なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    905,404円

  • ETHETH

    20,089円

  • ETCETC

    514.74円

  • LTCLTC

    6,146.8円

  • BCHBCH

    24,519円

  • XRPXRP

    32.042円

  • LSKLSK

    0.0000円

  • XEMXEM

    4.2410円

仮想通貨ヘッジファンドサミットが開催

今月27日からニューヨークで、業界では初めてとなる仮想通貨ヘッジファンドサミット(2018 Crypto Hedge Fund Summit)が開催されます。 このサミットは投資市場の名だたる投資家達の参加に加え、個人で投資を行なっているような方も参加可能となっており、専門家や強い影響力を持つ人達が参加すると見込まれているそうです。

初めての仮想通貨ヘッジファンドサミットということで周囲からの注目度も高く、今後の仮想通貨の価格にも影響を与える可能性が考えられます。

今回はこのサミットがどのようなものなのかやどういった影響が起こるのかについて考えていきましょう。

ヘッジファンドとは

ファンドとは、投資家から集めた資金で投資を行い、利益を分配する仕組みのことです。そして、ヘッジファンドはその中でも、様々な手法でリスクを極小化しつつ、積極的な運用を行います。また、最低投資単価が高く、主に機関投資家や富裕層が対象となっています。

2018 Crypto Hedge Fund Summit

今回のサミットは起業家向けサービスを展開しているLiaoyuan社と仮想通貨取引プロバイダーのTrade Terminal社が共同で開催するようです。

世界トップクラスの資産運用会社BlackRock社や、仮想通貨投資会社BlockTower社、さらにはヘッジファンドであるTwo Sigma Compas等、投資市場に大きな影響力を持つ参加者達が当日は一堂に会します。

それだけを耳にすると選ばれたプロ投資家達だけの集まりのようにも聞こえてきますが、なんと個人投資家も相当数の参加が見込まれているようです。

なんでも200余名の関連分野の研究者や専門家といった人達、インフルエンサーやファンドマネージャーが参加し、現在の仮想通貨市場の価格・評価や将来の投資動向などについて、活発な議論が行われる予定とのことです。

 

プロ達の目に映る仮想通貨とは

ブルームバーグの資料によると、昨年2017年には200弱もあったヘッジファンドの創設数ですが2018年には今のところ、約20件にまで落ち込んでしまったようです。

昨年の市場は過熱ぶりが危険視もされていたのは事実なのですが、取引高や時価総額などがどんどんと大きくなっていきプロの投資家達でさえ、投資する対象になるのではないかと感じた方々も多かったのでしょう。

しかし、諸々の問題が重なり、急激な下落となってしまった現在の業界の様子を改めて冷静に見てみると、ヘッジファンド等のプロの投資家達が手を出しにくいのは仕方のないことといえるでしょう。

他方、仮想通貨ヘッジファンドの参入や成長は、機関投資家などの莫大な資金の流入を意味し、市場の成長に大きな影響をもたらすと考えられていますので仮想通貨市場にとって機関投資家の介入は大きな変革をもたらす可能性を担っているといっても良いでしょう。

今年に入りファンド自体の創設数は激減しているものの連日の報道では新たな大手の海外企業がブロックチェーンへの興味を示したり、ファンドマネージャーが資産運用として利用していたことなども発表されています

 

まとめ

 

今回のサミットに何を期待するかというと、このサミットを一つの機会とし、機関投資家達の参入を促すことです。

特に歴史の浅い仮想通貨市場にとって機関投資家の参入はダイレクトに市場の発展につながると期待されています。

面白いことに今回の主催者の一つであるLiaoyuan社のChen Li氏はこのサミットを開いた理由について次のように述べています。

「仮想通貨市場は、急速な成長をしているが、多くのファンドは依然として、法的・技術的面で懸念を持っている。投資を前進させるためには、そのあたりの事実関係を明確にする機会が必要だ。」

このChen Li氏の発言は、ビットコインを始めとする仮想通貨に対して、懐疑的であるという姿勢を表しています。しかし、そうはいっても今回のような機会を設けるところをみると仮想通貨の価値について興味を示しているからだとも考えられます。

昨年、ビットコインを17世紀オランダのチューリップバブルになぞらえ批判したこともある米大手ヘッジファンド、Citadelh社 のCEO、Ken Griffin氏は、先週ニューヨークで開催された会議で、「仮想通貨は必要ではない。ビットコインには困惑させられる」と発言し、懐疑的な姿勢を再度示しました。

300億ドルを超える資産を運用するCitadel社には「仮想通貨を買うべきだというマネージャーは一人もいない」と同氏は述べており、自分が信じていない仮想通貨を取り扱うかどうかの判断は非常に困難であるとコメントしています。

一方、個人資産100億ドルと言われる投資家Steve Cohen氏は、仮想通貨ヘッジファンドに投資していると今月半ばに報じられています。 同氏はヘッジファンドマネージャーとして、巨額のファンドを運営してきた経歴を持っており仮想通貨に対する期待の高さが窺えます

また、このサミットに参加を表明しているBlackRock社も、仮想通貨市場に対してのリサーチを開始しているようです。

こうして見てみるとヘッジファンドによっても仮想通貨市場への関心にはバラつきがあるようです。

とは言っても、運用手法の多様性やレバレッジなどにより高いリターンを狙うヘッジファンドにとっては、仮想通貨のボラティリティの高さ、現状での流動性はネガティブな要因とは言い切れません。

もちろんリスクは大きいと感じられる部分は大いにあるのでしょうが、リスク管理をすることで大きなリターンを得ている投資家やファンドが存在していることも事実です。

またヘッジファンドは、高額の最低投資額が必要であり、その投資対象が富裕層や機関投資家などに限られますので仮想通貨市場におけるヘッジファンドの成長は、莫大な資金を持つ投資家の参入の増加を意味しています。

そうすることで仮想通貨市場のさらなる成長が見込まれることでしょう。

個人投資家によって支えられてきた仮想通貨市場にもプロの投資家が興味を示し、目を光らせています。昨今のBTCの価格上昇もこういった報道による期待の現れもあるかもしれません。いずれにしても今回のようなサミットや会議の場が開かれることで、仮想通貨への理解につながりポジティブな投資先として扱われていく可能性は十分に考えられます

数年のうちに仮想通貨やブロックチェーンのあり方については大きく変化が起きることでしょう。

その際に前述してきたような各業界や各機関を代表するような人達が仮想通貨投資やブロックチェーンの技術に対し正当な評価をし、投資の一つの選択肢として検討するようなことがあれば仮想通貨市場にとってはこれ以上にない発展のチャンスへつながると考えられます。