なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    905,689円

  • ETHETH

    20,094円

  • ETCETC

    515.47円

  • LTCLTC

    6,144.2円

  • BCHBCH

    24,501円

  • XRPXRP

    31.994円

  • LSKLSK

    0.0000円

  • XEMXEM

    4.2365円

クラウドマイニングのハッシュフレアがサービスを中止。利益を上げるのが難しくなった理由とは?

仮想通貨のクラウドマイニングサービスを提供するハッシュフレア(HashFlare)は20日、仮想通貨市場の低迷で収益をあげるのが困難になったためマイニングサービスの停止をアナウンスしました。

仮想通貨市場の低迷によって利益をあげるのが難しくなった

ハッシュフレアがマイニングサービスを中止した理由は、仮想通貨市場の価格変動の低迷によって収益をあげるのが難しくなったためとしています。

ハッシュフレアはここ1ヶ月以上の間、ユーザーへのペイアウト額がメンテナンス費よりも下回った状況にあったためユーザーに収益を計上することができなかったという。2018年7月18日の時点で28日連続でペイアウト額がメンテナンス費よりも下回っていたと述べています。

そしてハッシュフレアはアナウンスで、

私たちは問題を解決するためにあらゆる可能な努力をしました。たとえば、メンテナンスや電力にかかる費用を削減するための様々な技術的ソリューションを検討しました。しかしビットコインマイニングの採算が取れず、2018年7月18日からSHAハードウェアの停止を余儀なくされ、本日2018年7月20日にSHA-256契約のマイニングサービスを完全に停止せざるを得なくなったことをお知らせします。

と発表しました。

 

ハッシュフレアは2013年に創業。仮想通貨のクラウドマイニングサービスを提供しています。

クラウドマイニングは、クラウドマイニング事業者が所有するハードウェアのマイニングパワーの一部を、ユーザーは契約料を支払うことで購入できる仕組みです。ユーザーはマイニング事業者の収益の一部を受け取ることができます。クラウドマイニングに契約すると基本的には年間契約となり資金は拘束されることになりますが、安定した収益を受け取れるとして注目されていました。

ハッシュフレアが収益をあげることが難しくなった理由

仮想通貨市場の価格変動の低迷

去年のようにビットコインが上昇しているなかであればマイニング事業で利益をあげることは難しいことではありません。しかし現在のように価格が急落し底値を這う状況であれば電気コストや維持管理費を賄えずマイニング事業者も利益をあげることは難しいと考えられます。

CNBCが伝えているファンドストラット社のトム・リー氏のインタビューの中で、1ビットコインをマイニングするためには8038ドルのコストがかかると指摘しています。このマイニングコストを計算するのに使用したモデルには、設備費、諸経費、電気代(6セント/KWと仮定)が含まれています。

現在のビットコインの価格は7738.6USドルでありトム・リー氏が指摘する価格よりも下回っています。

またマイニングには採掘して得られる収益だけでなく、取引手数料からも利益を得ていますが最近ではそれも大きく下がっています。ビットインフォチャートを見てみると、取引手数料の最高値は2017年12月23日の34.095USドルでしたが、現在は0.102ドルしかありません。マイニングを行なっているマイナーたちの収益は大きく下がっていることが考えられます。

 

このようにビットコインの価格が上昇しなければマイニング事業者はサービスを中止するところが増えていくと考えられます。ビットコインの価格が3000USドル~4000USドルあたりまで下がることになれば、ハッシュフレアだけでなく多くのマイニング事業は撤退すると考えられます。しかし比較的電気コストの安い中国ではビットコインの価格が下落しても事業を撤退する可能性は低いとみられているようです。

ハッシュレートの増加で採掘難易度が上がり続けている

多くの人や組織がビットコインを目当てにするようになり、現在でも多くのハッシュパワーがビットコインネットワークに流入しています。ビットコインの採掘難易度が上がる理由は以下のとおりです。

  1. ビットコインのアルゴリズムは10分間に1つの解を導き出せるように設計されています。
  2. ハッシュレートが大きくなることは計算速度も速くなり1つの解を導くのに10分もかからなくなってしまいます。
  3. そうなるとビットコインのアルゴリズムは10分で1つの解が導き出すように計算難易度を調整します。
  4. しかし現在のハッシュレートはどんどん増え続けているので採掘難易度も上がり続けています。

採掘難易度が上がり続けてしまうと、思うようにビットコインを採掘できなくなり採算の取れないマイナーから脱落していくことになります。

ハッシュフレアの今後の動向

ハッシュフレアは近いうちに仮想通貨市場が安定し、ユーザーに利益をもたらす新たなソリューションを提供できるようにすると述べています。

仮想通貨市場がトンネルから抜け出せるのはいつなのか、今後の動向を追っていきたいと思います。