なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    371,146円

  • ETHETH

    9,828.7円

  • ETCETC

    422.23円

  • LTCLTC

    2,943.9円

  • BCHBCH

    9,266.6円

  • XRPXRP

    32.863円

  • LSKLSK

    0.0000円

  • XEMXEM

    6.9419円

アリババグループがブロックチェーンを利用した送金試験で約3秒で送金を完了させることに成功

今月25日、世界的なEコマース事業を展開するアリババの子会社であるアント・ファイナンシャルは、ブロックチェーンを利用した送金試験を行い約3秒で送金を完了したことを発表しました。

香港からフィリピン間の送金に成功した

アントファイナンシャルはJack Ma氏が率いるアリババ傘下の企業であり、中国最大の決済プラットフォームであるアリペイを運営しています。
今回の試験では、香港に拠点を置くアリペイHKとフィリピンのグローブ・テレコムとアント・ファイナンシャルの合弁会社であるGキャッシュ社との間で送金が行われました。
それぞれの企業が運営するアリペイHKとGキャッシュのアプリを使用しブロックチェーンの技術に基づいた送金試験が行なわれ、リアルタイムでたった3秒で送金が完了しました。この送金速度は、銀行間での送金ソリューションを提供するリップルよりも1秒早いとされています。
この試験の成功によってアリペイHKのユーザーは、アプリを利用することでフィリピンのGキャッシュに、

  • 24時間365日
  • 安全で透明性が高く
  • 素早く低コストで

リアルタイムに送金できるようになります。香港のアリペイ、フィリピンのGキャッシュはそれぞれの国で初めてのブロックチェーンを活用した送金サービスを開始していく予定です。
Jack Ma氏は「国境を越えた送金を実現するためのブロックチェーン技術の開発が過去6ヶ月のあいだで最も関心のあるプロジェクトの1つである」と述べており、これからはアント・ファイナンシャルが香港-フィリピン間だけでなく将来的には国際展開をも進めていくと述べています。

フィリピンの送金市場に大きな役割を果たすブロックチェーン技術

これまで国境を越えて送金を行うには銀行や金融機関を仲介する必要があり、高い手数料と多くの日数が必要でした。送金を行うだけでも数千円と3~4日間は要していましたが、どこからでも低手数料で送金できるとされるブロックチェーンの技術は、これまで銀行や金融機関が提供していたシステムを覆すとして注目されてきました。

現状では海外に多くのフィリピン労働者が出稼ぎに来ており、フィリピンでは自国に送金するためにブロックチェーンを活用した送金需要が高まっています。出稼ぎに来ているフィリピン労働者は1000万人を超えており、年間に送金する額は3兆4000億円にものぼるとされています。香港には大規模のフィリピン人コミュニティが存在し、今回の試験の成功によって香港に出稼ぎに来たフィリピン労働者、約20万人に自国への送金をサポートできるとしています。

Jack Ma氏はブロックチェーンの技術に関して高い評価をしている

Jack Ma氏はこれまで銀行の既存システムには批判的でありました。
「これまでの銀行や金融機関のサービスは全世界の20%の人々にしか提供していないにも関わらず、人々から80%の利益を受け取ってきた。新しい金融機関は80%の人々にサービスを提供し、20%の利益を受け取る必要がある」と語っています。実際に銀行や金融機関は大きな利益をあげてきたにもかかわらず、現状に満足するだけで海外へ送金する際のコストや時間の問題などに全く目を向けていませんでした。
また仮想通貨に関しても「ビットコインはバブルだ」などと強く批判をし続けていました。

一方でブロックチェーンに関してJack Ma氏は「バブルではない」として高い評価をしています。講演では、数年前からブロックチェーンを学び始めていたと述べており、ブロックチェーンが抱えていた問題であるプライバシーとセキュリティの問題を解決することができると聞いたとき、すぐにこの技術の重要性を認識したとしています。
ブロックチェーンは一夜で富を築けるような技術ではなく、社会的な問題を解決し、データプライバシーの保護、持続可能な開発、グリーンカラー問題を解決しなければならない」と述べています。

アリババグループはこれまでブロックチェーン技術に関して積極的な行動を起こしてきました。先月にはアント・ファイナンシャルが1兆4000億円にものぼる資金調達を行ない、その資金でブロックチェーンやAI(人工知能)の開発を進めていくようです。
またブロックチェーン技術を活用して食品偽装を防ぐプラットフォームや物流管理システムにブロックチェーンを組み込むことで荷物に関する詳細情報を追跡できるシステムの開発も行なっています。

まとめ

今後アリババグループが仮想通貨業界に対して大きな影響力を持つことは間違いないでしょう。2017年にはブロックチェーン関連の特許を43個出願しており出願数で世界一位となっています。それ以外にもブロックチェーンに関する多くのサービスを開発しているなど積極的な姿勢をみせています。
アジアの送金サービス分野ではSBI リップルアジアとも競合になっていきます。すでに企業間でのブロックチェーン分野の覇権争いは始まっており日々加速しています。これらの企業にも今後の動向に注目しておく必要があるでしょう。