なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    409,719円

  • ETHETH

    13,653円

  • ETCETC

    487.57円

  • LTCLTC

    3,574.8円

  • BCHBCH

    14,323円

  • XRPXRP

    36.277円

  • LSKLSK

    0.0000円

  • XEMXEM

    6.2922円

2018年版 まだまだこれから! おすすめ「ICO」3選

2017年には多くの仮想通貨が大きく発展し、価格が数十倍、数百倍と上昇した通貨も少なくありません。まさに「仮想通貨元年」と呼ばれるにふさわしい年となりました。また大きく価格が上昇した通貨の中には、「ICO」から生まれた通貨も多く存在し、ICOは大変注目されるようになりました。 

では2018年の仮想通貨事情はどうでしょうか。残念ですが、序盤から多くの通貨が大きく価格を落としてしまっています。少しずつ価格が回復している通貨もありますが、まだ全体が元の相場に戻るには時間がかかりそうです。

しかし、2018年のICO案件は決して暗くはありません。期待できる魅力的な案件が今年もいくつもありそうです。今回はその中から、これからでも購入できるおすすめのICO案件を3件ほどリストアップしてみました。どれも興味深い案件だと思います。「まだICO未挑戦だけど、これから挑戦してみたい」と思っていた方も、ICOに対して不安がある方も、この記事を読んでみてぜひ投資を検討してみてください。

それでは、ひとつずつ詳しく説明していきたいと思います。 

REGAIN(リゲイン)

それでは一つ目の案件、「REGAIN」です。こちらは「Dan Affleck」氏がCEOを務めている、マイニング配当型のICOになります。「REGAIN」は「現在のビットコインのマイニングの独占状況の改善」を理念として掲げているプロジェクトです。まずはこの「REGAIN」のプロジェクトについてお話します。 

「REGAIN」のプロジェクトとは

「REGAIN」のプロジェクトについてお話する前に、まずは「ビットコインのマイニングの独占状況」についてご説明します。ビットコインのマイニングは、膨大な計算を最も早く解いた者に報酬が支払われる仕組みになっており、ビットコインが生まれた当初は、個人でも参加できるようなものでした。しかし、マイニング自体の難易度が向上してしまったこと、そして「ASIC」というマイニング専用のマシンが登場したこと、このような原因から現在では、中国の「Bitmain」という会社がマイニング市場を独占しており、資本力の小さな企業や個人がマイニングに参加することは、大変難しくなっています。そのため現在ビットコインは価格が不安定となり、信頼性の低下を引き起こす事態となりました。

そこでREGAIN社はこの状況を改善するため、「ASIC」を凌ぐ性能をもつ、「ASIC HardMiner」というマイニングマシンを開発しました。「ASIC HardMiner」は、「計算スピード」「省電力性」「冷却性」というマイニングマシンにおいて最重要とされるこの3点において、「ASIC」を上回る性能を持つと発表されています。      

その後、REGAIN社はマシンの販売は行わず、新規発行する通貨の所持者とマイニング報酬を1:1で分けるという仕組みを作り、誰でもマイニングに参加できるようになるプロジェクトを打ち立てました。それが今回ご説明するICO、「REGAIN」です。

次は、「REGAIN」で新規発行する通貨について説明していきましょう。

REGトークンについて

「REGAIN」では新規発行する通貨の所持者とマイニング報酬を1:1で分ける、と先ほどお話しました。その新規発行する通貨が「REGトークン」です。REGトークンを所持者には、REGAIN社が受け取るマイニング報酬の6割が分配されます。これはビットコイン全体のマイニング量の3割に相当します。月利にすると約12.4%の分配金となっています。これは他の配当型ICOと比べても、かなり高利なものです。

こちらを「Corda」という秘匿性の高いプラットフォーム上で発行し、ICOを実施しています。

次は「REGAIN」のスケジュールを公開します。

ICOスケジュール

「REGAIN」のクラウドセールは4段階のステージに分かれていて、現在は2ステージのクラウドセールが開催中となっています。

ステージ

価格

日程

ステージ1

1REG/4,000USドル

2017.12.22~2018.2.2

ステージ2

1REG/4,400USドル

2018.4.1~2018.5.15

ステージ3

1REG/5,200USドル

2018.7.1~2018.8.15

ステージ4

1REG/4,000USドル

2018.10.1~2018.11.15

 「REGAIN」については以上となります。とても魅力的な案件だと筆者は感じました。しかしまだまだ魅力的な案件はあります。それでは次のICOをご紹介しましょう。 

Unizon(ユニゾン)

次にご紹介する案件は、「Unizon」です。CEOは「Donald Barnes」氏が務めております。「Unizon」は、保険のニーズの多様化に対応可能な、「相互扶助のプラットフォーム」の構築をプロジェクトとして掲げています。これは現在実現不可な保険形態の作成、低所得者などの保険の提供が不十分な人々への保険の提供を目的としたものです。ではこの「Unizon」のプロジェクトについてお話しましょう。

「Unizon」のプロジェクトとは

昨今の保険事情は、数々の問題を抱えています。「ハイコストな業務運営費」「運用リスク」「加入者による不払い問題」「低所得者向けの保険の苦戦」「死差益」などが問題として掲げられています。この数々の問題を解決するためのプロジェクトが「Unizon」です。ブロックチェーンなどの新技術によって、この問題を解決に導こうというわけです。

