なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    386,858円

  • ETHETH

    10,017円

  • ETCETC

    445.42円

  • LTCLTC

    2,718.7円

  • BCHBCH

    11,655円

  • XRPXRP

    34.029円

  • LSKLSK

    0.0000円

  • XEMXEM

    7.9496円

ICO直後銘柄が続々上場したHitBTCが日本居住者へのサービス提供を停止

HitBTCが金融庁からの警告により、日本居住者に対しての取引サービスの提供を停止することが決まりました。

これにより、日本居住者へのサービス提供が完全に停止した後は、HitBTCに一切アクセスすることができなくなります。

HitBTCとは

そもそもHitBTCとは何かというと、日本国外で運営されている仮想通貨取引所で、非常に多くの仮想通貨を取り扱っていることで有名な取引所でした。

日本人にも人気が高い取引所であり、仮想通貨取引所世界ランキングでは7位を維持するなど、世界から見ても大きな取引所でした。

ICO直後の仮想通貨が上場することで、注目度が上がっていましたが、そのことが今回の日本居住者に対してのサービス提供停止につながったものと思われます。

HitBTCが金融庁から警告された要因とは?

最近上場する仮想通貨はほとんど例外なくICO価格割れを起こし、ICOに参加した投資家が損をする状況が続いていました。

おそらくそのことが理由で、一般個人投資家が消費者金融や金融庁に直接詐欺の相談をする人が増えてきたことから、HitBTCに警告が出されたのではないかと考えられています。

このことはHitBTCに利用者ユーザーにもメールで通知されています。

 

過去にBinanceも警告を受けたことがある

現在取引量世界一の仮想通貨取引所であるBinanceも警告を受けたことがありました。

それまでは日本人ユーザーを歓迎し、取引所サイトを日本語対応させるなど積極的にサポートしてきました。

しかし、日本の金融庁から待ったがかかり、圧力を掛けられたことで日本語サポートが終了した過去があります。
現在もBinanceで取引することは出来ますが、全て英語などの多言語での利用となっています。

HitBTCに預けていた資産はどうなるか

HitBTCは約2週間の猶予を日本人ユーザーに与え、6月14日までは出金することが可能となっています。

ただし、一斉出金の関係で出金が非常に多く、HitBTCもその作業に追われている関係で出金に時間がかかる可能性が高いです。
そのため、まだ大丈夫と過信せず、出来るだけ早く出金手続きをするようにしましょう。

急いで出金したいがためにフィッシング詐欺に合わないように注意

ハッキングで一番引っかかりやすく単純なものがGoogle検索の広告を利用したフィッシング詐欺です。
そのためHitBTCにへのアクセスは予めブックマークしておき、そのブックマークから直接アクセスするようにしてください。

もしくはHitBTCのドメインが「hitbtc.com」担っているかしっかり確認するようにしましょう。実際に間違えてフィッシングサイトである「hitbtc.cam」にアクセスしてしまい資金が流出したユーザーも居るようです。

悪質なユーザーはこのような状況を利用してフィッシング詐欺を仕掛けてくるため、このニュースと合わせて覚えておくようにしましょう。

仮想通貨市場に対する影響

現在、HitBTCににしか上場していない仮想通貨も多数存在します。
それらの仮想通貨を日本人ユーザーが保有していても、アクセスが遮断された後は別の取引所に上場しない限り売ることができなくなってしまうため、HitBTCにでしか扱われていない仮想通貨が一斉に売られてしまいます。

そのことがきっかけで様々な仮想通貨が暴落し、仮想通貨市場からも資金が抜けていくことになるでしょう。
今まで秩序がなかった仮想通貨市場を規制し健全化している最中ですが、その過程で仮想通貨市場がどんどん縮小しています。

この規制の目処が立たない限り、仮想通貨市場の短期的な期待はできませんが、その影でしっかりと開発が進んでいるプロジェクトも存在します。
すぐに投資家が利益を得ることは難しいですが、長期投資で利益を出せるよう、魅力的な仮想通貨を見つけておきましょう。

おわりに

実はHitBTCの日本居住者へのサービス提供は永久停止ではなく一時停止となっています。
HitBTCは日本に進出するために、現在の日本の資金決済法に基づいてサービス提供を停止させるものであり、進展があれば日本ユーザーも再度利用可能になる可能性があります。

現段階では日本の法律を遵守できていないため、法律を遵守した上でサービスを提供できるようになれば、サービスの提供が再開されるようになるでしょう。

とにもかくにもサービスが一時停止することに変わりはないため、HitBTCにに資金を置いている方は速やかに出金手続きを済ませるようにしましょう。