なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    387,608円

  • ETHETH

    10,015円

  • ETCETC

    440.84円

  • LTCLTC

    2,714.3円

  • BCHBCH

    11,598円

  • XRPXRP

    33.888円

  • LSKLSK

    0.0000円

  • XEMXEM

    8.0192円

【グノシー,日本マイクロソフト】ブロックチェーン技術に関する領域で協業を発表

導入

仮想通貨の価格下落が止まらない最中ですが、仮想通貨や特にブロックチェーン領域において、国内から活発な動きが見られてきています。

仮想通貨だと沼澤氏の税務計算、ブロックチェーンだとLINEのトークンエコノミー、博報堂のブロックチェーンイニシアティブ、東京海上日動の保険金請求のPoC、最近だとブロックチェーントークンエコノミーのメディア運営を行うALISが博報堂と共同研究を行うニュースが発表されています。

情勢として、ブロックチェーンの可能性に期待し、導入を検討している企業による需要が少しずつ高まっている状況です。

今回は、ブロックチェーン関連に特化した有数の企業である、LayerXが舞台のニュースになります。

 

日本マイクロソフトと国内有数のブロックチェーン企業が提携

ブロックチェーン企業である「LayerX」と「日本マイクロソフト」が、ブロックチェーン領域での協業開始を発表。

ブロックチェーン技術のシステム導入に社会的関心が高まる中、企業への「ブロックチェーン導入コンサル」や開発支援サポートなどを行う予定です。

改ざん耐性のある「ブロックチェーン技術」 を利用し、スマートコントラクトによる業務フローの自動化や省コスト化ができると期待されているものの、企業としてはブロックチェーンに関する専門知識を有している人材の確保に苦労している現状であり、活用へのアドバイスの需要が高まっているという背景があります。

 

日本マイクロソフトは、2016年よりパブリッククラウドプラットフォームMicrosoft Azure上でのブロックチェーンインフラの構築を支援するBaaS(Blockchain as a Service)の提供を開始しており、自社の顧客企業基盤を生かした営業活動に注力します。

LayerXは、その日本マイクロソフトの強みを生かしたコンサル業務に、設計・開発などの技術を中心にしたサポートを行います。

 

LayerXとは

LayerXは、2018年8月1日、日本最大手の情報キュレーションアプリ「グノシー」を提供するGunosyとFintech企業AnyPay株式会社の合弁会社として設立されています。

AnyPayは、キャッシュレス事業を展開する企業で、スマホを利用した簡便なクレジットカード決済を導入できる「paymo biz」を提供します。

ブロックチェーン技術に特化し、ブロックチェーン技術の研究やシステムの開発を行うほか、トークン開発やICO時やスマートコントラクトのハッキング対策、フィジビリティスタディなどを軸に企業コンサルなど、技術力を生かした事業を行っていく方針です。

 

福島社長のコメント

ブロックチェーン業界は、投機的な面や試験的な段階で盛り上がっている状況であり、実務に沿った実装や技術的な面からのアドバイスが不足しています。

今後、ブロックチェーンの活用が模索されていく中、技術的なサポートの需要が高まっていくことが予想されます。

Gunosyはメディアカンパニーではなく、高い技術力を誇るテクノロジーカンパニーであり、事業成長の一環としてのポートフォリオのひとつに、ブロックチェーン事業を組み込んでいます。

技術のスペシャリストとして、LayerXが日本マイクロソフトとともに業界の成長に貢献していきたいとしています。

 

まとめ

国内に関して、企業コンサルを行うのは他に博報堂(ブロックチェーンイニシアティブ)で、最近だと企業の導入研究・実証実験を行っているのが東京海上日動の貨物保険の保険金請やソーシャルメディアの運営を行うALISとのトークンエコノミーの共同研究、LINEのトークンエコノミーなどがあります。

博報堂のブロックチェーンイニシアティブや東京海上日動の貨物保険の請求には、NTTデータが提携しており、国内でも一定の有力企業が同技術に関して注目しているのも事実です。

これらの有名企業が、ブロックチェーンの導入を模索しているのは非常に将来性が期待できることであり、大きなニュースとなっているため、CoinViewにても取り上げ掲載しています。