なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    365,254円

  • ETHETH

    9,520.2円

  • ETCETC

    406.12円

  • LTCLTC

    2,665.3円

  • BCHBCH

    9,143.1円

  • XRPXRP

    32.465円

  • LSKLSK

    0.0000円

  • XEMXEM

    6.8878円

仮想通貨に対する著名人発言まとめ

結局のところ仮想通貨はどうなのか

ここ数年で急激に頭角を表してきた仮想通貨。仮想通貨の顔とも言えるビットコインはわずか2年ほどで価値が200倍にもなるという驚異的スピードで成長を続けてきた。仮想通貨はビットコインだけではありません。ビットコイン以外のアルトコインであるイーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、ネム、モナコイン、等々有名なだけでも数十種類存在しています。実は全世界にアルトコインは1300種類以上あるとされていて、今日も新しいコインが開発されているのです。

ブロックチェーンってなに?

そんな今最も熱を帯びている仮想通貨ですが、ブロックチェーンというシステムのおかげでここまで話題を呼びました。そもそもブロックチェーンとは、分散型の台帳とよく呼ばれています。パッと来ない方が多いと思うので、簡単に説明していきます。

ブロックチェーンとは簡単に言うと、「誰もがいつでも見る事ができる台帳」です。本来、我々が銀行などを用いる取引に使われる台帳は中央管理者がいて、その管理者しか閲覧する事ができません。例えば、「Aさんが〇〇銀行を使って、Bさんの××銀行に送金しました」という情報があった場合、この取引記録を閲覧できるのが中央管理者だけなのです。それは、お金の流れとして、必ず中央管理者を通る仕組みになっているためです。

ブロックチェーンのすごい所は、中央管理者がいないのです。分散型の台帳とはネットワーク上に存在しているノードと言われる端末が管理しています。我々が使っているパソコンなどがそうです。そのノードは全世界に点在しており、全てが対等な関係なのです。そのため、中央管理者が必要なく、かつ、誰でも閲覧する事ができるのです。

また、中央管理型の台帳は万が一、メインのサーバーがダウンした場合は全体の機能が停止します。しかし、ブロックチェーンシステムは、ノードの全てが対等なため、一つのノードがダウンしても、全くと言っていいほど機能に影響を及ぼしません。

このブロックチェーンのシステムこそ仮想通貨の心臓であり、今後既成の通貨の代替品になるかもしれないと言われているのです。

そんな仮想通貨のシステムは確かに革新的ではあります。しかしながら、実体がなく、あくまでデータ上だけのものであるのもまた事実です。そんなプラスの面とマイナスの面がはっきりとしているこの仮想通貨について著名人の発言をまとめてみました。

仮想通貨に肯定的な人

 

池上彰氏

<経歴>(1950-) NHKで社会部記者やニュースキャスターを歴任した後、フリーのジャーナリストに転向。現在は、東京工業大学特命教授、信州大学・愛知学院大学特任教授、京都造形芸術大学客員教授、名城大学教授、特定非営利活動法人「日本ニュース時事能力検定協会」理事、毎日新聞「開かれた新聞」委員会委員などを務めている。

 

テレビ朝日の「池上彰のニュースそうだったのか!!」や「グット!モーニング」でお馴染みのフリーのジャーナリストである池上彰氏はビットコインなどの仮想通貨に対しては比較的肯定的な立場を保っている。

ビットコインを例に取り上げ、投機的な側面があることや、取引所のセキュリティを問題に上げている一方で、他方ではブロックチェーンの技術や決済システムの利便性など、既存の通貨制度かではなく、まったく新しい革新的なシステムとして今度に期待していると言う風に述べているのです。ちなみに池上氏は仮想通貨を所有してはいません。

尹碩憲(ユン・ソクホン)氏

<経歴>ソウル大学経済学部の客員教授であり、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の承認を受け、2018年5月8日に韓国金融監督院(FSS)の新長官の椅子に座る。

