なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    626,244円

  • ETHETH

    19,648円

  • ETCETC

    836.88円

  • LTCLTC

    4,733.1円

  • BCHBCH

    43,895円

  • XRPXRP

    53.989円

  • LSKLSK

    242.48円

  • XEMXEM

    10.483円

Bitshares(BTS)とは?概要や将来性を徹底解説

ビットコインやイーサリアムに投資するのはもはや当たり前の世の中。仮想通貨投資に積極的な方の中には今後の伸び率が大きそうなアルトコインに投資をしている、又はしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。今回はそんな方のために筆者のおすすめコイン「Bitshares」(ビットシェアーズ)を紹介します。ぜひ投資の参考にしてみてください。

ビットシェアーズの概要

BitShares(ビットシェアーズ)はBTSの略称で呼ばれる仮想通貨で、2014年に公開されました。取引承認システムには、PoS(Proof of Stake)を発展させたDPoS(Delegated Proof of Stake)を採用しています。

2014年末に開発チーム内で対立があり、その際にBitShares XからBitShares(BTS)に、そこからさらに改良を加えてBitShares 2.0に進化しました。BitShares1.0では開発チームがBitSharesの開発と方向性を中央集権的に管理していたのに対し、BitShares 2.0では開発の方向性がステークホルダーの投票による承認で決定される仕組みになりました。

ビットシェアーズの目的

ビットシェアーズの主な目的は、ビジネスのための金融プラットフォームとしての発展であり、そのために、ビットシェアーズのメインブロックチェーンを拡張してDACの整備・構築を行なっています。

DACとは「Distributed autonomous company」や「Decentralized automated corporation」の略称で、「分散型自動化企業」や「分散自立型組織」のことです。これは多くの暗号化通貨とは対照的な動きと言えます。

つまり、ビットシェアーズが構築しようとしているのは「様々なビジネスを人の手を介さずに自動で運用するための仕組み」であり、これをブロックチェーン技術を用いて実現させようとしているのです。

例として、間に企業を介することなく売り手と買い手が音楽の売買を直接行う方式(P2P方式)の実用化を目指しています。もし実現した場合、技術を応用すればマンガや書籍、映像などのさまざまなコンテンツを同プラットフォーム上で取引できるようになるかもしれません。

ビットシェアーズの特徴

ここまで、ビットシェアーズの概要や方向性についてお話ししてきました。ビットシェアーズがどんなところを目指しているのかはご理解頂けたと思いますが、投資を判断する上で大切なのは実際にどんな特徴を持っているかを知ることです。そこでこちらではビットシェアーズの特徴について一つずつ紹介していきます。

ビットシェアーズにおける3つの役割

Bitsharesのネットワーク上には3つの役割が存在します。それがwitness(証人)、committee(委員)、worker(労働者)です。それぞれの役割について詳しく見ていきましょう。

Witness(証人)

ビットシェアーズにおける取引の承認者を行うのがWitness(証人)です。後述する承認アルゴリズムDPoSにおいては、一つの取引ごとに複数人の証人を選出します。選出された証人はトランザクションを収集しブロックにまとめ、ブロックに署名し、ネットワークにブロードキャストすることで取引を承認します。

Committee(委員)

ビットシェアーズのブロックチェーンの仕様等の変更を提案する人です。先述の通り、BitShares 2.0では開発の方向性がステークホルダーの投票によって承認で決定する仕組みを採用しています。ブロックの生成間隔、取引手数料、証人への報酬金額等が対象です。

なお、ブロックチェーンのさらに根幹に関わる仕様変更(ハードフォーク)等の提案はwitnessによる投票プロセスによって実行されます。

Worker(労働者)

ビットシェアーズの将来を考え、発展に寄与するような提案を行ったり実行する人のことを労働者と呼びます。機能の拡張な、ブロックエクスプローラーなどの外部ツールの開発などに関する提案を行います。提案の際には仕事の開始日/終了日、報酬、仕事内容等を自分で定めて提案する必要があります。提案が投票により可決されると準備金プールから給料が支払われることとなります。

取引承認システムとしてDPoSを採用

DPoSシステムにおいて、取引の承認は20人前後のwitnessによって行われます。証人には誰でもなることができますが、BTS保有者の投票によって選ばれます。この投票権はBTSの保有量によって割り当てられますが、投票権は他人に譲渡することも可能です。承認を行うと報酬が得られますが、その順番は一定時間ごとにしか回ってきません。

かつては101人の証人によって認証を行なっていましたが、人数を減らしてもセキュリティ上の問題はなく、逆に支払う総報酬が多くなりコストがかさんだり投票者による証人評価が困難になることを鑑みて20人前後にまで減らされました。

werプラットフォーム

ビットシェアーズにはさまざまな特徴がありますが、中でも最大の特徴と言えるのが「OpenLedger」というプラットフォームです。ここではビットシェアーズの売買やドルとの交換をすることができます。仮想通貨の取引所と似ていますが、一般の取引所と違う点は経営主体が無い非中央集権的な取引所(分散型取引所)であるという点です。

従って、マウントゴックス事件のような管理者によるコインの着服などの不祥事が起こらないという利点があります。ほとんどの人はBTSをマイニングで入手することができないので、OpenLedgerを通して手に入れるのが一般的な方法です。

