なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    631,635円

  • ETHETH

    19,808円

  • ETCETC

    848.58円

  • LTCLTC

    4,768.5円

  • BCHBCH

    43,172円

  • XRPXRP

    57.640円

  • LSKLSK

    244.63円

  • XEMXEM

    10.467円

ビットコイン取引所手数料がマイナス! サービス充実の取引所Zaifとは?

仮想通貨の取引をする上で、どうしても気にしなくてはいけないのが取引手数料です。取引をするたびにかかってくるコストなので、当然少なければ少ないほど嬉しいですよね?

取引手数料が基本無料という取引所はいくつかありますが、2018年5月現在、Zaifではキャンペーンとしてビットコインの取引手数料マイナスを謳っています。

それだけでなく、Zaifならではのサービスが充実しており、国内の中でおすすめしたい取引所の一つです。本記事ではZaifがどのような特徴を持っているかを詳しく見ていきます。

Zaifとは

Zaifは大阪に本拠を置くテックビューロ株式会社によって運営されている仮想通貨取引所です。元々はetwingsによって運営されていましたが、テックビューロが買収し、2015年3月4日にZaifとしてリスタートしました。そして、2017年9月29日に近畿財務局より仮想通貨交換業者としての登録(登録番号00002号)を完了しています。

Zaifのメリット

ビットコインの現物取引手数料がマイナス!

取引手数料とは、取引所でコインを売買する際にかかる手数料のことですが、Zaifでは現在、ビットコインの現物取引に限り、手数料がマイナスとなっています。手数料がマイナスというのは一体どういうことでしょうか?

手数料は基本的にプラスの値で我々消費者が支払うものですから、それがマイナスということは取引をするたびに手数料がもらえることを意味します。ZaifでのBTC/JPYの取引手数料は以下の通りです。

  • maker: -0.05%
  • taker: -0.01%

maker手数料とは、板に注文を並べる際に発生する手数料であり、taker手数料とは並んだ注文を消費する際に発生する手数料のことです。Zaifではいずれもマイナスの値となっているため、取引の度にその手数料をもらうことができます。

maker手数料で-0.05%ですから、仮に10万円分のBTCを購入した場合、50円もらえることになります。金額としては大した額ではありませんが、当然払うよりましですし、頻繁に取引を行う人にとっては一つのメリットになるでしょう。

ただし、このマイナス手数料は2017年10月から始まったキャンペーン制度です。いつ終了になるかは分かりませんので、その点だけは注意しておきましょう。

コイン積み立て機能

Zaifにはコイン積立機能があります。Zaifコイン積立では銀行口座から毎月固定額を自動引き落としすることで、積み立てが可能となります。一度設定してしまえば、勝手に積み立ててくれるので、買い付けのタイミングをはかったりする手間を省くことができる、非常に便利な機能です。取引所でのやり取りが面倒と感じている人や、売買のタイミングがよくわからないという人にとっては重宝するでしょう。

このZaifコイン積立は「ドルコスト平均法」による投資の一種です。価格が安い時には沢山購入し、逆に価格の高いときには少量しか購入しないことで、平均的な取得額が分散され、結果的に安い平均取得価格で投資ができるというメリットがあります。ローリスクで安定した収益を目指す投資法なので、ビットコインに将来性を感じているものの、ハイリスク・ハイリターンの投機的な手法はできるだけ避けたいと考えている人にとっておすすめの手法です。

現時点ではBTC、XEM、MONA、ETHの4種類のコインの積立が可能です。

なお、毎月の積立金額に応じて積立手数料がかかりますので、ご注意ください。

取り扱い銘柄が豊富

Zaifでは主要な仮想通貨だけでなく、様々なトークンを扱っていることも魅力の一つです。
トークンについての詳しい記事はこちら

ZaifではZAIFやXCP、BCYなど数多くのトークンを扱っており、Zaifに口座を開設することで、取引の幅が大きく広がります。トークンを扱っている取引所は少ないので、そういう意味でもZaifは大手の中でも希少な取引所と言えます。

Zaifでの取り扱い銘柄は以下の通り。

ビットコイン・モナコインの簡単売買

Zaifは取引所だけでなく販売所としての役割も持っています。手数料の観点から取引所で売買するほうがお得になるのですが、投資経験の無い初心者の方にとっては取引のやり方がよく分からないかもしれません。そんなときに役立つのが販売所です。

Zaifの販売所ではビットコインとモナコインの2種類を扱っており、これらのコインに関しては、初心者でも簡単に購入することが可能です。トップページの「簡単売買」をクリックすると売買の画面に遷移します。

 

画面を見て分かる通り、非常にシンプルな作りになっています。例えば、ビットコインを購入したい場合は、右側の赤枠を利用します。買いたいビットコインの数量を選ぶか、購入金額を指定することでビットコインを購入することが可能です。

先述した通り、手数料は取引所よりも高くなりますが、とりあえず少額でもよいからビットコインを購入してみたいという方は、Zaifの簡単売買を利用してみるとよいでしょう。

レバレッジ取引時、追証なし。最大7.77倍

多くの取引所でレバレッジ取引が可能ですが、Zaifの場合、追証無しで取引することができます。そのため、証拠金の中から損失が出たとしても、追加で請求が来ないようになっているので、証拠金の中だけで安心して取引することができます。なお、レバレッジの倍率は最大7.77倍で、1倍、 2.5倍、 5倍、 7.77倍の4つから選択できます。

Zaifのデメリット

ウェブやアプリが使いにくい

様々なサービスが充実しているZaifですが、デメリットも存在します。その一つがウェブやアプリが使いにくいということです。

そこまで頻繁に取引をしない人にとってはあまり大きな問題ではありませんが、何度も取引を行う人にとって、ウェブやアプリの使いやすさは大事なポイントの一つです。

Zaifの場合、管理画面が若干見にくく、例えばウェブの取引画面では各コインの相場を一覧表示することができず、下の画面に示したように、いちいち取引したいコインをプルダウンから選択しないと見ることができません。

アプリも同じようなものなので、この取引画面はぜひ改善して欲しいところです。

登録に時間がかかる

Zaifの悪い評判の一つが、口座の開設に時間がかかるということです。どこの取引所でも本人確認書類を郵送して本人確認をする必要がありますが、Zaifではその確認作業に数週間かかることがあるようです。

現時点ではどうしようもないので、Zaifでの口座開設を希望している方は、なるべく早く口座登録申請を始めてしまうことをお勧めします。仮想通貨取引において、一つの取引所しか利用しないのはリスクが大きいです。そのため、複数の取引所を開設したほうがよいので、Zaifの登録申請をしつつ、その間にビットフライヤーやビットバンクなど他の取引所での登録して取引を始めるのも一つの手です。

登録方法

Zaifでの口座登録は公式HPトップから可能です。

他の取引所と大差はありませんが、基本的に必要となるものは以下の通りです。

  • 登録用メールアドレス
  • 銀行口座
  • パスポートや運転免許証などの本人確認書類

デメリットとして上述した通り、登録には時間がかかってしまいます。登録するだけなら無料ですので、仮想通貨取引に興味をお持ちの方は先に登録作業だけでも進めてしまっておいたほうがよいでしょう。

基本情報

取引所名

Zaif

運営組織

テックビューロ株式会社

代表取締役

朝山貴生

取り扱い銘柄数

15種類

入出金手数料

入金:無料 出金:350756

公式サイト

https://zaif.jp/

まとめ

  • ビットコイン取引手数料が無料
  • コイン積立機能
  • 取り扱い銘柄が豊富
  • ビットコイン・モナコインの簡単売買