なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    365,279円

  • ETHETH

    9,530.0円

  • ETCETC

    405.13円

  • LTCLTC

    2,672.4円

  • BCHBCH

    9,120.8円

  • XRPXRP

    32.438円

  • LSKLSK

    0.0000円

  • XEMXEM

    6.9172円

米仮想通貨取引所コインベースは、仮想通貨に興味を持った初心者に向けた3つのツールを提供すると発表した

アメリカの大手仮想通貨取引所コインベース(Coinbase)は9月28日に、仮想通貨に興味を持った初心者に対して正しい知識や商品を提供するための3つのツールをリリースする発表しました。

今回は、コインベースが発表した以下の3つのサービスを紹介します。

  • コインベース・バンドル(Coinbase Bundle)
  • インフォメーション・アセット・ページ(Informational Asset Pages)
  • コインベース・ラーン(Coinbase Learn)

5種類の仮想通貨をまとめて販売する「コインベース・バンドル」

コインベース・バンドル(Coinbase Bundle)とは、同社で取り扱っている5種類の仮想通貨をまとめてパッケージ化して販売するサービスです。

これらはバスケット取引と呼ばれており、複数の仮想通貨をまとめて販売することで、どの仮想通貨を購入すればいいのかわからない初心者層や主要な仮想通貨をまんべんなく購入したい層などをターゲットとしたサービスとなっています。

 

コインベース・バンドルに組み込まれている仮想通貨はコインベースで取り扱われている5種類の仮想通貨です。

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)

 

これらの仮想通貨を、購入時の時価総額に応じた割合で1つにまとめて購入することができます。

コインベース・バンドルはすでにリリースされており、今後数週間以内にアメリカ、イギリス、欧州の顧客に提供される予定としています。ですが、日本の居住者に対しては提供されていないので注意してください。

コインベース・バンドルはそれぞれ25ドル、25ポンド、25ユーロから購入することが可能で、購入額に対して手数料が1.5%課せられます。

 

コインベース・バンドルを購入後は、コインベースの各々のウォレットに保管されます。よってコインベース・バンドルで仮想通貨を購入したとしても、それぞれの通貨を購入・売却・送金することが可能です。

時価総額上位50位の仮想通貨についてを学べる「インフォメーション・アセット・ページ」

インフォメーション・アセット・ページ(Informational Asset Pages)では、時価総額が高い上位50位までの仮想通貨についての情報を学ぶことができます。これらのページではほとんどの仮想通貨がコインベースで取り扱われていないが、仮想通貨投資を学ぶための新たな出発点として設計されているという。

 

これらのページはコインベースの顧客だけでなく、誰でも閲覧できるようになっています。ページを見てみると、通貨のチャート、現在の時価総額、1日の取引量、現在の供給量、過去の最高値、関連する公式サイトやホワイトペーパーなどをチェックすることができます。

仮想通貨の基本的な技術の知識を身につけるポータルサイト「コインラーン」

コインラーン(Coin Learn)は、仮想通貨で活用されている技術面の知識を教育するために設計されたポータルサイトです。

質問のなかには、ビットコインとは何かや仮想通貨は通常のお金とどう違うかなど、仮想通貨に関連する基礎的な知識を学ぶことができます。

コインラーンにある質問と回答は顧客の調査から得ており、誰もが仮想通貨の購入に対して自信をもって正しいと思えることをサポートするという目的で決められました。

まとめ

コインベースはこれらの教育的ツールを提供することで、仮想通貨に対してハードルを下げ興味を持った初心者の需要を見込むという

コインベースは安全性に最大限のリソースを割いており、コインベースに上場するための審査はとても厳しいことで知られています。