ユン・ソクホン氏は、「仮想通貨には肯定的な側面がいくつかある」と述べており、仮想通貨の将来性を高く評価している。今年の1月よりに韓国は仮想通貨の規制を強化し、匿名のアカウントでの仮想通貨の取引売買を禁止している。この規制は、非居住外国人を締め出すほか、犯罪組織等のマネーロンダリングの防止や、投機的な取引の警告を促す目的だそうです。この規制により、1日あたり4兆ウォン(約4000億円)の取引量がありましたが、規制後は4000億ウォン(約400億円)と大幅に低下しました。

規制をきっかけに韓国は全面的に仮想通貨の売買禁止に踏み切るかと思いましたが、仮想通貨容認派であるユン・ソクホン氏がFSSのトップの座についた事により、状況は変わっていきそうです。

具体的な発言はまだしていませんが、今後の言動に注目が集まります。

マーク・ザッカーバーグ氏

<経歴>(1984年〜)アメリカ合衆国出身で、プログラマ兼事業家。SNS最大手のFacebookの創業者および会長、CEOを務めている。

ザッカーバーグ氏は、仮想通貨について「暗号化技術と仮想通貨の二つ、これらは中央集権化されたシステムから権力を奪い人々の手に戻す」と発言しています。先ほども軽く説明しましたが、従来の通貨システムは、中央管理者がいてそこに情報やお金、権力などが集約されています。そうなると、必然的にお金が集まってくるところには権力が集まってきます。そうなると、富が富を呼んで、金持ちは更に金持ちに、貧乏な人は更に貧乏になっていくという構図が出来上がってしまうのです。それを解決、もしくは改善に向かっていく手段の一つとして仮想通貨は有効なのです。

ザッカーバーグ氏は、仮想通貨の二つの側面、マネーロンダリングや実体の無い事のマイナスの面、利便性やブロックチェーンの有効性という面それぞれを見極めつつ、将来的にはFacebookも仮想通貨の業界にいずれは参入したいという考えを示しています。

藤田晋氏

<経歴>(1973年〜)青山学院大学経営学部を卒業後、人材派遣会社をでの勤務を経て、1998年に株式会社サイバーエージェントを起業した。26歳という若さで東証マザーズに上場し、現在は東京証券取引所一部上場を果たしている。現在も、サイバーエージェント社の代表取締役を務めている。

藤田晋氏率いるサイバーエージェントは元々仮想通貨交換業社への参入を表明していたが、Coincheck騒動が原因で参入スピードが遅くなってしまう事や規制の強化により断念しました。しかし、AbemaTV等で使用する事ができる仮想通貨を開発する事で再びスタートを切りました。「今後の仮想通貨の動向を注視しながら、サイバーエージェントのゲーム事業、インターネットテレビ局『AbemaTV』などのマネタイズの1つになればと研究を進めている段階」と藤田晋氏は述べていて、仮想通貨には前向きな方針のようです。

仮想通貨に肯定的な理由

仮想通貨に肯定的な人を紹介してきました。これからの人が口を揃えて言うのは、「可能性」と言う言葉です。仮想通貨が今後、現代の通貨に変わる可能性、ブロックチェーンの技術により富が再分配される可能性、その国々の通貨ではなく、世界の単一通貨としての可能性など様々な可能性があげられます。そんな目に見えない仮想通貨ですが、可能性は幅広いです。それ故に仮想通貨に期待する人は少なくないのです。

仮想通貨に否定的な人

ウォーレン・バフェット氏

<経歴>(1930年〜)アメリカ合衆国ネブラスカ州のオハマに在住している。コロンビア大学ビジネススクールを卒業。11歳で初めて株券を購入し、現在は834億ドルの資産を有している。

投資の神様とも呼ばれているのがウォーレン・バフェット氏です。投資をする人ならば知らない人はおそらくいないでしょう。11歳の頃より投資を始め、現在に至るまで投資を続けています。日本円にして8兆円を超える資産を有しており、2018年の長者番付では3位に位置付けています。