仮想通貨取引ができるプラットフォームという点ではRippleと近い仕組みです。ただ、Rippleはゲートウェイという第三者を介している点でBitSheresとは異なります。

アフィリエイトシステム「リファーラルプログラム」と会員システム

ビットシェアーズではリファーラルプログラムと呼ばれるアフィリエイトシステムを採用しています。

ビットシェアーズの新規利用者を紹介すると、被紹介者が支払う手数料のうち8割がもらえるというものです。他に同様のシステムを導入している仮想通貨は少なく、かなり珍しいシステムと言えます。これはPaypalと呼ばれるアメリカ有数の決済サービスのビジネスモデルを参考にしてるためです。Paypalでは元々テレビコマーシャルなどに頼って事業拡大を目論みましたが思うように利用者が伸びませんでした。ところがアフィリエイトシステムを導入した途端に利用者は爆発的に増え、今ではアメリカ随一の決済サービスとなったのです。

ビットシェアーズのリファーラルプログラムには3つの会員ランクが存在します。Basic Account(基本アカウント)とAnnual Member(年会メンバー)、Lifetime Member(生涯メンバー)の3タイプです。

Basic Account

普通に登録した場合はBasic Accountとなります。口座作成・維持ともに無料です。

Annual Member

20ドルを支払うと一年間だけLifetime Memberと同等の資格を得ます。ライフタイムメンバーになるための金額が100ドルであることを考えると多少割高です。

Lifetime Member

100ドルを支払うとライフタイムメンバーになります。ビットシェアーズ上で支払う全ての手数料が80%キャッシュバックされる他、自分が紹介したユーザーから発生する手数料のうち80%が手元に入るようになります。

ビットシェアーズは、各アカウントで生涯発生する手数料は平均100ドルを超えると見積もっています。つまり、単純計算で一人紹介するごとに80ドルの収入が入ることになります。ただし、キャッシュバック率はビットシェアーズの所有者による投票次第では変更となる可能性がありますので注意が必要です。

スマートコイン(SmartCoin)などの商品

SmartCoinは、ビットシェアーズの3つの中核製品の一つです。ちなみに他の中核製品はMarket Pegged Asset(MPA)とBitAssetがありますが、こちらでは一番メジャーなスマートコインのみを紹介します。

スマートコインは、値が米ドルや金などの別の資産の値に固定されています。常にBTSの100%以上の価値を保有しており、信頼できる価格で設定された為替レートでいつでも交換することができます。非常に極端な一部の市場状況を除き、スマートコインは額面以上の価値があることがいつでも保証されています。

スマートコインの種類としてはbitUSD、bitJPY、bitBTC、bitGOLDなどがあります。これは現実のUSD価格やJPY価格、金価格に連動しており、BTSを担保に法定通貨や価値が比較的安定したBTC、金などが手に入る仕組みをとなっています。

スマートコイントレード用の金融商品として利用されるほか、他ユーザーと交換可能で価値が一定であることから通常のドルや円と同様に商品・サービス購入時の決済にも利用しやすくなっています

Bitsharesを購入できる取引所

残念ながら、国内の取引所ではビットシェアーズを購入できません。

世界最大のアルトコイン取引所であるPoloniex(ポロニエックス)やBittrex(ビットレックス)などでも購入が可能なので、国内で口座を開設した上でBTCなどで送金し購入する必要があります。

ポロニエックスは70以上のコインを扱っている上に手数料も安いので、慣れておくとアルトコイン投資をする際に非常に便利です。

Bitsharesの将来性

ビットシェアーズは2014年の公開以来、1BTS=0.4円前後の価格をキープしていました。2017年に仮想通貨投資ブームが訪れた際に一気に100倍の1BTS=40円まで価格が跳ね上がりました。2017年5月には仮想通貨全体の価格が上昇していますが、中でも目を見張る大きな値動きだったと言えます。

ブームが落ち着いた後は1BTS=10〜20円程度で推移しており、仮想通貨の時価総額ランキングでは20位前後にランクインしています。評価は高いものの知名度が低いため価格が抑えられており、投資するなら今がチャンスかもしれません

中でも、スマートコインに対する期待値は非常に高いと言えます。スマートコインのアイデアを採用するコインは他にもありますが、その多くでは資産凍結を受けた際に価値が0になってしまうリスクを回避できません。一方、ブロックチェーン技術を用いたビットシェアーズは発行元の経営状態に価値が左右されることがないのです。

いわば、法定通貨と仮想通貨の良いところを併せ持ったのがビットシェアーズと言えます。地政学的な条件に左右されず、価値も担保されているという利点は将来的にも評価される可能性が高いのではないでしょうか。

まとめ

ビットシェアーズはビットコイン、リップルなどの有名通貨と似た特徴を持っていると言われることが多いです。しかし、その特徴を細かく見ていくおビットシェアーズ独自の特徴や魅力を持っていることがお分かり頂けたのではないでしょうか。

非常に汎用性の高い機能を待っており将来的に大きく伸びる可能性を秘めたコインなので、気になった方はぜひ投資を検討して見てください。最後までお読み頂きありがとうございました。