なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    872,020円

  • ETHETH

    27,430円

  • ETCETC

    784.76円

  • LTCLTC

    10,332円

  • BCHBCH

    44,954円

  • XRPXRP

    42.100円

  • LSKLSK

    0.0000円

  • XEMXEM

    9.406円

あおぞら銀行、ブロックチェーンの技術を銀行でも応用へ

あおぞら銀行、ブロックチェーンの技術を銀行でも応用へ

GMOあおぞらネット銀行は今月17日、新しい銀行事業の開始について発表しました。高度セキュリティ認証、ブロックチェーン、人工知能(AI)、IoT、次世代メディアなどの活用と新たな顧客ニーズに対応した、次世代型インターネット銀行事業ということで、現在のビットコインなどの仮想通貨に用いられているブロックチェーンなどの技術を用いています。

この事業が始まった背景には、今まで通りの銀行では新しい顧客の獲得が難しいことがあります。ハイテク化していくこの世の中では、現在普通に使われているものが10年後には使われていない可能性が多くあります。例えばコンピュータ等がそうです。同じコンピュータでも10年時が違えば、性能が100倍異なると言われています。ここまで性能が違うとむしろ全く別のものと考えられます。そしてこのイノベーションは銀行にも起こりえることなのです。近年今まで見たことのないスピードで急激に普及してきた仮想通貨やその周辺ブロックチェーンの技術、これは既存の中央集権型の銀行のシステムに大きな影響を与えるとともに、将来的には銀行そのものが存続の危機になる可能性さえも秘めているのです。

そこで、こういった事態に対応するためにGMOあおぞら銀行が今回、本腰を入れて銀行にブロックチェーンの技術を応用することになったそうです。「No.1のテクノロジーバンクを目指して」という経営理念の下で活動している当銀行はこのような先進的な技術を今後も積極的に取り入れていく方針だそうです。

コンセプトとビジョン

先にもあげた経営理念「全てはお客様のために。No.1テクノロジーバンクを目指して」を掲げたあおぞら銀行はコンセプトをこのように述べています。

(1)  EC事業者を含む中小企業・小規模事業者等のお客さまに、生産性向上につながる銀行サービスを低価格で提供する

(2)  個人のお客さまにITを駆使したスマートな次世代型機能とGMOクリック証券株式会社(以下、GMOクリック証券)と連携した魅力ある銀証連携サービスを提供する

(3)  GMOインターネット株式会社(以下、GMOインターネット)グループ、株式会社あおぞら銀行(以下、あおぞら銀行)グループと連携することに加え、外部のFinTech企業とも連携して、ユニークなサービスをスピーディーに展開する

(4)  低価格のサービス提供を実現するために、システムは最先端のIT技術を活用し、圧倒的なコスト低減を図る

インターネットでの取引が年々増加している中で、「気がつけばこの銀行を使っている」というお客様に寄り添った銀行を目指しているそうです。ブロックチェーンや人工知能(AI)、ドメインサーバー、高度なセキュリティなどを用いた「プラットフォーム銀行」になるためにこのような施策を持ちだしてきました。

あおぞら銀行はGMOクリック証券という大手証券取引所とも連動するようになっているため、資金移動の手間等もスムーズになるということです。

GMO証券の仮想通貨参入も視野に?

現在、改正資金決済法の下で管理されている仮想通貨ですが、将来的には金商法という株式やゴールドと同じ扱いになる可能性が最近になって高まってきました。現在の改正資金決済法の下では、金融庁により定められたみなし業者と、仮想通貨交換取引業者という金融庁が公的に認可した取引所の二つのどちらかに属していなければ仮想通貨の交換所を運営することはできません。

しかしながら、金商法になれば証券会社で仮想通貨を株やゴールドと同じように販売することが可能になります。そうなるとGMO証券も商品の一つとしてビットコインやイーサリアムなどを販売する可能性が非常に高くなります。現在、仮想通貨の価格は乱高下を続けており、株とは比べ物にならないくらい流動的なのです。そのため、投資というよりも投機として注目を集めている商品です。つまり、よりギャンブルに近いものが仮想通貨なのです。そんな仮想通貨の特性を好む人も大勢います。短期間で利益をすぐあげたい人が特にその志向に行き着きます。株などは数十万数百万の資金では増やせても年率数%~数十%です。しかしながら、仮想通貨の流動性であればとても短い期間の間に10〜20%価格が上下することも珍しくありません。

株では利益を追うのに時間がかかり、バイナリーオプション等では短期的に利益を出すことは可能だが、長期的に見て高い手数料などからプラスに持っていくのは難しい。そこで、仮想通貨であれば少ない投資で高い利益をあげることが可能になってきます。特に現代では若者はハイリスクハイリターンを追う傾向にあります。そのため、この仮想通貨取引所にGMOクリック証券が参入したとしても需要があるのです。

まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございました。GMOあおぞらネット銀行がブロックチェーンを用いた新しい銀行事業サービスを開始するということをお伝えしてきました。銀行と証券会社がより近付いた証拠でもあり、今後、仮想通貨が金商法に移行した際にこの事業はさらに大きくなるでしょう。今後の様子を注意深く観察していきたいですね。