なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    386,772円

  • ETHETH

    10,010円

  • ETCETC

    445.77円

  • LTCLTC

    2,723.1円

  • BCHBCH

    11,577円

  • XRPXRP

    34.010円

  • LSKLSK

    0.0000円

  • XEMXEM

    7.9514円

仮想通貨0x(ゼロエックス)とは?

導入

出典:https://0xproject.com/

イーサリアムのDaapsは、スマートコントラクトを搭載した分散型アプリケーションとして画期的な開発であり、多くの開発者により利用されています。

ICOの際には、ERC20準拠のトークンを活用してプロジェクトを始動するケースも増えています。そういった独自トークンは、イーサリアムエコシステムにおいて、その独自トークンが使用されるDaapで開発されたアプリケーション上のみでしか使用できず、他Daapプロジェクトとの連携がとれず、流動性が低いという問題点を抱えます。

イーサリアム上で分散型アプリケーションを動かす燃料となるGasの役割をするネイティブ通貨Etherと独自トークンを繋げることで、中央管理の取引所を介する必要のない、即自的な交換を目指します

0x(ゼロエックス)とは

仮想通貨0x(ゼロエックス)は、イーサリアムのDaap上で設計・開発された独自トークンの交換をスムーズに行うことを目的にして開発されました。

リレイヤーというオーダーブックの管理者をオフチェーン上で採用して、実際の約定をオンチェーンで実行することで、分散型取引所を実現しました。

仮想通貨名

0x(ゼロエックス)

通貨単位

ZRX

公開日

2017年9月

認証アルゴリズム

PoW(Proof of Work)

公式サイト

https://0xproject.com/

ホワイトペーパー

https://www.0xproject.com/pdfs/0x_white_paper.pdf

 

0x(ゼロエックス)の特徴

分散型取引所(DEX)

イーサリアムエコシステムにおけるネイティブ通貨であるEtherは分散型アプリケーションを動かす燃料としての役割と、ビットコインに次ぐ基軸通貨としての需要があります。

そして、分散型アプリケーションの開発を促進するために作られたERC20準拠トークンは、様々なイーサリアムエコシステムにおける規約(ルール)を守っており新たにいちから開発せずにスマートコントラクトを搭載した分散型アプリケーションを開発することができるとのことで、多くの開発者が利用しました。

ですが、ネイティブ通貨EtherとERC20準拠トークンとは、規格が違っており、直接的な交換ができないという致命的な欠点を抱えます

なので、中央管理の取引所を介して、その規格の違いを解決する必要があります。そのため手間が掛かってしまい、十分な流動性が担保されません。

この課題を解決するのが、0xプロトコルです。0xプロトコルを利用することで、異なる独自トークンどうしの交換を可能にします。

この交換の際に、0xプラットフォームにおける分散型取引所を活用する仕組みを提供します。

分散型取引所とは、取引を管理する中央管理者のいない取引所のことで、P2P(個人間)で仮想通貨の売買を実現します。

この分散型取引所を介することで、秘密鍵を個人で管理することによるセキュリティ対策や直接的な取引の活性化による流動性など、既存の中央管理の取引所にかわる選択肢として注目が高まっています。

relayer(リレイヤー)によるOreder Book(オーダーブック)の管理

出典:https://0xproject.com/

仮想通貨の売買を促進するマーケットを作るために、注文を出すための場所が必要です。しかしながら現実問題として、マーケットの運営にはコストが掛かるのでインセンティブなしでは誰もやりたがらないのが現状です。

そこで、0xではマーケットの運営、ないしはオーダーブック(注文板)の管理を行うものに取引手数料を設定し徴収する仕組みを導入しています

リレイヤーと呼ばれる管理者はオーダーブックをオフチェーンで管理するため、オーダーの約定はできず、管理者の信用を必要としないトラストレスの分散型取引所が実現されます。

オフチェーンの導入

出典:https://0xproject.com/

0x上の分散型取引所における売買は、オンチェーンのスマートコントラクト上で実行され、オーダーブックの管理はオフチェーンで行う仕組みにしています。

0x(ゼロエックス)のチャート

出典:CoinGecko

仮想通貨0x(ゼロエックス)は、2017年9月のICO後殆ど値を付けない時期が続きましたが、2017年12月ごろから値上がりはじめ、2018年1月の仮想通貨市場全体の高騰に伴い、2.5ドル近くの最高値を付けています。現在は、1~1.5ドル程で落ち着いています。

