なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    905,671円

  • ETHETH

    20,211円

  • ETCETC

    517.08円

  • LTCLTC

    6,173.1円

  • BCHBCH

    24,632円

  • XRPXRP

    32.151円

  • LSKLSK

    0.0000円

  • XEMXEM

    4.2424円

Steamに公開されていたゲームからマルウェアなどが検出される

世界中でマイニングされている仮想通貨ですが、仮想通貨をマイニングする不正なプログラムが埋め込まれているゲームがSteamで発見されました。

このゲームのマイニングプログラムは、外部のハッカーがハッキングしたのではなく、パブリッシャーもしくはデベロッパーが故意に仕組んだものだと考えられています。

Steamは世界的に有名なゲームプラットフォーム

Steamは世界中で有名なゲームプラットフォームの一つであり、日本発のゲームを含めた様々なゲームが公開されています。

パソコンでゲームをよく遊ぶ人だからそれと必需品とも言えるプラットフォームであり、パソコンゲーマーにとってはとても便利なサービスです。

しかしこのSteamに公開されたゲームのうち一つが、仮想通貨に関係する不正行為が確認されたため、該当するゲームとゲームをリリースしたパブリッシャーのアカウントを停止させました。

インディーズゲームに仮想通貨マイニングプログラムが仕込まれていた

今回不正行為が確認されたゲームは「アブストラクティズム」と呼ばれるゲームです。

このゲームを実際に遊んでいたユーザーからトロイの木馬やマルウェアが含まれているという報告が相次ぎ、今回の騒動のきっかけとなりました。

ユーザーが調査した結果、モネロをマイニングするものだと判明

初めはただトロイの木馬やマルウェアが含まれている可能性があると報告されただけでした。

その後、興味を持ったユーザーが調査した結果、そのプログラムにはアブストラクティズムをインストールしたパソコンを使って仮想通貨の一種であるモネロをマイニングするものだと判明しました。

仮想通貨をマイニングする不正なプログラムは、ゲームに限らず様々なところで巧妙に仕組まれており、感染してしまったパソコンはシステムリソースが上昇するなどをして、まともに動作しなくなる可能性が出てきてしまいます。

仮想通貨モネロ(XMR)とは

この不正なプログラムによりマイニングされるモネロは匿名性の高い仮想通貨で、仮想通貨の中ではメジャーなものに分類されます。

このモネロの特徴は、送金元や送信先をわからなくさせることができる匿名性です。

そのため不正にマイニングされたモネロを、デベロッパーなどマイニングプログラムを仕込んだ人のウォレットに送金されても、そのウォレットが分からないようになっています。

そのため、不正にマイニングするプログラムの多くは、犯人探しを難しくするために、モネロなどの匿名通貨をマイニングするようにしています。

他の匿名通貨と比べてマイニング効率が良い

匿名通貨というとZCASHやDASHなど他にも複数ありますが、その中でも現在一番マイニング効率がいいのがモネロとなっています。

1枚あたりの価格だけで言うとZCASHが高いですが、ZCASHはマイニング効率が非常に悪く、なかなか大量に集めることができないため、利益目当てで好んでマイニングされることはありません。

デベロッパーは故意にマイニングプログラムを埋め込んでいる可能性が高い

デベロッパーはこのゲームを遊んでいるユーザーに対して、ゲーム内の珍しいアイテムの代償として、遊んでいない時もゲームを起動しておくことを推奨していました。

不正に仮想通貨マイニングしていた事実と照らし合わせると、デベロッパーは可能な限り長時間に渡って仮想通貨マイニングするために、あえてゲームを起動し続けることを推奨していたに違いありません。

この不正にマイニングされることが話題になった後、興味を持ったユーチューバーや他のユーザーが検証したところ、アブストラクティズム自体は小規模なゲームであるものの、規模に見合わない大量のシステムリソースが使用されていて、セキュリティソフトからマルウェアのアラートを引き起こしていました。

デベロッパーは不正にマイニングしていたことを否定している

仮想通貨を不正マイニングしていた事について、デベロッパー側は否定しています。
デベロッパーは「高いグラフィック設定でプレイしているため、エフェクトレンダリングの際のCPUとGPUのパワーをたくさん消費していることが原因」と話しています。

実際にYouTubeに公開されているゲーム画面を見てみましたが、到底高負荷に陥るようなゲームには見えませんでした。

仮に特殊なシェーディング技術を複数取り入れてたとしても、ゲーミングパソコンであれば、CPUの使用率が10%から20%、GPUも低負荷範囲内でしょう。

ゲーム自体は2Dゲームですが、仮に3D技術が使われたゲームだったとします。

3Dゲームを作る技術の一つとして、視錐台カリングやオクルージョンカリングといった、不要なオブジェクトを描画しないようにして負荷を減らす技術が存在しています。

UnityやUnrealEngineといったメジャーなゲームエンジンでは必ず取り入れられている技術であり、仮に3D技術が使われていたとしても、これほどシンプルなゲームで高負荷が原因でマルウェアアラートが鳴ることはありえません。

まとめ

Steamのゲームに不正にマイニングするプログラムが仕込まれていたように、悪意のあるプログラムは身近に潜んでいる可能性があります。

少なくともSteamに公開されていたアブストラクティズムをインストールしたユーザーは、このゲームを遊びたいから購入してインストールしたのであり、ウイルスを警戒するような人はまずいなかったでしょう。

このように自然と警戒心を解いてしまう場所にウイルスが存在している可能性があり、自己裁量でウイルスを完全に防ぐことは難しいので、必ずセキュリティソフトなどを導入して、不正なマイニングプログラムを含めたウイルスからパソコンを守るようにしてください。