なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    370,699円

  • ETHETH

    9,815.7円

  • ETCETC

    424.11円

  • LTCLTC

    2,936.2円

  • BCHBCH

    9,204.5円

  • XRPXRP

    32.805円

  • LSKLSK

    0.0000円

  • XEMXEM

    6.9109円

BCHがハードフォークへ。巡る対立により激化する論争

ビットコインキャッシュ(BCH)は16日にハードフォークを行い、Bitcoin ABCとBitcoin SV に分裂する予定となっています。この問題でロジャー・バーとBitmain社のジハン・ウーとクレイグ・ライト氏が対立し激化した様子を見せています。

ビットコインキャッシュが分裂

ビットコイン(BTC)から分裂したビットコインキャッシュ(BCH)はさらに分裂の予定を日本時間16日に控えています。Bitcoin ABCBitcoin SVに分かれることになっていますがそもそもの事の発端は、開発チームの技術的な方針での内輪もめとなっています。

現在、ABCの方が主流になりそうですがABC側のリーダーとしてはbitmain社のCEOであるジハン・ウー氏がSVの方にはnchainの最高技術責任者で自称サトシ・ナカモトのクレイグ・ライト氏がリーダー的存在となっています。一方、あのビットコインの伝道師ロジャー・バー氏はABCを支持し、コインギークの創業者カルビン・エヤー氏はSVを支持しています。

ビットコインキャッシュは、サトシ・ナカモトの本当のビジョンであるとしたものの、新しいアップデートに対しABCはサトシ・ビジョンとはかけ離れた行動を取っているとnchainとコインギークは主張していました。

クレイグ・ライトがロジャー・バーに脅迫メールを送る

ロジャー・バー氏は自身がCEOを務めるBitcoin.com内にてクレイグ・ライト氏から送られてきたとされるEメールを公開しました。

「もしあなたが、戦争を望んでいるなら、2年間は取引できない。戦争の間、取引できるコインはない。もしABCのようなシットコインが欲しいなら破産するだろう。

ビットコインはABCが愚かな行為で消える。BCHが数年、取引はゼロになるのは目に見えている。

(中略)

私がサトシだ。良い人生を。私が怒ったらどうなるか分かるだろう。

(中略)

くたばれ。」

と言った内容でロジャー・バー氏はビジネスマンが使うような言葉ではないと批判しています。さらにジハン・ウー氏もクレイグ・ライト氏のフォークへの反対を根拠がないとし、「フェイク・サトシ」と批判しています。

 

ハッシュ・ウォー

今回のハードフォークするABCとSVはどちらもコインを区別する機能リプレイプロテクションを付けるとは表明していなく、2つのチェーンが同じコインとして認識されてしまうためコインを送っても通貨が区別できず消失する可能性もあります。

これはどちらかが決着がつくまでビットコインキャッシュは使えなくなるということですが、ハッシュを使い掘り進めどちらかをメインとするか決められます。

現在SV派のコインギークが45%以上のマイニングプールを持っていて、SV派支持のマイニングプールは75%にものぼっています。51%以上のハッシュレートをコントロールできれば、どちらがビットコインキャッシュ上のネットワークを使えるか決まりますが、ジハンがどのような策を講じてくるのか気になる所です。

コインギークのカルビン・エヤー氏もThe BlockのインタビューでSVがビットコインキャッシュのコントロールを支配すると勝利の自信を覗かせています。

ロジャー・バー氏やジハン・ウー氏についても「きわめて自己中で間違っている、ビットコインを破壊する行為が利益になるのだろう。」と批判しています。

ですが、クレイグ・ライト氏らの分裂を決して許さないような攻撃や言動は多くの分裂を望んでいないビットコインキャッシュ・ユーザーから批判を浴びています。

さらにイーサリアム(ETH)の共同設立者ヴィタリック氏も論争に参戦し「クレイグ・ライト氏に妥協はせず、追放するべき。」とツイッター上で強く批判しています。

海外の取引所の反応

今回のハードフォークで気になるのは取引所の対応ですが、

・バイナンス、が明確にABCとSVの両方をサポートするとの声明を出しています。

・フォビとOKEXはハードフォークをサポートの文言のみ。

・ポロニエックス、HitBTCは両方の先物取引を発表。

・BitPay、Kraken、BitMEXはABCのサポートのみを支持しています。

※入出金等の停止の時間にご注意ください。

日本の取引所の対応

bitFlyer、コインチェック、DMM Bitcoinは今後、BCHはABCのことを指すとしたうえで付与はしない方針。

Zaif、bitbank、ビットポイントは対応未定としています。

BTCBOX、SBIVCはBCHの保有量に応じた新通貨を付与する発表をしていますが、SBIVCは現金の可能性あり。

※入出金等の停止の時間にご注意ください。