なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    631,272円

  • ETHETH

    19,848円

  • ETCETC

    849.25円

  • LTCLTC

    4,769.7円

  • BCHBCH

    43,125円

  • XRPXRP

    57.559円

  • LSKLSK

    245.54円

  • XEMXEM

    10.481円

取引所おすすめランキング

株式や債券の取引を行うために証券会社に口座を作る必要があるのと同様に、仮想通貨取引を行うためには、仮想通貨取引所に口座を作成する必要があります。

本記事では仮想通貨取引所を様々な観点から比較していきます。どの取引所がどのような特徴を持っているのか。読者の皆さんが取引所を選ぶ際に参考になるような情報を紹介していきます。

販売所と取引所の違い

仮想通貨取引をするにあたり、「販売所」と「取引所」の違いをしっかりと把握しておく必要があります。

簡潔に説明すると、

◆販売所:販売元から買う

◆取引所:他のユーザーから直接買う

ということになります。販売所では非常に簡単に購入することができるので取引初心者にとってはありがたい存在ですが、その分販売元から手数料を取られてしまいます。そのため、早い段階で取引所での取引に慣れるようにしましょう。取引の回数が増えると手数料というのは地味に負担になってきますので、基本的に通貨の購入は取引所で行う心構えでいましょう。

主要取引所の比較

取引の始めかた」でも説明した通り、仮想通貨の取引を始める上での最初のステップは取引所で口座を開設することです。スムーズにこの第一ステップを踏むためにも、まずはどのような取引所があるのかを知っておきましょう。

このページでは国内にある主要な仮想通貨取引所を紹介していきます。何を基準に選べばよいかは「取引所の選び方」を参考にしましょう。

取引所を選ぶ際、何よりも重要になるのがセキュリティです。2018年1月に起きたNEM流出事件は、取引所であるCoincheck(コインチェック)のセキュリティが原因で発生したものであり、このような事態を防ぐためにもセキュリティレベルの高い取引所を選ぶ必要があります。

とはいえ、ここを選んでおけば絶対安心ということはありません。オンラインサービスである以上、ハッキングのリスクは常につきまといますので、「ここを選んでおけば恐らく大丈夫であろう」という取引所を紹介しています。

まずは主要取引所8社の特徴を一覧表で見てみます。

※2018年4月時点での情報です。最新の情報は各社公式HPよりご確認ください。

取引手数料(現物)

セキュリティ以外の面で注視すべき項目の1つが取引にかかる手数料です。取引所の中でコインを売ったり買ったりする際に取引手数料がかかりますが、その金額は取引所によって異なります。また、ビットコインとアルトコインでも手数料に差異があることがありますので、その点にも注意して見てみましょう。

7社の中でビットコイン、アルトコインともに手数料が0%なのがDMM Bitcoin、BITPoint、bitbank、GMOコインの4社です。なお、Zaifのビットコイン取引手数料がマイナスになっていますが、これは取引をする度に手数料がもらえることを意味します。金額にしてみれば少額ではありますが、何度も取引をしていると手数料が地味に影響を与えてきますので、少額ながらも手数料がマイナスであるのはZaifの一つの利点です。

一方、bitFlyerやBit Tradeは手数料の面では不利となってしまっています。

なお、(現物)と書かれているように、この項目は現物取引の際にかかる手数料です。レバレッジ取引をする際の手数料は異なりますので、各社公式HPで確認しましょう。

日本円出金手数料

この項目は自分が持っているビットコインやアルトコインを日本円に出金する際にかかる手数料を示します。取引所によっては日本円に換えたいコインの量によって手数料が変動します。DMM Bitcoin、BITPoint、GMOコインの3社ではこの出金手数料は0円、他社では数百円程度になっています。

ただし、取引自体は何度も行う可能性がありますが、日本円への出金はそこまで頻繁に行うことはありませんので、料金で選ぶのであれば出金手数料よりも取引手数料を優先した方がよいでしょう

※そもそも取引を始める前に各取引所指定の銀行口座に入金する必要がありますが、入金手数料は基本的に各銀行からの振込手数料に依存するものなのでこの表からは割愛しています。

取扱銘柄

その取引所の中で取引が可能な通貨です。ビットコインはどの取引所でも取引が可能ですが、アルトコインについては各取引所で扱っているコインが異なります。特定の取引所しか扱っていないようなコインもありますので、もしそのコインの取引がしたいということであれば、そのコインを扱う取引所に口座を開設する必要があります。例えば、LSK(リスク)の取引がしたいのであればbitFlyerに口座が必要ですし、様々なトークンの取引がしたければZaifに口座が必要です。

販売所でしか扱っていないコインもありますので注意しましょう。例えば、bitFlyerであれば取引所で扱っているのはビットコインのみで、他の全てのアルトコインは販売所のみでの扱いとなります。

スマホアプリ

一度口座を作ってしまえば、取引はスマホで行いたいという人は多いでしょう。Bit Tradeを除いて各社アプリを用意していますので、iOS / Androidに関わらずスマホでの利用が可能です。アプリの使いやすさを重視したいという人は、一度アプリの評判などを見てみるとよいでしょう。

レバレッジ

レバレッジ取引をする際にかけられる最大の倍数です。bitFlyerであれば最大15倍、Zaifであれば最大25倍のレバレッジがかけられます。現物取引しかしないという人は特に気にする必要はありませんが、レバレッジ取引も視野に入れている人は参考にしてみましょう。

