なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    386,553円

  • ETHETH

    10,014円

  • ETCETC

    442.74円

  • LTCLTC

    2,722.4円

  • BCHBCH

    11,373円

  • XRPXRP

    33.933円

  • LSKLSK

    0.0000円

  • XEMXEM

    7.9797円

Zilliqa インフォテリアと業務提携

 

 

導入

ソフトウェアを開発する日本企業であるインフォテリアは、シンガポールに拠点をおくブロックチェーン企業のスタートアップであるジリカ社と、パブロックブロックチェーンに関する業務提携を行うことを発表した。

ジリカ社が提供する高速パブリックブロックチェーン「Zilliqa」を、インフォテリアの主力製品で異なるコンピューターシステムのデータをプログラムなしで連携することができる「ASTERIA WARP」に活用することで、既存の企業システム間での相互接続の促進を目指す。

将来的にはロックチェーン上で稼働する分散型アプリケーション(DApps)との採用や開発を見越している。

Zilliqaについて

ジリカが提供する線形スケーラビリティは、一般のブロックチェーンのアプローチとは異なり、より多くのノードがネットワークに参加するほど、処理できるトランザクションが増加する。

これは、ジリカが採用するコンセンサスアルゴリズムが、一般的なPoWやPoSアプローチではなく、プラクティカル・ビザンチン・フォールト・トレランス(PBFT)という最適化された実用的なプロトコルが使用されていることにある。

PBFT(プラクティカル・ビザンチン・フォールト・トレランス)に関しては以下の記事に詳しく説明されている。

PBFT(Practical Byzantine Fault Tolerance)について

 

マイニングではなく投票形式をとるこのプラクティカル・ビザンチン・フォールト・トレランス(PBFT)コンセンサス下では、高速なトランザクション処理を実現する以外にも低エネルギー消費であったりマイナー報酬が安定するなどのメリットがある一方で、コミュニケーションコストの負荷がかかりすぎてしまうというデメリットもある。

ジリカに関する詳しい情報は以下を参考にするとよい。

Zilliqa Medium

https://medium.com/@zilliqa

Zilliqa 公式

https://zilliqa.com/

インフォテリアとDApps

DAppsとは、Decentralized Applications(非中央集権型アプリケーション)の略で、ブロックチェーン上で動作するアプリケーションプログラムのことだ。

例えば、条件に一致すると自動的に送金が自動的に行われるというような、「スマートコントラクト」などの使用法が一般的である。ジリカは、拡張された使いやすいスマートコントラクトの開発にも注力している。

そこで、インフォテリアは、高速処理を実現するジリカのブロックチェーンにより、異なる企業システム間で多様な接続性を提供できるスマートコントラクトを含めたDAppsの実装を安定化させたいという目的があり、今回ジリカとの提携に踏み切った。

主力製品である「ASTERIA」は、2018年3月時点で、大企業、中堅企業を中心に6771社で導入されており、ジリカのパブリックブロックチェーンの必要最低限のノード数である600を満たす。

いち早くブロックチェーンスタートアップと提携に踏み切り、ブロックチェーンの導入を促進させたいインフォテリアの思惑がどういった形になるのか楽しみなところである。

インフォテリア

https://www.infoteria.com/jp/news/press/2018/08/02_01.php