なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    369,239円

  • ETHETH

    9,612.7円

  • ETCETC

    417.84円

  • LTCLTC

    2,703.5円

  • BCHBCH

    9,072.4円

  • XRPXRP

    32.819円

  • LSKLSK

    0.0000円

  • XEMXEM

    6.9780円

話題のアプリ!Gincoってどうなのか調べてみた。

「お金は銀行で 仮想通貨はGincoで」

2018年4月にサービスを開始したばかりの注目の仮想通貨ウォレットアプリそれが「Ginco」です。仮想通貨といえば各取引所でのハッキングによる不正流出で不安視されることも多いですが、今回は仮想通貨ウォレットって何?という方にもGincoには一体どのような魅力があるのかを伝えられたらと思いますので是非最後までご覧ください。

仮想通貨ウォレットって何??

仮想通貨ウォレットについてほとんどの日本の仮想通貨投資家は購入した通貨はそのまま取引所内で保管しています。というのも現在の取引所自体がすでにウォレットの役目を果たしており、通貨の送金や他の通貨への取引などが出来るようになっているためです。

それはFXの取引所で購入したドルをわざわざ取引所から受け取らずデータ上だけで保有していることを確認することと同じであり、本来であればそれで仮想通貨の保管や運用は十分なのです。

しかし、世界中で起こっている取引所での流出事件により、管理体制やセキュリティー問題が露見し仮想通貨を自分で管理することが重要視されています。こういった問題はMt.Goxという会社が仮想通貨の流出被害に遭った時から叫ばれていました。事実、海外ではこういった仮想通貨ウォレットアプリやハードウォレットと呼ばれるサービスが以前から人気となっておりましたが、日本ユーザーにとってはなかなか使い勝手の良いものがありませんでした。そこで今回、日本企業が発表したGincoの性能の高さがSNSなどを中心に大変注目を集めているのです。

Gincoの特徴について

Gincoでは仮想通貨の入金や送金、そして預けている仮想通貨のポートフォリオを確認することが出来ます。ECサイトでの決済も出来ますので、取引所で購入した通貨をアプリで保管し支払いにも使用できる手軽さが最大の魅力となっています。

また、すべての取引においてブロックチェーンの仕組み上必要な手数料のみしかかからないとのことで今までの取引所に依存した高手数料かつ送金の遅延などとは無縁というところも特筆すべき点でありユーザーにとっては嬉しい限りですよね。

安全性は大丈夫なのか

手軽さが魅力のGincoですが、安全性が高いことで知られています。

Gincoは「秘密鍵」をサーバー上で管理しないクライアント型のウォレットアプリとなっています。個々のアプリを取得した端末でセキュリティを管理するため、その端末にしか保有資産へのアクセスが出来ないようになっています。つまり外部からの被害に遭う可能性が限りなく低いのです。取引所の場合、預けている通貨がオンライン上に保管されていたり、必要なセキュリティ対策がなされていなかったりと、実態が不明瞭であることが多いですよね。流出事件が起きてから実はこういう体制で管理してましたと説明されて青ざめた方も多いと思いますので、やはりこれからは自己管理の時代です。特にGincoであれば安全性も高く、日本人向けのサービスなので説明書がいらないほどの使いやすいシステムで安心感も違います。

マルチコイン対応

ウォレットアプリのサービスでもイーサリアム専用とかリップル専用といったものもあります。専用ウォレットアプリには日本の企業で作られたサービスもあります。通貨ごとにウォレットを分けたり、そもそも通貨で保有しているものがリップルだけとか特定の通貨しか持っていない・持たない人にとってはこういった専用のウォレットでも十分良いかと思います。しかし多くの日本人の方はビットコインがスタンダードですよね。また幾つかの通貨をお持ちであることも多いかと思います。Gincoの場合はそういった方でも一つのアプリで管理できるようにマルチコインに対応しています。

つまりGincoとは

高い安全性を備えた日本企業発のGinco。安全と安心を実現する使えるウォレットアプリです。

現時点でも既にビットコインやイーサリアム、ライトコインやトロンなど14種類の通貨に対応しています。さらに今後はリップルやリスク、モナコインなど利用できる通貨はどんどん増えていく見通しです。

申込方法

さて魅力十分のGincoですので実際に申込方法について見てみましょう。Android版は近日公開予定ということで今回はIOS版のアプリをダウンロードしてみます。

(以下Ginco公式アプリより抜粋)

①まずはGincoをダウンロードする

②今すぐ始めるを選ぶとユーザーIDの入力を求められます

③次に暗証番号を設定します

④あとは利用規約にチェックを入れてGincoを始めるを選ぶだけ

これだけで登録が完了です!

これでもう仮想通貨が自分の専用のウォレットで管理できるようになりました。

とても簡単ですので是非お試しください!

今ならBCHがもらえるキャンペーン中です!!

2018年6/23までの期間限定となりますが現在、Gincoでは新規でアプリをインストールするだけでBCHを貰えるキャンペーンを開催中です。貰える数量は僅かのようではありますが、人気通貨BCHを無料で貰えるチャンスですので、気になる方は是非この機会にアカウント作成することをオススメ致します!

まとめ

さて今回は仮想通貨ウォレットについて紹介してみました。仮想通貨取引所も金融庁の検査などで厳しい基準を設けられているようですが、やはり一番の安全は自己で管理することだと思います。米国のとある街では休暇中に一番売れたグッズが仮想通貨用の持ち運びできるハードウォレットだったという話があるほど現在では自己管理が当たり前となっているのです。取引所で貸仮想通貨などをして金利を手に入れているのならば話は別ですがただ置いているだけであるなら自分で保管出来るツールの一つとしてまずは身近なウォレットアプリ「Ginco」から始めてみてはいかがでしょうか。