なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    631,987円

  • ETHETH

    19,839円

  • ETCETC

    850.07円

  • LTCLTC

    4,765.7円

  • BCHBCH

    43,080円

  • XRPXRP

    57.508円

  • LSKLSK

    244.79円

  • XEMXEM

    10.469円

2018年10月29日 Zcashハードフォーク実施!概要を徹底解説

匿名性の高い仮想通貨であるZcash(ZEC)が、2018年10月29日にアップデートを行います。Saplingと呼ばれている今回のハードフォーク。一体どのような内容なのか、内容やメリット・デメリットを徹底解説していきます。

そもそもZcashとはどんな通貨?

 

アップデートの内容に入る前に、Zcashの概要を簡単におさらいしておきましょう。

通常、ブロックチェーンを利用した通貨は、アドレスや送金した数量などが全世界に公開されてしまいます。このアドレスは個人情報を含むものではありませんが、もし紐付いてしまえば誰がどこにどのくらいお金を送ったのかが一目瞭然になってしまうのです。これを是としなかったZcash Companyが発行したのがZcash(ZEC)。zk-暗号方式snarksを用いたシールドトランザクションやゼロ知識証明といったシステムを利用し、匿名性を保ったまま送金・支払いなどのトランザクションを行うことを目指す通貨です。

Zcash(ZEC)のSaplingアップデート概要

2018年に10月29日、Zcashのアップデートが行われます。Zcashの一番の特徴と言えば先述の通り暗号化方式zk-snarksを採用したシールド(保護された)トランザクションですが、この方式では計算が非常に重いことから多くのユーザーや取引所にとって対応が難しい通貨であると言われていました。今回のアップデートではトランザクション・プロトコル全体の使い勝手が大きく改善する中で、このプライバシー重視のトランザクションに関する状況が改善すると言われており、Zcashが目標としているプライバシーが保護された仮想通貨の流通が一歩進展すると予想されます。

今回のアップデートSaplingは苗木という意味。前回行われた2018年6月のアップデートOverwinter(越冬)に続き2回目のハードフォークアップデートとなります。OverwinterはSaplingの予備段階的な位置付けのアップデートであり、Zcashにとって大型のアップデートは今回のSaplingが初となります。では早速その内容を概観してみましょう。

軽量化:メモリは従来の100分の1の量に、処理時間は6分の1以下に

Zcash CompanyのCTOであるネイザン・ウィルコックス氏がインタビューに対して述べたところによると、Saplingプロトコルの導入によってシールドトランザクション処理に要するメモリは従来の100分の1以下に、処理に要する時間も6分の1以下になるとのこと。

シールドトランザクション処理はフルノードを保有・実行しているユーザーのみが行うことができるという制約があるため、全てのユーザーに有効というわけではありません。しかし、将来的には、シールドトランザクションと同時に行われた際に匿名性を損ねる恐れがあるZcashの非公開トランザクションを除去することを目標としているとのことで、今回のアップデートは大きな第一歩であったと言えそうです。

軽量クライアントのサポート

Saplingコード変更以前のZcashは効率が悪くお世辞にも扱いやすいものとは言えませんでした。今回Saplingへのアップデートに伴い、軽量クライアントなどの多様なクライアントがサポートされるようになるとのこと。軽量クライアントとは、一般的にデスクトップPCやノートパソコンよりも処理性能が劣ると言われているモバイル端末上で動作するクライアントのことを指します。軽量クライアントではブロックチェーンの全データを格納することこそしないものの、安全は保証されるような仕組みになるとのこと。

入念にコード化を行わないと軽量クライアントがウォレットの所有者にトランザクション情報を公開してしまう可能性があるとのことで、現状まだ追加開発を待っている状況とのこと。従って、軽量クライアントの登場はSaplingのアップデート適用日よりも先になる見込みです。

Sapling関連の全体的なユーザー体験の設計:ウォレットの開発

トランザクションにおけるプライバシーの保護を重視するZcashですが、プライバシーと使い勝手の両立は大きな課題となっていました。Saplingアップデートによっていくらか解消されたものの、2つを両立するためのユーザー体験を今後も継続的に設計していくとのことです。

その一環として行われるのがSaplingウォレットの開発。現状、エンドユーザーには非公開のものとして開発者向けの実装ガイドとして、カードの信頼性と脆弱性を実証する概念モデルとして機能させるとのことですが、最終的にはサービスプロバイダからもプライバシーが守られるような軽量ウォレットを開発することが目標であるとネイザン・ウィルコックスCEOは述べています。