取引所おすすめランキング

各取引所の基本的なデータは上の表の通りですが、それを踏まえて当サイトがおすすめする取引所をランキング形式で紹介していきます。

第1位:bitFlyer(ビットフライヤー)

第2位:bitbank(ビットバンク)

第3位:Zaif(ザイフ)

第4位:BITPoint(ビットポイント)

第5位:DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

第6位:QUOINEX(コインエクスチェンジ)

第7位:GMOコイン

第8位:Bit Trade(ビットトレード)

第1位:bitFlyer(ビットフライヤー)

おすすめ第1位は大手のbitFlyerです。初心者にとってはやはり大手で安心できるという点が大きいので、とりあえずbitFlyerで口座を開設し、慣れてきたら他の取引所でも取引を始めてみるとよいでしょう。

bitFlyerは20141月に設立された取引所であり、ビットコインをはじめ計7種のコインを扱っています。28社が正会員、賛助会員として参画する日本ブロックチェーン協会(JBA)の主幹企業です。取引所だけでなく、決済・送金サービスであるbitWire(ビットワイヤー)や仮想通貨を用いたクラウドファンディングfundFlyerなどのサービスを提供しています。

  • 信頼性が高い
  • 国内で唯一LSKの購入が可能(※Coincheckがサービス一時停止中のため)
  • 手数料が若干高め

bitFlyerホームページ

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

第2位:bitbank(ビットバンク)

おすすめ第2位はbitbankです。取引手数料が安く、セキュリティレベルが高い点も高評価です。また、カスタマーサポートもしっかりしており、初心者に優しい取引所と言えるでしょう。

bitbankは2014年5月に設立した取引所です。また、MONA(モナコイン)やXRP(リップル)など日本で人気のアルトコインを扱っているのも特徴的です。

  • 取引手数料が無料
  • 国内最大のニュースサイトBTCNを運営

bitbankホームページ

第3位:Zaif(ザイフ)

おすすめ第3位はZaifです。ビットコインの取引手数料がマイナスであったり、ZAIFやXCPなど10種類に及ぶトークンの取引ができるのがポイントです。取扱銘柄が多いので、1つ口座を持っていると取引の幅が広がるでしょう。

Zaifは20146月にサービス開始された、テックビューロ株式会社が運営する取引所です。取引所だけでなく、プライベート・ブロックチェーン製品「mijin」の開発・販売・サポートなども行っています。マイナスの取引手数料や豊富なトークン、コインの積立機能など、様々な特徴を取り揃えている取引所です。

  • ビットコインの取引手数料がマイナスのため、取引をすると手数料をもらえる
  • 年率最大3.6%のログインボーナス(条件付き)
  • トークンの売買が可能
  • コイン積み立て機能がある

Zaifホームページ

第4位:BITPoint(ビットポイント)

20163月に設立した取引所であり、株式会社ビットポイントジャパンによって運営されています。FX取引の際に世界中で利用されているMT4(メタトレーダー4)を利用しているのが特徴です。

  • 取引手数料、出金手数料が無料
  • 上場企業運営で安心

BITPointホームページ

第5位:DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

ECサイトを運営する株式会社DMM.comが開設した取引所です。元々は「株式会社東京ビットコイン取引所(TBX)」でしたが、201712月に株式会社DMM FX ホールディングスに譲渡され、20181月に新ブランドとしてサービスがスタートしています。

  • 取引手数料、出金手数料が無料
  • レバレッジ取引できるコインの種類が多い
  • 現物取引の注文方法が多彩

DMM Bitcoinホームページ

第6位:QUOINEX(コインエクスチェンジ)

2014年にシンガポールで設立され、20163月に日本に拠点を移しました。世界3拠点でグローバル展開しているアジア最大級の取引所です。

  • ビットコインの取引手数料が無料
  • 国内で唯一QASHの購入が可能
  • 通貨ペア数が多い
  • LINEでのサポートがある

QUOINEXホームページ

第7位:GMOコイン

2016年10月にGMOグループの子会社として設立された仮想通貨の販売所です。取引所ではなくシンプルな販売所形式なので、取引初心者にとって分かりやすい仕様になっています。

  • シンプルな販売所形式
  • 取引手数料無料

GMOコインホームページ

第8位:Bit Trade(ビットトレード)

20169月に設立された取引所であり、大手FX業者である株式会社FXトレード・フィナンシャルのグループ会社です。

  • チャート「TradingView」が使いやすい
  • 手数料が若干高め

Bit Tradeホームページ

まとめ

各社それぞれ特徴がありますので、「ここが絶対おすすめ!」という取引所を1つに絞るのは難しいです。自分の好みに合った取引所を選んでみましょう。

「何だかよく分からない」という人はとりあえず最大手のbitFlyerで口座を作ってみるのがよいでしょう(bitFlyerの口座開設方法は「取引のはじめ方」に詳細を載せています)。そこからまずは取引を始めてみて、ビットコインを取引所で、アルトコインを販売所形式で購入し、慣れてきたら例えばbitbankにも口座開設してXRPの取引や他のアルトコインを取引所形式で始めてみる、という流れにするのがおすすめです。

いずれにせよ、取引量が増えると1つの取引所で全てのコインを所持するのは非常にリスクが高いので、最終的には複数の取引所に口座を持っておいたほうが無難です。最初から2-3個の取引所に口座を作るつもりでいれば深く悩まずに取引所の選択ができるのではないでしょうか。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です