なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    872,421円

  • ETHETH

    27,394円

  • ETCETC

    787.33円

  • LTCLTC

    10,337円

  • BCHBCH

    44,961円

  • XRPXRP

    42.087円

  • LSKLSK

    0.0000円

  • XEMXEM

    9.404円

過熱するバトル?Binance対Fcoin。

常に取引高の上位に君臨する取引所であるBinanceとFcoinですが、BinanceがFcoinを批判した事から端を発し様々な応酬を繰り広げ話題になっています。

事の発端は?

Binanceと言えば先日一周年を向かえ対応の速さやユーザー数が仮想通貨の取引所で1位である事から「帝王」とさえ言われていましたが5月ごろ突如現れた新進気鋭のFcoinと言う取引所が並みいる強豪取引所を抑え取引高ランキングが1位になり話題をかっさらった事はご存じの方も多いかと思います。それに対しBinanceの創業者CZがFcoinの運営モデルを批判したのを発端に事あるごとに批判を繰り広げ、今日のBTC上昇の盛り上がりの裏で果たしてどちらに軍配が上がるのかこちらも話題になっています。

※Fcoinは元HuobiのCTO、Zhang Jianが創業者

何が問題なのか?

CZがなぜ批判をしたのかと言うとBinanceBNBという取引所の独自トークンと同じようにFcoinにもFTと言う独自トークンがあるのですがこのFTと言う通貨を持っていれば1日の取引量の80%がユーザーに配布されると言う特徴があるのですがもう一つの特徴として「手数料マイニング」と言う新しいビジネスモデルがあります。この手数料マイニングはFcoin内で取引すればその手数料をFTで100%還元するという手法です。これによりFcoinはオープン後すぐに取引量1位と一躍有名になりました。他の取引所も興味を示したりマネをしたりする中、様々なメディアが「これは報酬が欲しいユーザーがBotを使い過剰な取引をしているのではないか?」と疑問を呈され、CZも一時このやり方を検討はしたものの「BTCやETHを利用し手数料を支払えばFTで取引量が返還される。これは実質ICOではないか?」とWeiboで投稿し、続けて「Botで価格操作をしてお金を稼いでいる。」「取引所が取引手数料から収入を得ずトークンの価格から利益を得る事ができない場合、トークン価格を操作する以外で生き残る方法はありますか?取引所が動かす価格操作マシーンをみんな相手にするつもりですか?」と批判しました。

それに対しFcoinはまさかのBNBをFcoin内に上場させるという対応をみせます。さらにBinanceの取引量も徐々に減りOKexなどもこの高配当型取引所を新しく100件立ち上げると発表した事や新規の同じビジネスモデルの取引所が上位に入ってくるという状況の中、ついにユーザーの変化に無視できなかったのかBinanceも1000件の同じようなモデルの取引所を立ち上げると発表し少し後手に回ってしまったような印象も見受けられます。

 

さらに続くFcoin批判

BinanceによるFcoin批判はまだ終わりません。先日BinanceのCo.Founder Ms.HeYiではないかとされる悪しざまにFcoinを罵っているヒステリックな音声が流出しています。中国のメディアもFTの価格が急落したのは意図的に何者かが悪意のある短期売買によって起きたと報じ、このグループは他の大手取引所も同じように悪意ある価格操作を行っていてIPアドレスを辿ると東京証券取引所からでここでCZが以前働いていた事、Binanceだけは攻撃を受けてない事から憶測ではあるがBinanceが背景にあるのではないかと報じました。さらにFcoinの創業者Zhang JianはメディアのインタビューにてCZの「Fcoinは絶えず新しいトークンを販売していますが、価格は低下し続けています。」という発言に対しどう思うか?の問いに「行動は言葉より多くを語りかけます。彼はなぜ私たちの事ばかり話し続けているのか?」と答え大人の対応を見せますが、Fcoinの価格下落の背景にBinanceがいるというメディアの記事に対しては「私は正式にはコメントしていない。第三者による調査によるものだ。」と述べました。

 

さいごに

ここまでを遡るとBinanceが少し大人げない様な感じも確かに見受けられますがFcoinにBot的な売買がいなくなると取引量が格段に下がっているように見えるのであながちCZが言っていることも間違ってはいないようにも思います。王道的なやり方でここまでのし上がってきたのでこの新しい手法であっさり取引所として有名になるのは許せないのかもしれませんしユーザーの皆さんにも賛否両論あるかと思います。ですがコインチェックのハッキング事件の時にも自社で返還できるとの事で取引所は手数料でこんなに儲けているのかと思った人も多いはずです。暴利をユーザーに還元するという所謂、「富の再分配」を謳うFcoinにこのままBinanceも何も手を打たず黙っているとは思えないのでこの天才vs天才の対決がどう決着がつくのか非常に楽しみではあります。