なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    370,887円

  • ETHETH

    9,822.6円

  • ETCETC

    422.15円

  • LTCLTC

    2,915.6円

  • BCHBCH

    9,246.4円

  • XRPXRP

    32.865円

  • LSKLSK

    0.0000円

  • XEMXEM

    6.9039円

ドバイ ブロックチェーン裁判所の設立へ

 

 

導入

ドバイ国際金融センター(DIFC)裁判所とスマートドバイ(SDD)は、司法制度を簡素化・管理するための「ブロックチェーン裁判所」の開発のために提携したことを発表した。

 

ドバイ国際金融センター(DIFC)裁判所とスマートドバイ(SDD)は、「ブロックチェーンに支えられた司法制度」を支え推進するための一環として、国境を超えた法執行のための判決の検証に、この技術をどのように活用できるかを狙いとする

 

合法的なエコシステムにおける効率性を向上

1.「論理を組み込み、様々な条件や例外を可能にする」スマートコントラクト契約のアップデートに取り組む。

2.現時点では、ブロックチェーンベースのスマートコントラクトにおける取引の取り消しは不可能であるため、トランザクションを解く技術的手段の開発を目指す。

3.スマート契約に記載される規定内容と契約条件を用いて、パブリック及びプライベートな契約によって生じる紛争をどのように扱うかに焦点をあてる。

ドバイ政府の狙い

スマートドバイ(SDD)のアイシャ・ブッチ・ビン・ビシェル事務局長によると、

ドバイのブロックチェーン戦略は、2020年までに適用可能な政府取引の100%をブロックチェーン上で実行する

計画があるようだ。

ドバイ国際金融センター(DIFC)裁判所のアムナ・アル・ワイス最高経営責任者は、

ブロックチェーン技術を活用することで、法律や司法の最前線に位置づけられ、基準や国や司法を管理・制御することができる

と述べている。

ドバイは、ブロックチェーン分野における先駆者を目指しているようだ。

スマートコントラクト

ブロックチェーンの活用例としていま注目されているのが、サプライチェーンや貿易金融などだ。

特に、スマート契約を用いることで、「Code is low」というように、あらかじめコードで契約内容を記述し、トラストレスで自動的に契約を実行するプロトコルであるため、多くの人手が必要な簡単な業務を自動化し、効率を高めることができる。

一方で、スマート契約には、契約が複雑になればなるほど不確実性と解釈の予知が生まれるという問題が指摘されているのも事実だ。

つまり、コードを記述することに加えて、契約が意図する内容を確実に記述するための法律的知識が必要になる。

そのため、第三者の仲介の排除を売りにするスマート契約にもコード記述者へのトラストが必要になるわけだ。ハッキングの可能性がつきまとう。

そういった顕在化しているリスクの解決にいち早く焦点を置き、将来のブロックチェーンでの利用を促進する意図があることがわかる。

スマートコントラクトに詳しい記事は下を参考に。

スマート契約の実際