なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    365,254円

  • ETHETH

    9,520.2円

  • ETCETC

    406.12円

  • LTCLTC

    2,665.3円

  • BCHBCH

    9,143.1円

  • XRPXRP

    32.465円

  • LSKLSK

    0.0000円

  • XEMXEM

    6.8878円

SBIホールディングスが決算説明会。デジタルアセットエコシステムとは?

7月31日、SBIホールディングスは第一四半期の説明会を開きました。SBIVCや仮想通貨販売所VCTRADEなど注目されているなか北尾社長は何を語ったか進捗など説明していきたいと思います。

完成間近のデジタルアセットエコシステム

以前から提唱していたマイニングやICO、プラットフォーム開発、取引所運営、貿易金融など仮想通貨に関連する事業をSBIバーチャルカレンシーズを通じて運営するいわゆるデジタル資産のエコシステム構築はほぼ完成していると北尾社長は今回述べています。これは今後10年で仮想通貨の市場は2237兆円規模に達すると考えていてそれを見越しすでに海外の様々な会社に出資しています。

すでに今回の資料だけでも25社ほど投資をしていますが、新しく明らかになったのはアメリカのクリアマーケッツ社と言うベンチャー企業で、クリアマーケット社はデリバティブ取引のサービスを行っていて今回の投資で仮想通貨のSWAP取引のプラットフォームサービスの提供を目指すようです。なおクリアマーケット社は米国商品先物取引委員会のスワップ執行の認可や金融商品取引などの認可などがすでに下りているため信用度があります。デジタルアセットエコシステムについて説明していきたいと思います。

VCTRADEについて

7月17日に新規口座申し込みの受付開始をしていましたが現在取扱い通貨はビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、リップル(XRP)のみでしたが年内中にイーサリアム(ETH)の上場が明らかにされました。さらに今まで通貨の販売のみでしたが他の取引所と同じように取引での売買も予定していて手数料は無料との事です。

入出金についてですが今まで円のみでしたがマネーロンダリングやセキュリティを徹底した仮想通貨の入出金サービスも開始予定で着々と取引所として整備され始めています。業界最狭のスプレッドを提供するとして取引所で圧倒的No.1を目指すつもりとの事でTVCMによるプロモーションも予定されており先日は公式ツイッターアカウントも開設され停滞している仮想通貨市場の活性化に一役買うのか期待が高まっています。

 

マイニング事業

SBIではビットコインキャッシュのマイニングをしていて風力発電所の余剰電力を買取りマイニングに使用したり機材を外販したりする計画があるそうです。風力発電の余剰電力と言う事なのでエコで安価な価格で提供でき市場にも安く流すことができると自負していてそのスキームも構築できているようです。マイニングを強化し推進するために風力発電を活用したデータセンター会社、ベルギーのエティックスグループ、アメリカのランシアム社に出資していてモンゴルでのマイニングも準備中との事です。今後はビットコインキャッシュの採掘シェアを最終的には3割まで拡大して行く事を目指しているようで、こういったエコシステムのマイニングを「ものすごい強み。胴元になれたら一生になる。」と強調しています。

 

セキュリティについて

仮想通貨の取引所で度々ハッキングされたりなどセキュリティの某弱性が問題視されていますがセキュリティ関連でも出資や提携をして強化を図っています。ウォレットに関してはイギリスのnChain社とウォレットセキュリティとビットコインキャッシュの戦略的支援として提携。次に台湾のCoolBitX社という保管・管理をするためのコールドウォレットを販売と開発をしている会社と提携。セキュリティ全般ではクラウドに特化した秘密鍵管理システムのSepior社、クラウド型本人認証・決済サービスの日本のLiquid社などと提携していますが子会社でSBI BITSも立ち上げ今後1年間で投資先の技術を結合しソリューションを開発、SBIグループに導入する事やあのセコムと提携、さらにはシステムの強固、快適な取引環境の提供として米NASDAQのシステムを利用する事を発表しました。

 

独自通貨Sコインの開発

SBIと言えばリップル社との提携が有名ですが独自決済通貨Sコインによるプラットフォームの開発も進んでいます。Sコインプラットフォームを使う事によって地方の銀行の独自通貨の発行や企業による独自通貨などを簡単に発行できる上に複数の企業の仕組みを同一プラットフォーム上で展開する事ができるので決済や加盟店などの相乗りが可能になるので参加する事業は少ない労力で決済網の獲得ができ一般客のキャッシュレス決済などもより便利になるとしています。

さいごに

他にも「仮想通貨は革命であり対欧米にしても大きなチャンスで、変な規制で潰してしまわないよう業界発展のためにはそれなりにモノ申していきたい。」と北尾社長は発言しています。日本の仮想通貨に対する後ろ向きな対応や税率など問題はありますが今後、SBIがどのように仕掛け仮想通貨市場を盛り上げてくれるのか期待が高まります。