なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    625,486円

  • ETHETH

    19,709円

  • ETCETC

    839.75円

  • LTCLTC

    4,738.0円

  • BCHBCH

    43,861円

  • XRPXRP

    54.202円

  • LSKLSK

    241.66円

  • XEMXEM

    10.491円

Siacoinとは?特徴、将来性を徹底解説!

仮想通貨はここ数年でかなりポピュラーになり、一般にもその名を広く知られるようになりました。しかし、多くの人は「オンラインの通貨」といったぼんやりした認識しか抱いていないのが現状です。しかし、仮想通貨の中には通貨としての機能の他にもさまざまな役割を付与されたものがあります。今回はそんなコインの中でもシアコイン(Siacoin)について、概要や将来性を解説していきます。投資を検討している方必見です!

Siacoinの概要

 

シアコイン(Siacoin)は、略号がSCの仮想通貨です。仮想通貨の多くは略号が3文字なので、2文字に略される通貨は珍しいです。公開年度は2015年と、仮想通貨としては中堅くらいの歴史を持つ通貨です。

シアコインの一番の特徴は、個人が保有しているパソコンの空き容量を有効活用することを目指す仮想通貨であるという点です。ストレージに空き容量のあるPCを保有する個人は、空き容量を貸し出すことで対価としてシアコインを受け取ることができるのです。

貸し出す側としては空いているストレージを貸すだけで報酬を受け取れるというメリットがあり、ストレージの利用者はDropboxやGoogle Driveといった従来のクラウドサービスよりも低コストで利用できるというメリットがあります。

シアコインが目指すストレージのあり方

シアコインはストレージを提供するとお話ししましたが、いったいどのようなストレージの在り方を目指しているのでしょうか。それを説明するためにはまず既存のクラウドサービスについて利点と欠点を押さえておく必要があります。

クラウドサービスとは

クラウドサービスとは、データをインターネット上に保存するネットワークサービスです。通常、パソコンが破損すると中のデータも一緒に破損してしまうケースが多いですが、クラウドサービスを利用すればパソコンが故障してもデータが安全であり、またネット環境さえあればどこからでもアクセス可能となります。その利便性の高さから、個人・企業の両方で広く普及が進んでいるサービスです。

例えば、旅先で撮影した写真をクラウド上に上がればその写真をリアルタイムに自宅で見ることができます。また、職場で保存したワードファイルを家から編集できる他、複数人で編集したい場合もわざわざファイルを送り合うことなくファイルを開くことが可能です。他にも、パソコンが壊れてしまっても別のパソコンを使ってデータを見れる点も非常に便利です。利便性の高さからデータ管理手法や働き方にまで影響を与えてきたクラウドサービスですが、依然として問題点はあります。

既存のクラウドサービスの問題点

クラウドサービスは前述の通り非常に便利なサービスですが、いくつか未解決の問題もあります。主な2つを以下で見ていきましょう。

データサーバーの管理コスト

企向けのクラウドサービスと言えば、有名なサービスだとアマゾンのAWS、グーグルのGoogle drive、Dropboxなどが挙げられます。これらのサービスの運営会社は、効率よくクラウドサービスを運営するため、ユーザーから預かったデータを全てデータセンターとよばれる巨大な施設に集めて保存していました。

しかしこの方法だとハッカーに狙われてしまうリスクや自然災害などでサーバーが破壊されてデータが消失するリスク、サーバーセンターが物理的な攻撃を受けてしまうリスクがあります。万一の場合にはデータが消失するのを避けるためにはバックアップを用意したり、サーバーを分散させるなどの対策が必要となり、結局管理コストは増加してしまいます。

検閲問題:プライバシーは本当に保たれている?

