なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    369,239円

  • ETHETH

    9,612.7円

  • ETCETC

    417.84円

  • LTCLTC

    2,703.5円

  • BCHBCH

    9,072.4円

  • XRPXRP

    32.819円

  • LSKLSK

    0.0000円

  • XEMXEM

    6.9780円

仮想通貨決済サービスのビットペイ(BitPay)は米ドルに連動しているステーブルコインに対応すると発表

アメリカの仮想通貨決済企業であるビットペイ(BitPay)は、同社の仮想通貨決済サービス内において、決済の場面で新たにステーブルコインに対応することを発表しました。同社のブログで明らかになりました

ビットペイはCircle USD Coin(USDC)とGemini Dollarに対応

仮想通貨決済サービスのビットペイは、これまでビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の決済に対応してきましたが、今回の発表では、Circle USD Coin(USDC)とGemini Dollar(GUSD)というステーブルコインに対応することが明らかになりました。

ステーブルコインとは、法定通貨との価値に対して1対1で連動している仮想通貨で、価値の変動や保有者の価格変動リスクがないというメリットを持っています。Circle USD CoinとGemini Dollarはアメリカドルに連動しているステーブルコインです。

 

Circle USD Coinは、仮想通貨取引プラットフォームや仮想通貨決済サービスを提供しているサークル(Circle)社が発行するステーブルコインで、米国の送金法に則った透明性の高い仮想通貨として知られています。これまで銀行大手のゴールドマンサックス(Goldman Sachs)や、マイニング大手のビットメイン(Bitmain)から出資を受けており業界から注目を受けています。今年の2月にはアメリカ大手の仮想通貨取引所のポロにエックス(Poloniex)を買収したことでも知られています。

一方、Gemini Dollarを発行しているのはアメリカに拠点を置く仮想通貨取引所ジェミニ(Gemini)です。Gemini Dollarはアメリカの規制当局から認可された世界で初めての仮想通貨として知られています。

ジェミニはビットコインの初期投資家として知られるウィンクルボス兄弟が運営する仮想通貨取引所です。ウィンクルボス兄弟は、現在ビットコインをETFに取り入れることを目指し活動しています。

ビットペイのステーブルコイン対応は、新興市場で価格変動リスクのない決済を提供する

ビットペイは、顧客からの支払いをビットコインやビットコインキャッシュで受け取ることができる決済サービスです。ビットペイの顧客の多くは、受け取ったビットコインまたはビットコインキャッシュをポンドやアメリカドルなどの現地通貨に換金し、直接銀行振込を受けていました。

ところがビットペイがサポートしている銀行口座を持たないユーザーは、法定通貨へ換金することができず、これまでビットコインまたはビットコインキャッシュでの決済を受け取ったまま保有し続けなければいけなかったのです。

これらの仮想通貨は、ボーダーレスな決済としては最適でしたが、常に価格変動リスクがつきまとうことが問題視されていました。

 

今回のステーブルコインの対応は、アメリカドルに連動しているため価格変動のリスクがなく、新興市場で銀行口座を持っていなくても決済手段を提供することが可能になります。

 

Circle USD CoinとGemini Dollarはどちらともイーサリアムブロックチェーン上で構築されています。よってビットペイでステーブルコイン決済に必要なものは、ERC20トークンと互換性のあるウォレットだけです。

ステーブルコインで決済する場合は、ユーザーは20GUSDまたは20USDC以上の残高を保有している場合に、24時間以内に決済を完了します。

度々取り沙汰されるテザー(USDT)は除外

今回ビットペイはテザーに対応しなかったことは気がかりとされる。

テザー(USDT)は、Circle USD CoinやGemini Dollarと同じくステーブルコインの一種で、仮想通貨の時価総額では約2400億円とステーブルコインの中では一番規模の大きい仮想通貨です。
しかしながら、アメリカドルとの裏付けが取れているのか明らかになっていないテザーは度々取り上げられることが多い。

今回のテザーの除外は、より透明性の高い通貨をユーザーに提供するための一環ではないかと考えられます。このビットペイの選択は、より安全で透明性の高い通貨の選択となるための示唆となるのでないでしょうか。