なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    363,708円

  • ETHETH

    9,483.5円

  • ETCETC

    403.09円

  • LTCLTC

    2,655.7円

  • BCHBCH

    8,758.8円

  • XRPXRP

    32.421円

  • LSKLSK

    0.0000円

  • XEMXEM

    6.8671円

ブロックチェーンを活用したLGBTカップル調印式が渋谷で開催!!

ブロックチェーンを活用したLGBTカップル調印式が渋谷で開催!!

渋谷区と日本財団が主催するイベント「BLOCKCHAIN2.0 MEETUP」というサテライトイベントが開催されることになりました。これは、BLOCKCHAIN2.0 MEETUP実行委員会という団体が先月30日に発表しました。開催は、今年9月8日に開かれることになっており、業界内外から大きな注目を集めています。

中でも、ブロックチェーンを活用したLGBTカップルの調印式がイベントの第2部で行われるということで、成功すれば世界初の取り組みになります。

BLOCKCHAIN2.0 MEETUPの主催・協催はBLOCKCHAIN2.0 MEETUP実行委員会であり、関連企業、団体として渋谷区、日本財団、協賛には手続き中という但し書き付きだがMicrosoftも名を連ねています。

本サテライトイベントの第一部は日本デジタルマネー協会の本間善賽氏がモデレーターとなり、仮想通貨以外の電力、送金、人物評価などの分野でブロックチェーンの社会実装を進めているデジタルグリッド、三菱UFJ銀行、ランサーズなどの企業が最新事例をパネルディスカッション形式で紹介していきます。

ブロックチェーンが現在では仮想通貨だけではなく、金融関係、情報管理等にも進出していることから、様々な角度からの発表が期待されています。

第二部では、「世界初 ブロックチェーンを活用したLGBTカップル調印式」が執り行われる予定で、ブロックチェーンの社会実装の事例作りに参加できるとのことです。この調印式においてブロックチェーンがどのように用いられるかはまだ明らかにはなっていませんが、この取り組みでまたブロックチェーンの幅が広がっていくと思うと楽しみですね。

ブロックチェーン2.0

ブロックチェーンは現在もなお発展途上の技術です。多くの企業がブロックチェーンに関心を寄せていますが、この技術はもともと仮想通貨「ビットコイン」に実装された技術の一つでした。

仮想通貨は従来の通貨とは異なり、いわゆる銀行のような中央管理人を必要としないシステムです。そのため、余計な機関や会社等を仲介せずに済みますので、その分金銭、時間、人員のコストが削減できるという仕組みになっていました。この仮想通貨に使われていたブロックチェーンは1.0と呼ばれています。ビットコイン及び関連のバーチャル通貨にのみ使われていた時のことを指しています。

そこで発展していき、現在はビットコイン2.0と呼ばれています。2.0は仮想通貨以外の技術の応用のことを指しており、具体的にいうと、スマート契約が代表的な使い道です。簡単に言ってしまうと、契約から決済までの時間を大幅に縮めていくものです。人が直接対面で契約したり、コンピュータ等を用いても発生していた業務が今後、このブロックチェーン2.0によりなくなる可能性があります。保険の契約業務とかもそうですね。

そして、一部の有識者の間ではブロックチェーンは3.0までの構想が練られています。3.0 は「通貨と金融以外、他の領域におけるブルックチェーンの応用、政府、健康、文化と芸術などを含む」としており、いわば通貨、金融以外の全ての応用のようなものです。実現できるかどうかは不明ですが、可能性は十分にあると思います。

SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA

来月8日に行われるイベントのBLOCKCHAIN2.0 MEETUPは、実は「SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA」というダイバーシティとイノベーションをテーマに渋谷区と日本財団が主催するイベントの中で行われます。

<SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA>

2016年から実施してきた日本財団ソーシャルイノベーションフォーラムを中心に、青山学院大学構内や渋谷キャスト、渋谷ヒカリエなど渋谷・原宿・表参道エリアの商業施設やイベントスペースを拠点として、“ソーシャルイノベーション”をキーワードに6つの多様な形で参加できる都市回遊型イベントです。

渋谷で様々な形のソーシャルイノベーションに触れてみましょう。


詳細はこちら
https://www.social-innovation.jp

表参道ヒルズ、渋谷ヒカリエなどの会場で行われるSOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYAは、9月7日から17日にかけて行われることになっています。イベント期間内は、東京大学 教授小泉秀樹や、株式会社セブンセンス・株式会社nommoc 代表取締役 吉田拓巳、株式会社アカツキ 取締役 COO 香田哲朗など多くの著名人が講演等を行う予定です。

渋谷は仮想通貨やブロックチェーンなどのテクノロジーイノベーションの取り組みに積極的に賛同している自治体です。日本の中でも若者の街と言われている渋谷がこのような取り組みをしていくことで、若い人を中心とした今回のようなイノベーションが渋谷から発信していくのです。

まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございました。今回は、来月に行われるイベント「SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA」の紹介をしてきました。当イベント催し物の一つであるBLOCKCHAIN2.0 MEETUP内では、世界初のLGBTカップルの調印式が行われることになり、そこにブロックチェーンが用いられることになりました。この取り組みはブロックチェーンの新しい可能性の模索であり、今後更に進化していく発展の一つの鍵となるでしょう。

ブロックチェーンの技術が今後も様々な所応用されれば、仮想通貨の価値も向上するでしょうから、今後の発展に期待していきたいですね。