「Unizon」では、この数々の問題に対して、次のようなプログラムの実現を目指します。

「支払った保険料の透明化」

 従来の保険では、保険料がどの様に使われているのかを確認する術がありませんでしたが、加入者同士が相互扶助可能なプラットフォームの開発により、加入者は自身が支払った保険料の明細を常に確認できるようになります。

「加入者による保険形態の自由化」

従来の決まったプランの中から選ぶ形ではなく、加入者が保険の設定を自由に行えるようになります。これによって、所得や年齢などに合わせた、保険のニーズの多様化が実現可能になります。

「利用者による保険プランの企画」

事業者が管理するわけではなく、利用者が「保険プラン設計システム」を使用して、保険プランの企画をします。この「保険プラン設計システム」では、一般の人にも簡単に保険プランの企画ができるようになります。なお企画者には最大で3%となる、一定の割合の報酬が支払われます。

まとめると、多くの企画者による、膨大な保険プランからニーズにあったプランを選択でき、自身が企画者になることができるシステムとなっています。

「想定外の事態に備えた救済プールの設計」

保険料の3%が救済プールに保管され、緊急時に備えることができます。

「手数料のローコスト化」

手数料の合計が7~10%と、従来のもの保険よりも安くなっています。従来の保険では、ライフプランナーや営業に対する手数料のみで10~20%が相場です。

 

以上の保険プログラムの実現により、これからの保険業界は大きく成長すると見られています。また、2018年9月に取引所への上場がすでに決まっており、大変注目を浴びている案件となっています。

それでは次は、「Unizon」のスケジュールについてご説明させていただきます。

ICOスケジュール

「Unizon」は、アーリーバードステージ、ミドルステージ、ファイナルステージと3段階のステージが設定されており、次回はミドルステージとなっています。早ければ早いほど高比率なボーナスが付与されるので、投資をされる方はなるべく早い投資をおすすめ致します。スケジュールは以下のようになっています。

アーリーバードステージ(終了)

上限

ボーナス

期間

40,000,000

100%

3.15~3.17

20,000,000

75%

3.17~3.20

20,000,000

50%

3.20~3.31

 

上限

ボーナス

期間

30,000,000

30%

3.15~3.17

20,000,000

15%

5.22~5.31

 

上限

ボーナス

期間

30,000,000

10%

7.15~7.22

20,000,000

0%

7.22~7.31

 以上が『Unizon」でした。ボーナスを無視しても、今後伸びる可能性が高い興味深い案件だと思うのでぜひご検討ください。それでは最後のICOをご紹介します。 

 UbcoinMarket(ユービーコインマーケット)

  

最後にご紹介するICOは「UbcoinMarket」です。CEOは「Felix Khachatryan」氏です。「UbcoinMarket」は仮想通貨による売買が可能な「世界規模のモバイルマーケットプレイス」をプロジェクトとして掲げています。こちらはイーサリアムで使われているスマートコントラクトという技術の活用で、「自身の所有物を販売し、簡単に仮想通貨所持者になれること」「仮想通貨で商品の購入ができること」を目指したものです。それでは「UbcoinMarket」のプロジェクトについてお話していきましょう。

「UbcoinMarket」のプロジェクトとは

「UbcoinMarket」既に開発済みの「Ubank」というモバイルアプリを拡張したものです。「Ubank」は2009年に生まれ、現在は累計1600万インストールで、MAUは250万人という実績のあるアプリです。こちらを仮想通貨に対応したものへと発展させるプロジェクトが「UbcoinMarket」になります。既に「SAMSUNG」や「Mastercard」との提携が決まっていることもあり、信頼性も高く、興味深いプロジェクトだと注目を集めています。

またこちらの収益は、「手数料収入」と「広告収入」であると予定されています。手数料は、売却した側に発生し、購入者には発生しません。また高級品の販売には特別な手数料をが発生すること、オークション方式で最低売却価格を上回った場合に手数料が発生することが発表されています。また広告収入においては、セグメント分けをして、ターゲッティング配信ができたり、デモトレードに対応いたツールの販売などが絡んでくるようです。

それでは次は「UbcoinMarket」のスケジュールについてご説明いたします。

ICOスケジュール

「UbcoinMarket」のICOスケジュールは以下のように設定されており、早く参加することで割引額が大きくなるようです。こちらも投資の際は、なるべく早い段階での投資をおすすめいたします。次のクラウドセールはICO2ステージの予定となっています。

ステージ

購入条件

日程

プライベートセール

1ETH/18,667UBC(5ETHから購入可能)

2017.3.10~2018.3.31

ICOステージ1

1ETH/11,200UBC(29%割引)

2018.4.2~2018.4.21

ICOステージ2

1ETH/9,280UBC(14%割引)

2018.4.22~2018.5.11

ICOステージ3

1ETH/8,000UBC

2018.5.12~2018.5.31

 ハードキャップは40億UBCとなっており、到達時点でクラウドセールは終了となります。

こちらもプロジェクトが魅力的な、興味深い案件でした。以上で「UbcoinMarket」についての説明は最後になります。

さいごに

3件とも大変興味深い案件でした。筆者個人としても、伸び代を感じる、投資しがいのあるICOでした。興味のある方はぜひ挑戦してみてください。

しかしリスクはもちろんあります。ICOはしばらく通貨の売買はできなくなりますし、プロジェクトが失敗に終われば価値が暴落することもあります。魅力がリスクを超えらるかどうかが投資のポイントかもしれませんね。自己責任で、ご注意の上、投資をご検討ください。最後までお読みいただきありがとうございました。