なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    590,386円

  • ETHETH

    19,290円

  • ETCETC

    698.40円

  • LTCLTC

    9,046.2円

  • BCHBCH

    34,229円

  • XRPXRP

    37.733円

  • LSKLSK

    0.0000円

  • XEMXEM

    7.2429円

米SECがビットコインETFまさかの却下。相場に影響も。

承認への期待が高まっていたビットコインETFですが却下されてしまいました。承認への期待によるBTCの上昇もETF否決のニュースの衝撃を受け下落を見せましたが再び上昇しました。後日行われる他社のETFにも期待が高まっています。

今回のETFはウィンクルボス兄弟の申請によるもの

ETF自体は何年も前から取引所など数社から何度も申請されては却下されていました。今回却下されたETF申請は取引所Geminiを運営しているウィンクルボス兄弟によるもので昨年3月にも申請を却下されていて今回で2度目です。理由は不正な価格操作を防ぐ仕組みが十分ではないとしたもので前回の否決理由とあまり変わっていません。これによりETF承認への期待上げで上昇していたビットコインですが大きく下落したものの他社によるETFも幾つか控えていてその中の有望なETF承認も9月にある事、パニック売りも終わった事から再び上昇を果たしています。

※ETFとは株式など複数の金融商品をパッケージ化したもので証券取引所に上場している投資信託になります。株式と同じような扱いになり安全に誰でも売買できるようになる事や分散して投資できる事から新規の個人投資家、大口の機関投資家の参入による相場の復活が期待されています。

CBOEのETF申請が本命と噂されている

今回申請が通る確率が高いのでは?と言われているのが大手金融会社のCBOE(シカゴ・オプション取引所)と言われています。The ICO JournalCFTC(米商品先物取引委員会)の内部にインタビューしたと称した報道によると

「私の考えでは90%の確率で申請が通ると思う。なぜならバブルがはじけ市場も沈静化しているのは承知している。前回は許可することで市場にバブルの弊害を及ぼしかねないと考えられていたが今回はそのような心配もないと思える。」

さらにETFの可否の権利を持つSEC(米国証券取引委員会)で先日まで勤務していたとされる元スタッフの証言では

「9月には良い結果がでると思う。今回もし申請が通らないとしても将来的には解決可能である。規制による意義は投資家の保護のはずで海外の規制されてない取引所やICOに個人の財産が流れる事を引き留めることや危険にさらされないようにするのが主要と考えられる。」

と述べています。この通りだと恐らく8月中旬か延期期限である9月24日までが濃厚ではないかと思います。インタビューの信ぴょう性はどこまであるのかわかりませんが相場復活の鍵とされる大本命のCBOEのETF申請に関心と期待は高まっています。

 

SEC委員の一人が否決に反対意見も

今までと違う点ですがウィンクルボスのETF否決に対しSECコミッショナーでトップの位置にもいるへスター・ピアーズ氏が否決に反対意見を出しています。要約すると

「相場操縦などが問題とされていたが今回はこちらの要求による対策ができてないとは思えない。今回の却下は機関投資家の参入を妨げてしまい投資家保護を損なうのではないかと感じる。機関投資家が参入する事により相場操縦などの問題は格段に改善される。」

と述べました。続けて

「イノベーションを阻害する事になってしまい、ビットコインがうまくいくかわからないが我々SECが命運を変えてしまうような立場になってしまうのはいけない。あくまで投資家保護に徹するべきである。」

との見解を示しています。余談ですがCFTCのクリストファー・ジャンカルロ委員長も議会で「仮想通貨市場の成熟を待って規制をした方が良い。規制する前に少し自由にやらせた方が良い。」と仮想通貨市場に対し見守るような意見を述べていてこういった前回とは違うポジティブな意見も期待に繋がっていると思われます。

承認されれば300日で+500%上昇の調査結果

海外の仮想通貨情報サイトTotalCryptoによる調査結果によるともしETFが承認されれば300日で+500%の上昇も見込めるといった結果が報告されています。ビットコイン相場とゴールドの相場が酷似している事とゴールドが1974年に先物取引が開始され暴騰しその後大幅下落、2003年にETF承認され上昇し2011年にはETF承認から+478%上昇した事とビットコインの相場の速さを絡め、ビットコインがETF承認されれば+500%上昇するという計算です。ETF承認により安全が保障され今まで整備が整わないため興味があっても参入しなかった富裕層や機関投資家の資金投入が価格上昇のトリガーとなるだろうとの事です。ちなみに日本でもITバブルのチャートと酷似しているというのを見た方も多いと思います。

さいごに

CBOEによるETF承認による期待で上げてるのでそれまでは今の相場が続くと思いますが否決になるともちろん下落と言うのは考えられるので注意が必要です。現在はビットコインの上昇時はアルトコインから資金を吸い上げて上昇する形になっているのでアルトコインを保持してる場合は注意が必要です。去年と同じ様であればビットコイン上昇後にアルトコインも上昇すると言った形になる可能性が強そうです。ETFも他にも5社ほど承認待ちという事ですが今回CBOEが承認されればさらに増えて活性化してくると思うので今後の動向にも注目です。