせによって行われている必要がある
  • 新たに分裂した通貨の米ドル建て、もしくは同値の組み合わせの出来高が、米ドル建てのオリジナル通貨と米ドル建ての分裂した通貨の両方を合わせて合計出来高の10%にあたる必要がある
  • 米ドル建ての新しい通貨もしくは同値の組み合わせでの取引価格が、米ドル建てのオリジナル化通貨と米ドル建ての新たに分裂した通貨、両方の合計価格の10%以上である必要がある。

 

さらに、以上の基準をクリアした通貨と認められた場合、ハードフォーク後15日目にビットメイン指数運用委員会が判断しインデックス指数に追加するという。