なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    369,239円

  • ETHETH

    9,612.7円

  • ETCETC

    417.84円

  • LTCLTC

    2,703.5円

  • BCHBCH

    9,072.4円

  • XRPXRP

    32.819円

  • LSKLSK

    0.0000円

  • XEMXEM

    6.9780円

遂にSBIVCがサービス開始!仮想通貨取引はどう変わるのか?

SBIバーチャルカレンシーについて


SBIバーチャルカレンシー(以下SBIVC)とはネット証券No.1のSBI証券をはじめとする大手金融機関SBIホールディングス株式会社の100%子会社です。2017年9月に金融庁から仮想通貨交換業者として認可を受けており、サービス開始を待ちわびていた人も多いことでしょう。

セキュリティ面への不安や不正流出によって起きてしまった顧客の不信感など様々な要因を受けて延期を行っていましたが、この度遂にサービスが開始されたということで多くの期待が集まっています。

SBIバーチャルカレンシーの取引所「VCTRADE」の現状と今後の予定


現在、サービスの提供は2017年10月に先行予約で口座開設の申込みを行った約2万名超のユーザーを対象として開始しています。取引に必要なパスワードを順次郵送しており、受取が完了した人から取引を行えるようです。

一般の口座開設の申込受付は2018年7月中の開始を予定しており本格的な始動はまだこれからという状況で、現在はブラウザ上での取引のみということでアプリのリリースはされていませんが、今後さらに手軽な取引を実現するためにリリースすることも考えられます。

「VCTRADE」のサービス概要


取扱通貨は現時点ではXRPのみとなっています。今後はBTC、BCH、ETHを取扱に加える予定とのことです。コインチェックが取り扱っていたZcashやMoneroなどの秘匿通貨と呼ばれる通貨の取扱は一切しないそうです。

また取引時間を午前7:00から翌日6:00としており24時間取引可能というわけではないようですが、セキュリティへの配慮としてウォレットの管理はセコム株式会社のグループ企業との提携を行いサービスの品質を確保する狙いです。またSBIグループ企業にて運用実績のある、米国の大手証券取引所NASDAQの取引システムを利用し、世界最高水準の低遅延な取引環境を目指すそうです。

SBIVCの強さ


SBIグループが仮想通貨業界に正式に進出することで一番の大きな武器となるのは、長年インターネットと金融を組み合わせたサービスを提供してくることで培ってきた豊富な顧客データです。既にネット証券No.1のSBI証券の顧客口座数は業界でダントツの約400万口座となっており、そこからの流入を目論んでいます。

約半分の人が口座開設をするだけで国内トップクラスの仮想通貨取引所になってしまうためそのポテンシャルは大きく国内仮想通貨市場を今後席巻する可能性は十分に考えられます。

特徴


SBIVCの特徴として挙げられるのが明確なRipple社推しです。実はSBIグループは2016年からRipple社と提携し「SBI Ripple Asia」を設立しています。SBIは送金分野に強みを持つRipple社の技術を高く評価しており、その技術を活かし特にアジアの金融機関や送金事業者の新たなプラットフォームの構築に取り組んでいます。
SBIVCもRipple社の提供する通貨「XRP」を最初の取扱通貨としています。
他取引所ではここまで明らかな推し通貨の存在はあまり見られません。(時価総額一位のBTCのみを取り扱う取引所はありますが、それとはあまりにも意味が違います)
実際にSBIVCのサービス開始に伴いXRPの価格も上昇しました。現在では元の価格まで落ち着いているようですが、これもあからさまともいえるXRP推しがユーザーに伝わっているからでしょう。SBIグループから流入してくる仮想通貨初心者はBTCは聞いたことあるけどXRPってなんだろう?というところから取引デビューするのかもしれません。

SBIグループが技術を認めている通貨なら信用出来る!と高く評価される可能性も非常に考えられます。今後は、SBIの推しXRPという構図がどのようになっていくのかにも注目です。


仮想通貨市場は変わるのか?仮想通貨はもう流行のものではない


これまで怪しげで不安視をされることの多かった仮想通貨業界。ややもすると詐欺ではないかと思われる業界でした。

そんな怪しげな業界を牽引・普及してきたのは流行や時代に敏感な若者たち、そしてベンチャー企業です。
ブロックチェーン自体や取引通貨を若者が作り、ベンチャー企業が取引所を作って投資機会を提供してきた結果、現在では報道で見ない日はないほどに浸透してきたのです。確かにセキュリティ面やサポート体制など行き届かないところが多々あったのも事実ではあります。
しかし、今では怪しいはずだった仮想通貨業界に資金力やノウハウ豊かな大企業がどんどんと参加を表明しています。
その中の筆頭には間違いなくSBIVCが名乗りをあげることでしょう。

取引手数料が業界を淘汰する?


SBIVCが明言しているのは手数料を下げるというものです。これはスプレッドというもので同時刻での買値と売値の価格差のことです。

スプレッドによって取引所は売上をあげているのですが、今までの仮想通貨業界はスプレッド幅が非常に広いものでした。

記憶に新しいコインチェック社のXEM流出被害者への現金での保障もスプレッドのおかげであれだけの売上が取引所にあったわけですが、そのスプレッド幅を業界で一番狭くするそうです。

顧客にとっては売買の機会が増えれば増えるほどに手数料がかかってしまうわけですからもちろん手数料は少ない方が望ましいことです。仮想通貨市場のスプレッドの広さを知る投資経験者は仮想通貨なんて取引所の食い物にされるだけだと敬遠をしてきたことも事実です。

しかしそれは事実の半分でしかなく、これまでの仮想通貨に関していえば暴騰率が何千パーセントといった世界でした。見定めた通貨を購入したら暴騰するまで保有することが多かったため取引回数が少ない人が多く、また仮想通貨から投資をはじめた投資初心者が多かったためスプレッドの差なんてどうでも良かったのです。

取引回数が多くなりがちなFXでは既に業界最狭といった文句で各社がどんどんとスプレッドを狭め、結局各社が横ならびをしています。仮想通貨取引所もそういった状態にいずれなるのでしょうか。現状は値動きの大きな仮想通貨と為替が同じようなサービスになっていくかは甚だ疑問ですが、安定した価格を目指した動きがあることも事実です。

仮想通貨の価格が安定してくると利益をあげるための取引回数は自然に増えるので手数料が安いのは顧客にとっては嬉しいことですし、企業にとっては薄利多売の体力勝負。つまり資本力のないベンチャーはこの競争に陥ったらどんどんとふるいにかけられるため、気づいたら普及に貢献してきたベンチャーはいなくなり、後発の大企業だけしか残らないといったことも起こりえるでしょう。

まとめ


今回はサービスを開始したばかりのSBIVCについてご紹介いたしました。個人的にはSBIやyahooが参入を果たした後の仮想通貨取引所がどのようになっていくのかが非常に気になっています。通貨の価値も大きく見直されていくように感じますし、そもそも現存する通貨は全て技術のみが残され新しい通貨に取って代わられるかもしれません。

この数年で今後の仮想通貨や取引所の様相は変わり、新たなフェーズへと突入していくことでしょう。
技術の発展を願いつつも、もともとの仮想通貨の魅力でもあった価格変動の大きな取引や技術革新の将来性がどのように変化していくか今後も注視していきましょう。