なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    386,716円

  • ETHETH

    10,005円

  • ETCETC

    444.52円

  • LTCLTC

    2,723.8円

  • BCHBCH

    11,614円

  • XRPXRP

    34.065円

  • LSKLSK

    0.0000円

  • XEMXEM

    7.9698円

分散型取引所イーサデルタの創業者がSECにより起訴。取引所への規制の始まりか。

SEC(米国証券取引委員会)は、分散型取引所イーサデルタ(EtherDelta)の創業者ザッケリー・コバーン氏を米国証券法にのっとって、有価証券とみなされるトークンを無許可で発行したとして起訴したとの事です。分散型取引所でも完全に創設者の責任が無くなるわけではないとしています。

イーサデルタ創業者を起訴

8日、SEC(米国証券取引委員会)は分散型取引所イーサデルタ(EtherDelta)の創業者ザッケリー・コバーン氏を起訴したことがわかりました。

最近では、SECは証券法違反の可能性があるICOを通じて資金を調達したプロジェクトやチームの取り締まりに焦点を当てていましたが、SECの関係者と言われる話によれば仮想通貨取引所の取り締まりが優先事項となっていると伝えています。

今回の取引所に対する措置としては初めてのことで仮想通貨取引所としては極めて重要となってくるかもしれません。SECは有価証券とみなされるトークンを無許可で発行し適切な登録をしていないとしてザッケリー・コバーン氏を起訴する形となりました。

特に問題とみなされたのは、DAOなどの一部のトークンを「有価証券」とみなすことができこの取引を提供する者は当局へ届け出が必要としていたがコバーン氏は無許可のまま運営していたとのことです。イーサデルタは運営者が不在でスマートコントラクトを使って取引ができる取引所です。

コバーン氏は罰金を払うことに同意

その後コバーン氏によれば、罰金を払う事でSECと和解したと伝えています。その額は判決を認めないか否かにかかわらず、被害者救済のための差し戻しとして30万ドル(約3420万円)、裁判判決前利息で1万3000ドル(約148万円)、罰金7万5000ドル(約855万円)と伝えられています。

SECはコバーン氏の協力の結果、ペナルティを軽減したことを示唆し、執行部ディレクターのステファニー・アバキアン氏は記者会見で「EtherDeltaは、ユーザーインターフェースとオンライン証券取引所の基本機能を備えており、SECに登録するか、または免除の対象となる必要がありました」と語っています。

コバーン氏は、他にも同様の取引所を運営したいと望んでいる企業とSECが繋がるよう協力したとして市場への参加の禁止も免れています。

分散型取引所でも創設者に責任ある。

ここで最も注目されたのは、コバーン氏が2017年後半にイーサデルタから退いたにも関わらず、今回の判決を受けたことです。アメリカの法律事務所のバーン・アンド・ストーム社のプレストン・バーン氏によれば「1年前または数年前に事業を売却するか、継続するかに関係なく証券法は強制的に執行されるだろう」と見解を述べています。

SECのロバート・コーン氏は「あなたが分散型取引所を作ってから、他の分散ネットワークによって運営されたとしても、創設者の将来の責任や責任がなくなったわけではありません。」とフォーブスのインタビューに答えています。

さらに「レッテルや技術に重点を置いているのではなく、焦点はその機能であり、プラットフォームが何をしているかで、分権化されているかどうか、スマートコントラクトかどうかではなく重要なのは交換業を営んでいるかどうかである」

と語っています。

2017年のICOブーム以降、監視する必要のない分散型取引所が他にも複数、設立されています。IDEX分散型取引所では12日現在、24時間で1067件のユーザーによる取引があり、ForkDeltaでは753件となっています。

今回の判決に疑問の声も

ニューヨーク大学法学部の副教授アンドリュー・ヒンクス氏は次のように語っています。

「今回の判決はethereumとbitcoinに貢献する開発者のための様々な法律上の問題を巻き起こします。ソフトウェアをどのように使用するかを制限することを怠った場合、コードを作成して実行するだけで、技術者が将来、訴訟される可能性が出てきました。

と提起し、「分散型とは言えEtherDeltaは今回、SECから問われた特定のトークンを除外することもできました」と語っています。

SECの執行により、より多くの仮想通貨企業がアメリカでの事業を避ける可能性もあります。シンガポールやイギリスなど諸外国の法律の方が規制が緩いためです。

仮想通貨企業の今後の使命は、アメリカでの規制当局によるリスクを制限しつつ、海外で事業を展開する際のアメリカの法律を遵守しながら最大限に活用できるかが課題となっていきます。

分散型の性質を持つAirSwapやEverbloomなどは法的リスクを軽減するためにトレーダーに手数料の請求を避けようとしていますがヒンクス氏は「手数料無料にしたからと言って規制を回避できるかどうか不明だ。」と分析しています。