なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    624,801円

  • ETHETH

    19,671円

  • ETCETC

    838.32円

  • LTCLTC

    4,720.4円

  • BCHBCH

    43,742円

  • XRPXRP

    54.208円

  • LSKLSK

    243.14円

  • XEMXEM

    10.457円

分散化によりVR世界を構成するセカンドライフの創業者

導入

バーチャルリアリティープラットフォームであるHignFidelityは、ブロックチェーン技術を活用することで、10億人のユーザーにアプローチし、新たに3500万ドルを調達しました。



High Fedelity

ハイフェデルティは、ユーザーが相互接続された仮想世界をホスト、構築、および結合できるVRプラットフォームです。

複雑なシミュレーションを実行するために、ユーザからの処理を分散するコンピューティングモデルによって、そのプラットフォームの範囲を無限にしています。

これはMaidSafecoinが採用するソリューションです。

仮想通貨MaidSafeCoin(メイドセーフコイン)とは?

 

また、ハイフェデルティでは、VRとブロックチェーンを活用して、米ドルとペグした安定したコインHigh Fidelty Coinを提供します。

そして、取引記録はすべてEOSプラットフォームに記録されます。

使い道は全くなし!? 仮想通貨「EOS」徹底解説!

機能性

フル3Dのサウンド

低レイテンシーでミックスされた立体音響が提供される

動作のキャプチャ

対応するセンサーがあれば、視線、表情、ボディランゲージを伝えることが可能。

制限のない世界

ユーザによって提供されるコンピュータの処理能力を用いて、同時に多くのユーザを受け入れることが可能

容易に操作できるAPI

Javascriptのライブラリを用いてインタラクティブな体験を作成可能。

多様なデバイスと入力機器に対応

HTC Vive、Oculus Rift、Hydra PrioVR、Leap Motion他多数のデバイスに対応。

 

フィリップローズデール

2003年、インターネット上の仮想空間「Secound Life」を立ち上げ、一躍脚光を浴びた創業者です。

多くのユーザーはセカンドライフをユートピアと称賛しましたが、現実を超えられない虚構の世界に現実を感じた彼は、VRとの融合により、セカンドライフ的な価値を再び復活させようとしています。



Secound Life

セカンドライフは、10億人のVRユーザーをサポートするブロックチェーンインフラを構築しており、既にネイティブ暗号化とデジタル資産レジストリを作成しています。

 

将来性

VRプラットフォームは、容易に操作できるAPIおよびJavaScriptのライブラリを用いたインタラクティブな経験により、他のデバイスと連携して、ユーザーの顔や手の動きなどを読み取れるようになります。

つまり、仮想世界にいる“分身”であるアバターに、現実世界のユーザーと同じジェスチャーをさせられるのです。この点がセカンドライフとハイフェデルティとの大きな違いです。

アミューズメント商品の進化の変遷は以下のようになっており、まさにVRは新たな段階に移行しようとしています。

第1段階は、オキュラスやソニーなどが開発を進める「ゲーム」。

第2段階は、リバー・スタジオが取り組んでいるような旅行や音楽、スポーツなどの「映像体験(AR)」。

そして第3段階は、まさにローズデールらが作ろうとしている「ソーシャルVR」です。

いずれVRが広まれば、仕事や生活、趣味などの大部分が仮想世界で展開されるようになるのだという。

 

また、同社はホストサーバーをもたず、ユーザー自身にサーバーを運営させる仕組みをとります

そのユーザー同士のパソコンをネットワークで結ぶサービスを提供することで、まるでインターネットのように、一つの巨大な仮想世界を作ろうとしているのです。

このソリューションの採用により、地球と同じサイズの仮想世界ができるようです。その実現には、数百万台のサーバーが必要であると見積もられています。途方もない数ですが、十分に実現可能だという。

ローズディール「僕が知る限り、そんなことをやっている会社はほかにいない。仮想空間内の各々の場所をユーザーが独自に運営するという形になるはず。いや、そういう未来にしなければいけないんだ

しかし、技術的な課題は解決しきれていません。ユーザーの個々のパソコンからコンテンツをストリーミングしながら、高いフレームレートを維持するのは難しく、いまだ完全に解決できていないようです。

だが、彼はできると確信しています。

「僕は人生の大部分をVRに懸けてきた。いつか、仮想世界は私たちにとってこの地球よりも大事な場所になるかもしれない、とさえ考えている。だって僕たちが仕事や遊び、創作の多くをそこで行うようになるのだから。そういう仮想世界を実現するためのソフトウェアを僕はずっと作ってきた。なんとしても実現させないといけないんだ」

参考

High Fidelty

https://highfidelity.com/

ted Secound Life創業者

https://ja.tiny.ted.com/talks/the_inspiration_of_second_life