0x(ゼロエックス)の将来性

分散型取引の難しさとその現状

0xプロトコルを用いリレイヤーのひとつであるRaderを例にとってみると、Maker手数料が0.45%、Taker手数料が0.7%と、既存の中央管理の取引所と比較して高めとなっています。

実際問題として、オーダーブックを管理するのにかかる費用以上の利益がないとインセンティブは満たされず、リレイヤー自身が自分自身で手数料を設定することができることもあり、こういった現状となっています。

結局、オーダーブックも取引の約定も、大きなパイで行う取引所の方が手数料やスプレッドにおいて優位性をもっています。カウンターパーティーリスクや法規制によって制限されてしまう取引所としての脆弱性を指摘される部分もありますが、いまのところは、そういったリスクを抱えながらも、分散型取引所の進展を見守るというのがよさそうです。

*Maker手数料とTaker手数料

取引所では仮想通貨の売買に板への注文形式をとります。

Makerは買いたい人が板上で金額を設定し、その金額で売ってくれる人が現れるまで取引成立しない取引方法です。対して、Takerは、板状にある金額における既存の注文で取引を行う取引方法です。

 

共通の0xプロトコルによるエコシステムの強化

出典:https://0xproject.com/

0xプロジェクトは、イーサリアムネットワークにおいて、ほかのプロジェクトに容易に参加して相互運用してネットワークを強化するという目的のもと、開発されています。

プログラムと0x relayer 間の通信方法である標準 relayer APIを採用することで、リレーヤーはユーザーが0xベースの取引所を対象にした自動取引を実行できるだけでなく、リレイヤー自身もよりその必要性の高さからより高い金額の受注伝票と厳しい幅のスプレッドという可能性を見込むことができます。

*現在の中央取引所のひとつである、GDAXやBitfinexなどが公開する取引データを取得して取引を代理で自動実行するAPIを開発するにしても、仕様が異なるため、相互にサポートするプログラムを作成することは難しいです。

0x(ゼロエックス)を購入できる取引所

出典:CoinGecko

仮想通貨0x(ゼロエックス)の売買のマーケット別ボリュームの順位は、上からBinance(バイナンス)、Poloniex(ポロニエックス)、Upbit(アップビット)、Bittrex(ビトレックス)、OKEx(オーケーイーエックス)、となっています。

他にもHitBTC(ヒットビーティーシー)、Huobi(フオビ)などでも購入できます。

Binance(バイナンス)

Binance(バイナンス)は2017年7月に開設された中国の仮想通貨取引所です。

Google翻訳機能を利用した日本語対応も可能です。

2017年12月には仮想通貨取引量も世界最大となり、取扱通貨も100種類以上と急成長してる仮想通貨取引所です。

また、取引手数料も0.1%と安く、取引所独自のトークンであるBNBを使えば0.05%と破格の安さで売買を行うことができます。

→https://www.binance.com/register.html

Poloniex(ポロ二エックス)

Bitterexと並ぶ有数の規模のアメリカの仮想通貨取引所です。

売買できるアルトコインの種類は64種類だが、アルトコインの取引量は世界トップです。

手数料は最近30日間の平均取引額によって多ければ多いほど安くなる仕組みで、上限がMaker手数料0.15%、Taker手数料0.25%です。

アカウント開設に必要なものは、メールアドレスのみです。

→https://www.poloniex.com

Bittrex(ビトレックス)

アメリカに本拠地を置く世界最大級の仮想通貨取引所です。200種類程度のアルトコインを取り扱います。手数料は0.25%で、Poloniexと比較すると少々手数料が高いかもしれません。

→https://bittrex.com

OKEx(オーケーイーエックス)

OKExは、BinanceやHuobiに並ぶ中国の3大仮想通貨取引所のひとつで、世界最大規模の取引量を誇るため、流動性がたかい点が魅力的です。

現在は香港に拠点をおいており、90種類の仮想通貨を取り扱います。

→https://www.okex.com

まとめ

出典:https://0xproject.com/

仮想通貨0x(ゼロエックス)は、イーサリアムのDaap上で設計・開発された独自トークンの交換をスムーズに行うことを目的にして開発されました。

リレイヤーというオーダーブックの管理者をオフチェーン上で採用して、実際の約定をオンチェーンで実行することで、分散型取引所を実現しました。

取引手数料が高く、実際の利用はまだまだ先の話になりそうだが、中央管理の取引所に頼らず仕様が異なる独自トークンとEtherを結び付ける取り組みとしては画期的です。