私たちがクラウドに保存するファイルは、一見機密性が保たれているように感じられますが、クラウドサービスを管理する企業は内容を閲覧することができてしまいます。グーグルドライブを利用する際に同意する規約においても、グーグルが保存ファイルの内容を利用できることが明記されています。また、政府も同様に、必要な際にファイルを検閲することができてしまいます

シアコインが提供するソリューション

先述のクラウドサービスにおける問題を回避するのが分散型クラウドという技術であり、シアコインにおいても採用されている技術です。分散型クラウドではデータを1箇所のサーバーに集めるかわりにブロックチェーンの技術を応用して世界中の無数の端末に分散して保存します分散型クラウドは既存のクラウドサービスと比べて安全性が格段に高く、サービスの運営効率も高くなります。

分散型クラウド技術の中核を成すのが仮想通貨でおなじみのブロックチェーン技術です。ブロックチェーン技術では現在までに不正が行われたことは一度も無く、さらにデータセンターの管理やバックアップを取得する必要も無いことから管理コストも非常に低く抑えることができます。また、データを分散して保存するため、ハッカーによる攻撃の標的にもなりにくくなっています。

また、分散型クラウドを利用すると誰がいかなる理由があろうと他人のデータを除き見ることはできません。他人のパソコンにデータが入っていても鍵を保有している人にしかデータを閲覧することができないのです。これによって、検閲問題をクリアすることができるようになりました。以前までは、顧客の個人情報を預かる企業は情報の流出を避けるために自前でクラウドサーバーを構築したりして管理をする必要がありましたが、分散型クラウドを利用すれば流出の恐れなく安全に情報を管理することができるようになります。

シアコインのメリット・デメリット

シアコインが実現しようとしている内容やその手段についてはここまでの説明でご理解頂けたのではないでしょうか。ここからは実際に投資や利用を検討する方向けにメリット・デメリットという観点からシアコインを紹介していきます。

シアコインのメリット

①クラウドサービスの利用料が既存のクラウドと比べてリーズナブル

シアコインが提供する分散型クラウドは既存のクラウドストレージサービスより圧倒的安価で利用することができます。より安全性が高くしかも安価であるとくれば利用しない手は無いのではないでしょうか。具体的に言うと、月々100円程度の料金で安全かつ巨大なクラウドストレージを利用することができます。企業が利用するメリットとしては従来サービスよりも安価に利用できる点も勿論挙げられますが、同時に管理コストを軽減することもできてしまいます。シアコインはストレージの利用量に応じて自動的に金額を計算し口座から引き落としをしてくれるのです。引き落とされたお金はシアコインとして貸し出した人に支払われます。

②高度に冗長である

シアコインでは世界中の数十のノードに小さなファイルを保存しています。従って、シングルポイント障害が回避できるので他のクラウドストレージプロバイダと比較して安定稼働時間は最高水準となっています。

③開発がオープンソースで行われている

シアコインの開発は完全にオープンソースで行われています。現状、数十人がシアコインのソフトウェア開発に貢献しており、シアコインのプラットフォーム上に新しいアプリケーションを構築しようとする動きが活発になっています。将来の利便性アップや関連サービスの充実が大いに期待されます。

④パソコンの空き容量を貸出して気軽にコインを得ることができる

ストレージの容量が必要な個人・企業がお金を払ってクラウドサービスを利用している一方で、世界中の大半のパソコンには空きスペースが豊富に眠っています。その使わないスペースをクラウドストレージとして気軽に貸出し報酬を得る事ができるので、借りる側にとっても貸し出す側にとっても大きなメリットのあるサービスであると言えます。

シアコインのデメリット

①一般ユーザーには使いづらい

シアコインが提供しているサービスは非常に有益なものではありますが、一般個人用というよりは企業向けサービスといった意味合いが強く、一般ユーザーにとってはなかなか使いづらいかもしれません。シアコインとよく似た仮想通貨であるStorjが提供しているクラウドサービスは、より一般ユーザーにとっても親しみやすいユーザーインターフェースを備えており、ユーザーフレンドリーなサービスと言えるかもしれません。この2つのサービスの比較については後で詳述します。

