なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    386,388円

  • ETHETH

    9,986.9円

  • ETCETC

    444.09円

  • LTCLTC

    2,713.7円

  • BCHBCH

    11,646円

  • XRPXRP

    33.893円

  • LSKLSK

    0.0000円

  • XEMXEM

    7.9449円

中国Baidu(バイドゥ)、仮想通貨に関連する規制を強化する方向性を示した

中国メディアのサウス・チャイナ・モーニング・ポストによると、中国の検索エンジン大手のBaidu(バイドゥ)は、同じ中国のハイテク大手Tencent(テンセント)と、ネット通販大手のAlibaba(アリババ)に続き、プラットフォーム上での仮想通貨への規制を強化する方向性を示したと報じました。

Baidu(バイドゥ)は仮想通貨に関連する対応を厳格化

サウス・チャイナ・モーニング・ポストの28日の記事によると、Baiduが運営するチャットフォーラムBaidu tieba(百度贴吧)内の仮想通貨関連のスレッドを少なくとも2つは制限もしくは閉鎖し、仮想通貨への規制を厳格化することを示しました。

 

現在チャットフォーラム内のDigital Currency(デジタル通貨)、Virtual Currency(仮想通貨)は閉鎖されており利用ができないようになっています。これらのキーワードを検索しようとしても「このページは関連する法律、規則、ポリシーに反しており、一時的に閉鎖されています。」と表示されアクセスできないようになっています。しかし、Bitcoin(ビットコイン)、Ethereum(イーサリアム)など仮想通貨に関連するほかの検索ワードでは現在のところ閉鎖されていませんでした。

 

Baiduは、これらのフォーラムが関連する法律、規則、ポリシーに反することとし、一時的に閉鎖することとしました。

TencentとAlibabaはモバイル決済サービス内の仮想通貨に関連する取引を厳しく取り締まる

Tencentが運営するソーシャルアプリWeChatでは、仮想通貨取引を禁止する声明を発表しています。

WeChat内での仮想通貨とみられる取引をリアルタイムで監視し、不審な取引にはブロックをするなどの手段によって規制するとしています。

 

またTencentは、WeChatに登録している仮想通貨とブロックチェーンに関連するアカウントを停止しています。これは一部のアカウントがICO(Initial Coin Offering)をおこなったり、インチキな仮想通貨のトレード情報を流したことが規定違反にあたるためとしています。

この件によって停止されたアカウントは、フォビ・ニュースやコインデイリー、ディープチェーンなど有名な仮想通貨メディアも含まれているという。

Alibabaの仮想通貨規制の動き

ネット通販大手Alibabaの傘下であるAnt Financial(アント・ファイナンシャル)は、同社が運営しているオンライン決済プラットフォームであるAlipay(アリペイ)で、仮想通貨取引に関わったと判明した場合アカウントを制限または閉鎖すると発表しています。

 

今月24日にはAlipayは仮想通貨の店頭取引をおこなっているアカウントを禁止すると発表しており、仮想通貨への規制を強化することを強調しています。

Taobao(タオバオ)では新たに仮想通貨関連サービスを全面禁止

Alibaba傘下のネット通販大手Taobaoは、同様に仮想通貨とICOおよび仮想通貨に関連するサービスの提供を全面的に禁止しています。

Taobaoは新しい規則として、ICOコンサルタント、ホワイトペーパーのライティングサービス、スマートコントラクト実装サービス、分散型アプリケーションの「CryptoKitties(クリプトキティーズ)」などブロックチェーンベースのゲーム内で使用する資産の販売を禁止したという。

以前からTaobaoでは、仮想通貨のマイニングハードウェアの販売とマイニングに関連するチュートリアルサービスの提供を禁止しており、さらなる規制の強化を示しました。

中国のブロックチェーンテクノロジーはITテクノロジー企業と同様の道を歩むのか

中国のITテクノロジー企業であるBaiduやTencent、Alibabaなどは、外資系企業の流入を禁止した中国政府によって大きく成長してきました。現在中国は急速に経済成長が進んでおり、国内でのキャッシュレス化やイノベーティブなサービスが生み出されています。結果として中国は自国資本の企業を大きく成長させることができました。

 

ブロックチェーンテクノロジーでも同様に自国のプロジェクトには中国政府の規制からは免れている状況にあります。分散型アプリケーションプラットフォームであるNEOや、個人情報を管理するブロックチェーンシステムSelfKeyは、現在も中国政府に認められ開発が進められています。

今回のニュースのように中国で仮想通貨に対して規制が厳しくなっているというニュースは、これまでの中国がとってきた施策を再びおこなうことのように考えられます。

中国はブロックチェーンテクノロジーでも抜き出るのか今後の動向にも注目していきます。