なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    368,641円

  • ETHETH

    9,612.9円

  • ETCETC

    416.29円

  • LTCLTC

    2,692.9円

  • BCHBCH

    9,004.1円

  • XRPXRP

    32.737円

  • LSKLSK

    0.0000円

  • XEMXEM

    6.9737円

マイクロソフトは、個人情報を自分自身で管理する分散型IDの開発を明らかにした

ソフトウェアの製造・開発大手のマイクロソフト(Microsoft)は12日に、同社のクラウドコンピューティングサービスAzure(アジュール)で、分散型ID(DID:Decentralized Identities)を提供するプラットフォームを開発予定だと発表しました。同社のホワイトペーパーで明らかになりました

分散型IDとは、ブロックチェーン技術を利用した分散された個人用アカウントのことで、分散型IDに個人情報を紐づけすることで、中央管理者に管理されることなく本人確認が可能となく仕組みです。

個人データを自分自身で管理する分散型IDの開発をマイクロソフトが着手

マイクロソフトが開発予定とした分散型IDは、中央管理者に個人情報を預けなくとも分散的に利用者自身で管理をおこない、必要な時に本人だけが自由にアクセスすることができます。

分散型IDというのは、SNSでの個人アカウントのようなもので、ブロックチェーンの暗号技術を活用することで、秘匿性と耐改ざん性を実現した本人証明ができる仕組みとなっています。

 

今回公表されたホワイトペーパーによると、2つの製品を開発する予定という。

一つ目は、アイデンティティ・ハブ(Identity Hub)という暗号化された個人データを保管しておく役割を持つ製品です。これはクラウドコンピューティングサービスのAzureを通じて、クラウドストレージに秘匿された個人情報を安全に保管することができます。利用者はこのアイデンティティ・ハブに個人データを保管することで、仲介者を利用しなくとも安全に第三者へのアクセス権限を許可することができるという。

 

もう一つの製品は、個人が分散型IDを管理することができるウォレット型アプリです。このウォレット型アプリは、ブロックチェーンの暗号化技術によって完全に秘匿された個人情報を、ブロックチェーン上に保存することが可能になります。従来の仮想通貨をウォレットアプリで管理するといったイメージで、自身の個人情報をブロックチェーンに保存しておくことができる。

分散型IDによって、インターネット上で本人証明が可能となり利便性が高まる

※分散型IDの仕組み

個人がインターネット上で本人確認を行うためには、これまで中央管理機関などの第三者によって所有された個人情報をもとに証明書によって証明を行う必要がありました

ところが、これではいちいち中央管理機関を介して本人証明を行わなければいけない手間だったり、自分の個人情報に自由にアクセスすることもできないなど、自分の個人情報を完全に自分で管理することはできませんでした。

 

分散型IDは、ブロックチェーン上で管理することで中央管理機関を介さなくても本人証明ができるデジタルアイデンティティです。

中央管理者によって管理されていないのでサービスが停止してしまっても、分散型IDが利用できなくなることもありませんし、ハッキングや改ざんを防ぐことも可能です。

分散型IDは公開DIDとペアワイズDIDの2つに分かれている

公開DIDとは、ネットワーク上でも公開できる情報を持ったアカウントのことです。これらは、個人のニックネームやプロフィール情報など公に知られたとしても問題のない情報が紐づけられています。

 

一方ペアワイズDIDは、公に知られてはいけない情報が紐づけされるアカウントになります。たとえば、本名や銀行口座の暗証番号、本人確認ができる書類などといった情報です。

ペアワイズDIDに紐づけられる情報は、完全に秘匿された上に公開DIDとは別のブロックチェーン上に保存されるようになります。

 

分散型IDが活用されるようになれば社会が更に便利となることが考えられます。しかし、分散型IDで重要なのは一般市民だけでなく、身分証明ができない発展途上国の人々にも本人証明ができる方法を与えることが可能になる点です。彼らが身分証明を行うことができるようになれば、銀行口座を作成したり本人証明が必要なサービスも利用することができるようになります。

こういったように、分散型IDによって人々の生活が便利となるように、これからマイクロソフトの技術開発がなされていくようです。

同社が提供を予定しているウォレット型アプリについての詳細は近日中に公開されます。