②日本国内の取引所ではシアコインが扱われていない

2018年6月現在、日本の仮想通貨取引所においてはシアコインの取り扱いがありません。ストレージのサービスを利用したり、マイニングやストレージの貸し出しで得たコインを別のコインに換えたいという方は海外の取引所を介する必要があります。海外の取引所からコインを購入する際には日本の取引所にて保有するビットコイン等を使う必要があるため、やや煩雑に感じられるかもしれません。

Siacoin(シアコイン)を実際に利用する方法

非常に便利なストレージ機能を備えたシアコイン。しかし、実際に利用するのが難しかったらなかなか利用者は増えません。しかし、実はシアコインの利用は非常に簡単なのです。以下ではファイルの保管、余剰ストレージの提供によってシアコインを稼ぐ手順、そしてマイニングによってシアコインを稼ぐ手順の3つについてそれぞれ紹介していきます。

ファイル保管編

シアコインの公式HPからSia-UIをダウンロードすると、誰でもファイルの保管機能を利用することができるようになります。価格は1TBという非常に大容量を購入した場合であっても月々200円前後と、非常にリーズナブルになっています。もし既存のクラウドサービスで同水準のファイルを保管しようとすればおよそ10倍程の金額が必要になってきます。

利用手順も非常に簡単で、以下の手順で誰でも簡単にできます。非常に簡単ではあるものの、一般ユーザー向けに配慮の行き届いたユーザーインターフェイスであるとは言いがたいので、一度確認してみることをおススメします。

  1. Sia-UIを公式HPからダウンロードする
  2. シアコインを購入する(国内取引所では販売されていないので、ビットコインを購入してビットコインにて購入する)
  3. ファイルをアップロードする
  4. ストレージのガイドに従って操作する

ストレージの提供によってシアコインを稼ぐ編

  1. Sia-UIを公式HPからダウンロードする
  2. ストレージの容量・価格を選ぶ
  3. Siaユーザーから報酬のシアコインを受け取る

シアコインをマイニングによって稼ぐ編

  1. 公式HPからSia Minerをダウンロードする
  2. Siaネットワークの安全性に貢献する
  3. 保守に対する報酬としてシアコインを受け取る

類似の仮想通貨比較:シアコインVSストレージ&メイドセーフコイン

シアコインと同様にストレージサービスを売りにしている仮想通貨に「ストレージ(Storj)」「メイドセーフコイン(Maidsafe)」があります。投資家、またクラウドサービスを検討する立場としてはどのコインが一番有能かが気になるところです。ストレージとメイドセーフコインをシアコインと比較すると以下のようになります。

  • ストレージは一般ユーザー向けに作られたサービスであり使いやすい一方、安全面ではまだまだ不安が残る。
  • メイドセーフコインはストレージサービスに特化せず、分散型ネットワークを構築することを目標としている。従って、実現された暁には高い汎用性のある有力な通貨になる可能性が高いが、実装にはまだまだ時間がかかる

どのコインにも利点がありますが、現状安全面での評価が高く、ある程度実装も進んでいるシアコインが頭一つ飛び抜けている印象です。また、シアコインはBtoBのサービスを視野に入れて展開しているため、将来的に一気に伸長する可能性を秘めていると言えます。

シアコインを購入する方法

2018年6月現在において、国内の取引所ではシアコインを購入することができません。海外の取引所では、Upbitが一番取引量が多いです。一方、Uqbitは使用感が悪いとの評判が多いため、まだ口座を開設していないという方にはPoloniex(ポロニエックス)Bittrex(ビットレックス)などがおすすめです。海外取引所を利用する場合、国内取引所にて購入したビットコインを送金し、ビットコインとシアコインを交換することになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。従来のクラウドサービスの問題点をカバーした分散型ストレージの提供を行うシアコインは潜在的需要も大きく、将来的に爆発的に伸びる可能性のある有望コインです。もちろん技術的に今後改善して行くべきポイントもありますが、非常に投資価値の高いコインであると言えるのではないでしょうか。ぜひストレージサービスの利用と併せて投資も検討してみてください。最後まで読んで頂きありがとうございました。