分散アドレス対応

Saplingで新たに実装された機能の1つが「分散アドレス」。分散アドレスの導入によりシールドトランザクションの利用者が増加した際に取引所のユーザーサポート負担を軽減する効果が期待されています。分散アドレスとは簡単に言うと同一のウォレットに対して取引所が複数のアドレスを発行する機能のことです。

また、別機能ですが今回のアップデートで導入される機能として、トランザクション毎に開示・非開示を選択できるようになるというものがあります。ユーザーがトランザクション毎の透明性を自ら選択できるようになるのは大きなメリットと言えます。これらの新機能により利便性が上がりシールドトランザクションの利用促進に繋がる他、Zcashが目指す「プライバシーが当たり前」の世界への布石ともなっていると言えます。

「プライバシーが当たり前」の時代への布石。しかしデメリットも・・・

今回のアップデートにより大幅にその利便性を高めたZcash。Zcashが志すゴールもユーザーや投資家に対してクリアに示され、トランザクションにおける「プライバシーが当然守られる」ような時代も近づいてきていることを予感させました。開発者側も、Zcashが志すゴール、そして今回のアップデートに関して自信を見せており、Sapling採用に向けて仮想通貨業界やユーザー全体が移行していくことを期待している模様です。

しかし一方で、今回のSapling移行に関してはいくつか議論を呼んでいる点があります。以下ではその中から代表的な問題点を3点紹介します。

Sapling移行における注意点①ユーザー資産が一時的に可視化される

今回行われたSaplingへのアップグレードですが、そのメリットを享受するためにはSaplingの1世代前の現行バージョンであるSproutで保有していたZcash資産をSaplingアドレスに移行する必要があります。その移行の際に、ユーザーが保有する資産が一時的に可視化されリスクチェックの一環として監査を受けるということで議論を巻き起こしています。Zcashの性質を鑑みても、可視化されてしまうというのはユーザーにとって驚愕の事実と映りました。ウィルコックスCTOはユーザーの反発を予測した上で今回の措置を「回転式監査」と呼ぶ意図的な移行措置であるとしています。

Zcashが2016年に前バージョンであるSproutを公開した際、Zcashの特徴であるプライベートブロックチェーンのベースとなるzk-snarkが生成した「信頼されたセットアップ」というセレモニーを経ました。しかし、このセレモニーが攻撃に対して脆弱であるとの批判が絶えません。具体的には、セレモニーが傍受されたり侵害された際にユーザーのいないZcashが発行されてしまう可能性があるとのことです。このSproutセレモニーの侵害の可能性を鑑みて行われるのが今回の回転式監査であるとのこと。これにより、トークン偽造が起きていないかどうかがチェックされます。

Sapling移行における注意点②実際の移行は数ヶ月先

Zcash Companyでは回転式監査機能を含む移行ツールをリリースする予定であり、その完成とチェックの完了後にSaplingへのユーザーの移行が順次始まるとのことです。全てのユーザーの移行が完了した暁には、操作と処理が1つのフローに統合され、全体としての機能や機密性が向上することが期待されています。

しかし、このツールはリリース日である2018年10月29日現在完成しておらず、早くとも数ヶ月先の年明け頃になる見込みとのこと。従って、Zcash Companyは当面の間Saplingと旧バージョンのSproutの両方のアドレスをサポートし、ユーザーの移行が完了した時点でSproutアドレスの廃止を行うことになります。

Sapling移行における注意点③あくまでもSaplingへの移行が前提

Sproutアドレスが廃止された後は、Sproutアドレスでの受領ができなくなるものの、Saplingアドレスへの送信は引き続き問題なく行えるとのこと。従って、移行前にSproutアドレスが廃止となってしまった場合であっても資産が失われることはありません。

とは言っても、Sproutは廃止となりSaplingに統合されるため、Zcash Companyとしては全ユーザーがSaplingに移行することを期待しています。そのように期待する理由は、SaplingのコードがSproutに対して優位性があるということです。もちろんここまで見てきた通り、Saplingへのアップデートで基幹プロトコルのスケーラビリティが直接改善されるというものでありません。しかし、取引所やウォレットなどでZECが扱われる際により効率的なサポート体制を構築するための土台作り的な意味では貢献度の大きいアップデートであったと位置付けられるのではないでしょうか。

まとめ:Zcashのアップデートはプライバシーが当たり前の世界への大きな第一歩!

今回、SproutからSaplingへとアップデートを行ったZcash。プライバシーが守られた取引を実現したいという同通貨の目標には共感する人が多かったものの、実際の扱いが難しい通貨としてなかなか普及が進まなかったZcashですが、今回のアップデートをきっかけにトランザクションの「プライバシーが当たり前に守られる」時代にまた一つ近づいたと言えるのではないでしょうか。最後まで読んで頂きありがとうございました。