なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    386,818円

  • ETHETH

    10,006円

  • ETCETC

    445.48円

  • LTCLTC

    2,723.0円

  • BCHBCH

    11,652円

  • XRPXRP

    34.020円

  • LSKLSK

    0.0000円

  • XEMXEM

    7.9515円

イーサリアムの売り注文が過去最高を記録 一向に上昇しない原因は?

つい先日ゴールドマンサックスに関する嘘の情報が蔓延したことがきっかけでビットコインを含む全ての仮想通貨が大暴落しました。

その影響が最も大きかった仮想通貨の一つがイーサリアムであり、一切高騰することなく暴落だけしています。

過去最高のイーサリアム売り注文が行われた

今回の暴落によって数多くの仮想通貨が大量に売却されました。この暴落よって仮想通貨市場の時価総額が1兆円以上も下落していて、イーサリアムに関してはとうとう2万5000円を切るまでに暴落しました。

bitfinexにて過去最高記録を更新

今回の暴落ではBitfinexにて、イーサリアムの売り注文が過去最高を更新しています。

特に先日8月からの売り注文の数が非常に増えて起きており、8月中旬の頃と比べると162%も売り注文の数が増加したと発表しています。

また過去一週間だけでも81.96%も売り注文数が増加しており、8月後半から現在にかけて大きく売られたものと見られています。

ここ3ヶ月1度も高騰することなく下落中

ビットコインなどの他の仮想通貨は何度か大きく高騰することがありましたが、イーサリアムに関しては一切高騰することがありませんでした。

基本的にビットコインの価格が上がると、他の仮想通貨の価格もビットコイン影響されて上がるのですが、イーサリアムだけは例外で、他の仮想通貨は高騰していても現在の価格を維持するか暴落するだけでした。

その結果、一時的に23000円台を記録していて、現在は24000円ほどで推移しています。

イーサリアムだけ暴落時の反発がない理由

なぜ時価総額2位で頻繁に売買されているイーサリアムだけがビットコインによる高騰の恩恵を一切受けずにし暴落し続けているのでしょうか?

これには複数の理由が考えられます。

ICOで集められたイーサリアムが売却されている

現在のイーサリアムの使い道のほとんどがICO参加です。仮想通貨を使った資金調達であるICOのほとんどでイーサリアムが使われており、ICO参加する際にイーサリアムが一斉に変われます。

しかし現在はICOによって集められたイーサリアムが、ICOを行ったプロジェクトによって売却され続けており、それが大きな売り圧になっています。

現在のイーサリアム市場はプロジェクト同士によるババ抜きのような状態になっており、個人投資家などの買い圧では支えきれない状態になっています。

またプロジェクトの運営による売却だけではなく、それに影響されて個人投資家も売却しているという点があり、イーサリアムの価格下落を加速させています。

ICOで集められた仮想通貨は基本的に法定通貨に換金される

なぜICOで集められたイーサリアムを含む仮想通貨が売られてしまうのかと言うと、プロジェクトを動かすために一度現金化する必要があるからです。

仮想通貨の将来性があると言っても現在の主流の通貨は日本円・ドルなどの法定通貨であり、何か大きなことをしようと思ったら一度これらの通貨に換金する必要があります。

そうなると必然的にICOよって集められた仮想通貨が売られることになるため、価格が暴落してしまうのです。

2018年2月から3月くらいまでではNEOを使ったICOが盛んに行われ、それに伴ってNEOの価格も上昇しましたが、ICOブームが過ぎ去ったあとは、集められたNEOを現金化するための売り圧がのしかかって、大きく暴落することになりました。

ICOブームが過ぎ去ったと言っても、今も新しいICOが続々と誕生しているため、ICOがきっかけとなるイーサリアムの売り圧はしばらく消えないと思われます。

ICOの信頼性が落ちたのも原因

ICOブームが過ぎ去った要因の一つとして信頼性が低下したという点があります。

ICOで数億から数十億円集めたプロジェクトでも、全くプロジェクトが進んでおらず、ただ資金を集めただけというプロジェクトが非常に多くあります。

さらにICOに参加しても上場直後に暴落してしまい、投資家が大きな損失を被ってしまうという事態が非常に多く起きています。

このこともあってICOに参加する個人投資家が減っていき、ICOに参加するためにイーサリアムを買おうという人が減っているのです。

逆にまたICOブームが再来したのであれば、イーサリアムを買う人が増えるのである程度は価格は戻るかもしれません。

しかし2018年1月に記録したATH(史上最高値)を超えるには、ICOブームとは別の理由が必要と思われます。

今後イーサリアムが無価値になるとの声も

仮想通貨ステラの技術顧問などで知られるジェレミー・ルービン氏は、「イーサリアムを送金する際にガス代を支払う必要がなくなるのであれば、イーサリアムとしての価値はゼロになるだろう」ということを発言しています。

ステラと言うと、今現在も仮想通貨時価総額ランキング上位に位置している仮想通貨であり、暴落も既にかなり落ち着いてビットコイン以上に安定しています。

イーサリアムには将来性しかないという人もいれば、このように価値がゼロになるだろうという人もいるのでしっかり自分の考えをもって投資するようにしましょう。