なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    365,090円

  • ETHETH

    9,511.4円

  • ETCETC

    405.29円

  • LTCLTC

    2,666.7円

  • BCHBCH

    9,080.1円

  • XRPXRP

    32.478円

  • LSKLSK

    0.0000円

  • XEMXEM

    6.9025円

Facebookが仮想通貨に関する広告を許可!

あのFacebookがついに仮想通貨の広告をはじめる

超大手SNS「Facebook」が今まで広告を掲載しなかった仮想通貨について解禁すると発表した。Facebookは今年1月に仮想通貨に関する広告を全面禁止にし、話題になりました。26日にFacebook社からアナウンスされた内容は、「今まで禁止していた仮想通貨の広告を解禁する。バイナリーオプションやICOコインの広告はこれまで通り禁止とするが、既存のコインや取引所の広告は認めることにした。これまで数ヶ月間に渡って仮想通貨の広告の安全性についての議論を重ねてきた末の結果である」と述べている。

Facebook子会社のinstagram社も同様に仮想通貨の広告を禁止しています。

そもそもFacebook社が今年1月に仮想通貨の広告を禁止したのは、「詐欺広告や過激な煽りの広告によってユーザーが被害に遭うのを防ぐため」ということでした。仮想通貨が一般化されつつあるということなのかもしれませんね。

広告可能ラインの線引き

Facebookがまた仮想通貨の広告を始めるにあたって、重要なのは、掲載可能ラインの線引きです。先ほど取り上げたICOコインやバイナリーオプションはもちろん広告することができません。更に、射幸心を煽りすぎるような謳い文句も広告することは出来ないでしょう。

逆に言うと、射幸心を煽り過ぎないでICOコイン、バイナリーオプションの項目にあてはまらなければ、広告は可能という事なのです。しかしながら、現在の仮想通貨は投機性が高いです。そのため、射幸心を煽ってしまう記事が多く見受けられるのです。このことに対し、Facebookは仮想通貨の広告は一つ一つ閲覧し、目を通してから掲載する構えのようです。下の表は掲載広告が可能なラインと、掲載ができないものを簡単に記したものになります。

広告が可能
・全世界に即座に送金できる仮想通貨をあなたも初めて見ませんか?
・〇〇取引所はビットコインの取り扱いNo.1!!安心してお取引が可能です。
・仮想通貨を始めるなら今ここがオススメ!!初心者でも安心な取引所はこちら!!

広告が不可能
・即座に上場予定の〇〇コイン、簡単に変えてすぐ利益も出すことも可能です。
・今バイナリーオプションを始めるとボーナス20%をプレゼント!!!6月までなのでお早めに。
・今なら〇〇コインが15%オフ。

Facebookの仮想通貨参入?

今回、Facebook社が仮想通貨の広告を許可した背景には、Facebook社の仮想通貨事業への参入ももしかしたら関係しているかもしれません。

同社CEOのマーク・ザッカーバーグ氏は仮想通貨に関して大きな関心を抱いています。ザッカーバーグ氏はアメリカCNBCのインタビューにて「仮想通貨についてはもちろん関心はあるから、勉強と研究を続けるよ。Facebookがこうしたテクノロジーをどのように使えるのかも含めて検討している最中だ」と述べており、Facebookがいずれ何らかの形で仮想通貨業界に参入してくる可能性は高いと推測されるのです。

どのような形で参入か

Facebookがどのような形で仮想業界に参入してくるかはまだ名言されていません。取引所なのかもしれないですし、コインなのかもしれません、もしかしたらマイニングという可能性もあります。

ただ、Facebookと絡めてくる可能性は高いので、Facebook内で使えるコインなどの開発が最も有力ではあります。となると、現在全ての機能が基本的には無料で使えるFacebookですが、将来的には有料会員のようなものもでき、その支払いや送金などの手段にFacebookコインを使う可能性がありますね。

もしくは、そこまでいかなくても、サービスの一部にビットコインやイーサリアムなどの既存のコインを使用することも十分に考えられます。ブロックチェーンのシステムを応用して他の分野に手を出すことも考えられますね。

Facebook社の経緯

Facebook社はCEOマーク・ザッカーバーグ氏がハーバード大学在住中に作ったSNSコミュニティ「The facebook」を元に作られたものである。元々は、ハーバード大学内のコミュニティを作る目的で開発したが、その後、いわゆるアイビー・リーグにも存在が知れ渡り、「同じようなサイトがうちの大学にも欲しい」との声が多数あった。その後、全米の大学で広まっていき、現在のように13歳以上であれば誰でも登録できるような仕組みになっていったのである。

そんな経緯で急速に広がっていったFacebookは、現在では全世界のユーザー数は18億人、MAU(マンスリーアクティビティユーザー)の数は13億人と巨大なSNSに発展したのです。

考察

今回、Facebookが仮想通貨の広告を解禁したのには2つの理由があると考えられます。一つは、顧客の安全が確保できたことです。もともと仮想通貨には不透明な部分が多く、扱う側としてもリスクが大きい部分がありました。がしかし、昨今の仮想通貨業界事情を鑑みると、仮想通貨に対して嫌疑的なイメージを持つ人が少なくなってきました。また、ユーザーが仮想通貨に対する知識が増えてきたことから、万が一掲載されても騙されるケースは少ないと踏んだからだと推測されます。

もう一点は、Facebookの仮想通貨業界への参入です。現在はまだ情報が公開されていないので確実なことは言えませんが、Facebook社は将来的に仮想通貨の制度を導入、または開発する動きがあります。そのことから、仮想通貨に対してもっと大衆に認知させる必要があることや、どの程度のユーザーが仮想通貨に興味を持っているのかなどの数値の解析のために広告を解禁した可能性もあります。

以上の二点から、Facebookは広告を解禁したのではないかと筆者は推測します。もちろん推測の域を出ませんので、将来的にFacebookが仮想通貨業界に参入しない可能性も当然あります。今後、Facebookがどのように仮想通貨と向き合っていくのか注目が集まるところです。もしFacebookが仮想通貨業界に参入するということになれば、再び仮想通貨バブルが到来するかもしれません。