なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    386,818円

  • ETHETH

    10,006円

  • ETCETC

    445.48円

  • LTCLTC

    2,723.0円

  • BCHBCH

    11,652円

  • XRPXRP

    34.020円

  • LSKLSK

    0.0000円

  • XEMXEM

    7.9515円

Bitpicoと名乗る謎のグループがBCHを51%攻撃すると声明。その影響は?

Bitpicoと名乗る正体不明のグループが、ビットコインキャッシュ(BCH)に対して51%攻撃を仕掛けるとツイッターで投稿し、BCHホルダーの間でちょっとした話題になっています。

 

事の発端は!?

 

BCHホルダーが呼びかけたネットワークストレステストが事の発端となっているようです。これは2018年9月1日12時(日本時間は21時)から24時間以内に最低手数料で何百万という取引やBCHのサービスを使ったり友達に送るなどしてBCHのネットワークに負荷をかけ耐久性を試そうと言うイベントです。ストレステストを行う事で世界中で決済などの実需が行われた際に対応できる事やBCHがいかに優れているかを証明しようとしています。

それを見たBitpicoはツイッター上で今月21日に「我々はBCHのLNテストキットを改造した。BCHがいかに中央集権かを示すためテストをする。ネットワークを複数のフォークに分割できると100%確信している。9月の51%攻撃を楽しみにしててくれ。」と挑発しました。

翌22日に「BCHへの攻撃は開始された。今後、数か月それを増幅させ動作し続ける。我々は約6週間で5000個のBcash攻撃ノードを動作しマルチフォークする。ロジャーは泣く事になるだろう。

私たちのホームで育ったビットコインキャッシュは実装を同期していて、これをbitpicocashと呼びます。

BCHが唯一できる防御は、検閲し、操作し、責任を負わせ叫ぶことだ。」と動画付きでさらに挑発を続けます。

その後、BCH派からとは言わないものの「私たちは脅迫を受け続けて生命の危機を感じ脅えている。」などとBCHホルダーの印象を悪くしようとしてさえいます。

Bitpicoとは何者なのか?

 

そもそもBitpicoとは集団なのか個人なのか全く謎に包まれていますが今回の様な騒ぎは実は初めてではありません。昨年11月のセグウィット2xが中止になった時も「我々は計画通りセグウィット2xを実行する」と突然現れ発表した過去があります。その時に「難易度を引き下げたのは戦略だ。ネットワーク上のハッシュレートが30%消えた原因は我々だ。」とビットコインのハッシュレートの30%を握っている主張をし、注目されました。さらに今年の3月のライトニングネットワークへのDDOS攻撃も自分たちが行ったものだと主張しています。

 

しかし今回のBCHへの攻撃も特に心配することは無いとの声が多いです。何故かと言うとセグウィット2xを実行すると言った時もどのようにフォークを行うのかを説明しない事やハッシュレートの30%を消したと言っているがそのような減少も見られず何一つ明確な証拠もなく、30%程度ではハードフォークしても影響を持ったコインとはなりえないと言う見方が多く、さらに結局は何も起こらなかったからです。

 

以上の事から、セグウィット2xが中止により大暴落したため価格を上げ損を取り戻そうとしたのか今回のBCHへの攻撃までの流れを考えるとコア派思想の愉快犯かもしれません。ですが正体不明である事やバックにどのような支持者がいるのかわからないため、価格の下落も含め注意は必ずした方が良いでしょう。

 

BCH派の反応は!?

 

今回のBitpicoの声明に対し一部のBCHホルダーは逆に好意的なのも事実です。bitpicoの攻撃によりもし脆弱性が発見されたのであればBCHの成長に役立つだけであり、攻撃が失敗しストレステストに耐えることができればBCHのネットワークの強さを見せつけ基軸通貨たりえる事が証明できるからです。

 

実際に彼のような自分のお金と時間とエネルギーを費やしてBCHの弱点を見つけてくれる人は、BCHを強く成長させてくれるからとユーザーからは歓迎さえされています。セグウィット2xの流れも加えると実はBCHのファンでは?と揶揄されるほどです。

Dr.グレイグはツイッターで、「Bitpicoの51%攻撃するというのをすでに見ましたか?何も心配ないのか?」というユーザーの質問に対し、大爆笑し「チェーンの強さを証明するからかかってきなさい。」等と強気の発言をしています。

おわりに

BTCは今までたくさんの攻撃を受けここまで育ってきた通貨である事は間違いないので、基軸通貨として取って代わりたいBCHホルダー側としては今回のストレステストやそれに合わせ便乗した今回のBitpicoの51%攻撃はとても興味を引かれると思います。

これを耐えなければコンビニ決済導入や世界中での実需の対応は一歩遠のく事になると思います。トレードをしてる方はこれによる価格の下落に注意をした方が良いかもしれません。もちろん何もないのが一番ですし、相場全体の下落が続き仮想通貨界隈から人が離れていってるせいかあまり注目してる人が少ない印象はありますが9月1日までBCHに目が離せません。