なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    1,178,794円

  • ETHETH

    25,093円

  • ETCETC

    677.27円

  • LTCLTC

    11,172円

  • BCHBCH

    35,982円

  • XRPXRP

    36.460円

  • LSKLSK

    0.0000円

  • XEMXEM

    7.5516円

必見!新投資方法「コインベース・インデックス・ファンド」が誕生!

米サンフランシスコにある大手仮想通貨取引所Coinbaseが仮想通貨の新たな投資方法となるコインベース・インデックス・ファンド(Coinbase index fund)のサービス提供を開始しました。現在は米国在住の方で資産100万ドル以上か年収20万ドル以上の顧客が対象となっており、取引金額は最低25万ドルから最大で2000万ドルと設定されているため一般投資家にとっては購入は難しいサービスなのですが、高額所得者や大口機関投資家の資本を動かすサービスとなるか注目されています。

このコインベース・インデックス・ファンドがどのようなものか、そして私たちにどんな影響があるのかについても考えていきたいと思います。


ちなみにCoinbaseといえば年内にも日本への登録申請をするといわれている話題の取引所です。

サービスを拡充してくれるのは我々にとっても良いニュースとなる可能性がありますので注目しておくと良いかもしれません!


Coinbaseの日本進出について詳しく知りたい方はこちらから


投資用語「インデックスファンドについて」



インデックス・ファンドとは投資信託の商品の一つです。

投資信託とは、一般投資家から預かった資産を投資のプロが代わりに投資を行ってくれるものです。

投資信託の中には実に様々な商品があり多くのメリットがあります。

例えば、「オリンピックの開催で建設業界が盛り上がりそうなのは分かるけど、特定の一社の株式を購入するのは怖い」「選別する時間がない」とあなたが思ったのであれば建設業界に関連しそうな投資信託を選び資産を預けることが出来ます。

すると資産を預かった投資のプロ達があなたの代わりに建設業界から有望な株を選別し、関連会社の株式を複数組み合わせて購入してくれるのです。

複数の組み合わせをしてくれる(分散投資)というところがミソで、一社の株式を購入するよりも損失のリスクを低くすることが出来、業界全体の好景気に乗じることが出来るのです。

投資信託の中でも特にインデックス・ファンドは特定の対象を決めて、その範囲全体の値動きに準じた利益を目指すものです。

例えば市場全体の価格が年利5%で推移しているのならば、理論上インデックスファンドも同じくらいの利益を目指せるような割合で商品を構成します。

つまり好調な業界や伸びしろがあると思える対象範囲に対してインデックス商品は相性が良いものなのです。


コインベース・インデックス・ファンドとは何か

コインベース・インデックス・ファンドはコインベースで取扱のある通貨を組み合わせた商品に投資できるというものです。

仮想通貨市場は現在は下火となっておりますが、今後ブロックチェーンの技術の普及に合わせて仮想通貨自体の価値もあがっていくという見方がされています

仮想通貨自体は高騰の可能性があるが一体どの通貨が主流となるのかがイマイチ読めないのが現状の仮想通貨ですが、そのどれかを選ぶ必要なくコインベース・インデックス・ファンドを利用すると分散投資が出来るため実体の掴みにくい仮想通貨への投資を控えていた大口投資家の参入を促す狙いがあります。

また長期投資にもインデックスファンド商品は相性が良く多額の資金がファンドに流入することによって仮想通貨全体の価格が安定した高値をつけるようになることも考えられます。

一般の投資家の方でも少額ずつ購入することで大口投資家の投資により高騰した仮想通貨の恩恵を受けることができるかもしれません。

今後はサービスの利用者の拡大を目指している

 

全体の価格に連動するため今後の仮想通貨市場の価格が上がっていくと考えている人におすすめのコインベース・インデックス・ファンドですが今後は利用できる顧客を増やす狙いがあるともいわれています。

Coinbaseは現状では多額の資産を扱うような顧客を優先したサービス展開を行っていますが、今後は我々にも利用できるような手軽なファンドへとマイナーチェンジしていくことも考えられます

その際には仮想通貨投資を手軽に始められる材料にもなりますし、売買する時間がない方やそもそもの通貨を選ぶことが煩わしい方でも投資をするきっかけとなることでしょう。

現在の日本では仮想通貨は貨幣としての扱いがされていますが、今後金融商品としての扱いが行われる可能性がある中でコインベース・インデックス・ファンドはまさにこれからの仮想通貨のあり方を示しているように感じられます。

また、金融商品とされた場合には税制の変更(現在は仮想通貨による利益は雑所得扱い)も行われる可能性がありますし、商品としての扱い方にも幅が生まれてきますので仮想通貨投資を始めるには絶好の機会となるかもしれません。仮想通貨の貨幣としてのポテンシャルやブロックチェーンの技術の高さもさることながら、投資機会が増えることは市場全体の好材料となることでしょう。

今後ますます投資商品として形成されていく可能性を秘めた仮想通貨ですが、まずはコインベース・インデックス・ファンドでの投資の動きや市場価格などを注視していきたいところです。

まだまだ価格変動の大きなリスクの高い商品であることに違いはありませんが、世界各国で評価が高まっているのも事実です。乗り遅れないように情報のキャッチアップをし、好機と感じる場合にはいち早く投資をしてこれからのダイナミックな仮想通貨の発展を共に感じたいものです。