そんな投資の神様ことバフェット氏は、仮想通貨に対し「ビットコインは何も生産しない、投資とは言えず」と真っ向から仮想通貨を否定しているのです。「マンションや土地を買うのは投資と言える。なぜなら、そのさきにリターンがもたらされると期待できる。しかし、ビットコインは自分が買ったものを後から買う人に高く買ってもらうよう願うだけ」とも述べています。

この発言の根拠になっているのが、「内在価値の不在」である。ビットコイン等の仮想通貨は実在しないものであり、本当の意味での価値は無いに等しい。そのことをバフェット氏は指摘している。そして必ずこう締めくくっている「必ず悪い結末がくる」と。

西村ひろゆき氏

<経歴>(1976ー)匿名掲示板2ちゃんねるの創設者であり、現在は東京プラスの代表取締役を務めている。なお、現在地は日本ではなく、フランスのパリに在住している。

あの2ちゃんねるで有名なひろゆき氏は自身のTwitterにて「ビットコインは遊びの賭博なら面白いと思うけど、インサイダーや相場操縦がやり放題の市場に大切な財産を預けるのは、辞めたほうがいいと思うのですよ。
真面目に税金払うとそんなに得しないし」と述べていることから、仮想通貨には否定的である事がわかる。

ビットコインのマイニング作業の51%が現在中国で行われています。それは、日本や諸外国に比べ電気代がはるかに安いからなのだそうです。その事により、いずれビットコインは中国によって支配される日がくるとひろゆき氏は述べ、そして懸念しているのです。

ビル・ゲイツ氏

<経歴>(1955年ー)アメリカ合衆国ワシントン州シアトルで生まれたビルゲイツ氏はハーバード大学を中退し、数年後Microsoftを立ち上げた。現在もCEOの職についており、2018年の長者番付では、2位に付けています。

ゲイツ氏は、「もし自分が仮想通貨を売買するのであれば、ショート(売りのポジション)を持つ」と明言しており、仮想通貨は長期的に下落していくと述べています。「ビットコインとICOはクレイジーなもの」としており、投機的な側面を持つ仮想通貨を芳しく思ってはいないようです。当然、ゲイツ氏はビットコインをはじめとした仮想通貨は所持していないようです。

橋下徹氏

<経歴>(1969年ー)早稲田大学政治経済学部経済学科を卒業後、弁護士、維新の党代表、大阪市長、タレントなどを歴任し、現在は弁護士として活動している。現在も、Twitter等SNSの影響力は甚大であり、仮想通貨についても言及していた。

仮想通貨に対し、最も厳しい意見を発しているのは橋本弁護士だと思われます。橋本氏は仮想通貨のことについて「鼻毛や偽札と同じ」と発言し、注目を集めました。仮想通貨の初期保有者がどのくらいの量の仮想通貨を保有しているかも定かになっていないため、投資をするのは非常に危険とも述べている。

「あんなもの通貨とは呼ばない」とも発言しており、仮想通貨を全面的に否定しているのです。

仮想通貨に否定的な理由

仮想通貨に否定的な人たちの理由は、「現実に存在しないこと」「値動きが激しすぎて投機的である」の大きく二点が挙げられます。

この二つは、仮想通貨の性質上どうすることもできません。しかしながら、後者の「投機的」な問題に関しては、今後仮想通貨が一般的になれば多少値動きは落ち着くかもしれません。今は、多くの人が仮想通貨に対しどう接していいか迷っていることや、値動きの激しさから投機的思考の人が更に値動きを加速させている原因もあります。

まとめ

賛否両論ある仮想通貨ですが、今後どのような結末になるのかはまだ誰にもわかりません。一時1ビットコイン240万円にもなった仮想通貨ですが、現在は80万円前後を行き来しています。値動きの幅は狭まったものの、1日で5万6万動くことは今だにあるのです。

そんな仮想通貨ですが、今後どのように人々に広まっていくのか、また、淘汰されていくのか注目が集まります。