なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    1,178,794円

  • ETHETH

    25,093円

  • ETCETC

    677.27円

  • LTCLTC

    11,172円

  • BCHBCH

    35,982円

  • XRPXRP

    36.460円

  • LSKLSK

    0.0000円

  • XEMXEM

    7.5516円

BTCC復活!!独自トークン発行の噂も?

仮想通貨の中でも老舗取引所だったBTCCがアップグレードし業務再開しました。独自トークン発行の噂など新しい情報もありますので今までの流れと現状を紹介します。この記事を読めばどのような取引所であるかは大体はご理解いただけると思います。

BTCCとは?

以前の名前はBTC Chainaと呼ばれていて、2011年に開設されました。当時は中国三大取引所(あと2つはOKcoin、Huobi)と呼ばれていて世界有数の取引所でした。創業者はあの仮想通貨界でも影響力があると言われている有名なボビー・リーです。(余談ですがライトコインの生みの親であるチャーリー・リーは弟になります。)

ですが、2017年9月30日に中国政府の仮想通貨取引所への規制により取引を停止していました。中国政府の規制によるビットコインの価格の大きな下落は覚えている方も多いのではないでしょうか。その後、香港の企業に買収され拠点も移し今回の再開となりました。

 

BTCCの特徴は?

取扱いペアですが下記になります。

BTC/USD、BCH/USD、ETH/USD、LTC/USD

BCH/BTC、ETH/BTC、LTC/BTC

今後、ユーザーのニーズに合わせ多くの通貨ペアを定期的に上場させる予定があるとの事です。確かにこれでは少なく感じるのは否めませんし、Binanceなど世界でも上位の取引所では100種以上の通貨を取り扱っているので、取引停止まで上位であったBTCCが再度覇権を取りたいのであれば、取扱い通貨を増やすのは間違いないと思われるので楽しみに待ちましょう。

 

各種手数料

取引手数料はメイカーとテイカー両方0.1%ですが、最初の3ヶ月間は手数料無料キャンペーンが発表されています。

入金最少額

・500USD

・0.0005BTC

・0.005ETH

・0.005BCH

・0.05LTC

 

出金最少額   手数料

200USD       30USD

0.01BTC       0.001BTC

0.015ETH     0.01ETH

0.01BCH              0.0001BCH

0.1LTC                 0.001LTC

 

アプリがある

BTCCのサイトを見ていくとmobiというアプリがありました。詳細はいまいちわかりませんが取引自体はできないようで、恐らく対応してる各国法定通貨と交換したり電話番号間で対応してる暗号通貨を送金したりできるみたいでこちらも非常に楽しみです。取引できるアプリも恐らくそのうちリリースされると思います。

 

気になる独自トークンは?

今回の取引ペア発表と手数料3ヶ月無料キャンペーンと共に独自トークンの発表もありました。最近は独自トークンを持っていれば取引所から高配当が貰えるというのが流行りで取引所ランキング上位を席巻しています。

発行枚数や取引所から何%配当があるかは今の所あきらかにされていません。ただ今の所、アカウント開設KYC(本人確認)、入金最初の取引などでポイントが貰えそれを独自トークンと交換になっているようです。何ポイントで何トークンなどの交換比率も明らかにはなっていません。こちらも公式からの情報を待ちましょう。

 

登録方法

実際にアカウントを開設してみましょう。非常に簡単でした。

画面右上、赤枠のRegisterをクリック

画面が変わりますので右側に入力フォームがあるので、①Eメール、②パスワード、③、再度②に入力したパスワードを入力、④の小さいボックスにチェックを入れ、⑤Registerをクリック

今回は無かったのですが、恐らくこのあとメール認証が来る場合があるかもしれません。もし上記の手順だけでログインできなかったら登録したメールは必ず確認してください。メールを開いて「こちらをクリックしてアカウントを有効化してね。」のような文言がありますのでそちらをクリックして登録したEメール、パスワードを入れば大丈夫だと思います。もし入れなかったらBTCCに問い合わせしましょう。資産を守るために2段階認証は必ずしましょう。

ログインして画面左側のFundsをクリックしてください。

画面が変わりここで資産や各種履歴、入金、出金が出来ます。一番下のReward Pointsをクリックしてみると

先ほど説明した独自トークンに変えれるポイントが見ることができます。

アカウントを新しく開設したのですでに1000ポイント入っていました。他にKYC(本人確認)完了で3000ポイント、最初の入金で3000ポイント入るようです。

以上がBTCCの開設方法になります。

 

最後に

BTCCは創設者がボビー・リーであることや取引停止も取引所が停滞したなどではなく中国政府の規制によるものでそれまでは取引所ランキングも上位でした。さらに詳細は不明ですが今回の再開に合わせ流行りの独自トークンを取り入れたことからも非常に期待できると思いますのでどのように仕掛けてくるか公式からの情報を早くキャッチすることをオススメいたします。