なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    624,801円

  • ETHETH

    19,671円

  • ETCETC

    838.32円

  • LTCLTC

    4,720.4円

  • BCHBCH

    43,742円

  • XRPXRP

    54.208円

  • LSKLSK

    243.14円

  • XEMXEM

    10.457円

ファクトム(FCT)ってどんなコイン?特徴や将来性を徹底解説

最近、仮想通貨への投資はかなり一般的になってきており、一部の投資家のみならずサラリーマンや主婦なども気軽に投資を行うようになってきました。ビットコインやイーサリアムのような時価総額の高い有名コインの名前を聞いた事があるという人はかなり多い一方で、まだまだ知名度の低いアルトコインも沢山あります。

今回はその中でも「ファクトム(FCT)」について解説します。コインの特徴や将来性の有無まで気になる情報を徹底解説するので、投資先を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

ファクトムの特徴  

実はファクトムはその目的・使用している技術ともにメジャーな仮想通貨とは大きく異なります。将来性について語るためにはまず通貨の特徴を把握する必要があります。以下をしっかり読んでファクトムの性質を掴んで下さい。

実は通貨ではない?!

仮想通貨のファクトムは、ドキュメント(電子データ)をブロックチェーン上に記録する「分散型のデータ管理プラットフォームです。従って、ビットコインのようなデジタル通貨とは一線を画するものなのです。このようなビットコインブロックチェーンの技術を応用して利用しようとしている通貨のことを「ビットコイン2.0」や「ブロックチェーン2.0」などと呼ぶ事もあります。

ファクトムが作られた目的は登記簿/貸付記録/証券/保険などの記録をビットコインで使われてるブロックチェーン上に管理することです。もし日本で実用化されれば印鑑証明/登記簿などの特定公証として使用できると言われています。

これらの記録書類は大量に存在するので、もし中央集権的なサーバーで管理するとなると管理コストが膨大になります。サーバーダウンといったトラブルに発展してしまう恐れもあります。一方、ファクトムはデータを世界中の分散されたコンピューターで管理するため、安全且つ透明性の高い状態で管理することができます。管理コストも比較的低いです。透明性が高いということで個人情報の漏洩が心配ですが、ファクトムが記録するのはドキュメントのみであることからその心配はありません。

実は通貨の名前は違う?!名前の由来はあの英単語だった

ちなみに、ファクトムは実は通貨名ではなくスタートアップ企業の名前です。Factom.Incはビットコインの技術をベースにデータをブロックチェーン上に記録することに特化したトークンを開発し、2015年に発行しました。ファクトムは会社の名前とお伝えしましたが、発行トークンは「ファクトイド」と名付けられています。但し、取引所等ではコインの方一緒くたにファクトムと呼ばれています。ちなみに「ファクトム」はファクト(Fact/事実)が由来となっています。ドキュメントを正確に保管するというファクトムの目的にぴったりな名前です。

ファクトムの仕組み

ビットコインのスケーラビリティ問題などについて聞いたことがある人であればお気付きかと思いますが、ビットコインのブロックチェーン一つを認証するには約10分かかります。従って、大量のドキュメントを登録、保存しようとすれば膨大な時間が必要になってしまいます。

この問題を踏まえて、ファクトムではファクトム全体で一つのトランザクション(取引)に情報をまとめるシステムを採用しています。これによって、ブロックチェーンに直接データを書き込んだ場合に比べてブロックチェーンに負荷をかけることなく大量のデータを管理することができるのです。

ファクトムに関連するプロジェクト

こちらではファクトムに関連するプロジェクトを紹介します。ファクトムは通貨ではなくデータ管理プラットフォームなので、その用途に将来性があるか否か、またプロジェクトが順調に進むかどうかによって今後ファクトムの価値が上がるかどうかが決まるので、しっかり見極めていきましょう。

ファクトムハーモニー

ファクトムハーモニープロジェクトはアメリカの住宅ローン市場を指向しています。アメリカの住宅ローン市場は1兆5000億ドルの規模がありますが、これをファクトムを利用してパッケージ化しようという試みです。

住宅ローンを組む際、消費者が直接契約を結ぶ事は非常に稀で、不動産業者の他に銀行等の金融期間など様々な第三者を挟むのが通常です。直接契約するケースもありますが、意見の食い違いや書類の改ざん、不正が行われる可能性を排除しきれません。不動産売買において不動産業者や金融業者が介在するのはこれらの可能性を下げるためです。しかし、当然これらの中間業者を挟んで取引を行うとマージンが取られるため取引にかかるコストは割高になります。また、間に人を介すれば介するほど情報漏洩のリスクも高まってしまいます。

ファクトムはここに注目しファクトムハーモニープロジェクトを発足しました。ファクトムハーモニーを用いる事で大幅なコスト削減が可能になる他、改ざんできないというブロックチェーンの特徴によりブロックチェーン自体が記録になるので、第三者機関が限りなく不必要に近付きます。

また、住宅ローン関連の膨大な書類がデータ化されることで書類の管理に掛かる人件費などのコストも大幅に削減することが可能です。透明性が高いという特徴から、クリーンな取引を行うインセンティブにもなります。実際にはまだ構想段階にありますが、大手の不動産業者などとの提携が決まればプロジェクトは一気に進み急速に普及していくことが予測されます。

DLOC by SMARTRAC

DLOC by SMARTRAC(ディーロックバイスマートロック)とは、ファクトムとSMARTRACという会社がタイアップして共同開発しているソリューションです。このプロジェクトのコンセプトは「オフラインとオンラインを繋ぐ」というもの。具体的には、今まで紙ベースなどのオフラインで管理されていた個人の情報や医療履歴などのデータを「Dlocステッカー」というものに取り込みます。このステッカーはバーコードやQRコードなどで読み込むことができ、オンラインのデータを参照することができます。

このシステムが採用されれば、病院で過去の治療歴や個人のアレルギーなどの情報を即座に把握することができ、誤診や医療事故の確立がさがりより的確に診断することができるようになります。もちろんブロックチェーンの技術を応用しているため改ざんや不正が無い安心安全のシステムです。

日本でのマイナンバー制度の導入時に散々議論し尽くされたことではありますが、このシステムは使い方を間違った際には非常に被害が大きくなります。今後当プロジェクトが伸びるかどうかはセキュリティ面がどの程度整備されるかにかかっているのではないでしょうか。

特に、このシステムが世界規模で採用されることになれば海外で治療を受ける際にも患者のアレルギーや治療歴の情報を正確にシェアすることができるようになるというメリットがあります。

ファクトムのデメリット

ここまででファクトムの特徴やファクトム関連のプロジェクトを見てきました。非常に汎用性の高い技術に将来性の高いプロジェクトが乗っかってきており、伸びる可能性の高い通貨であると言えます。しかし、実際に投資するか否かを考える上ではコインのデメリットも把握しておく必要があります。以下で一つずつ見て行きましょう。

中央集権的である

ファクトムは既出の通りFactom.Incによって運用されています。従って、ファクトムの命運はFactom.Incに握られている部分が大きいということです。管理者が管理に失敗すれば通貨の価値は失われますし、逆に良い運営をすればプロジェクトが予想以上に伸びて行く可能性もあります。発行枚数の管理次第ではインフレやデフレが起こってしまう可能性も否定できません。いずれにせよ、一般的な仮想通貨が目指す理念とは少し離れたところにあるものと言えます。

ブロックチェーンの技術に依存している

どの仮想通貨にも言えることですが、ファクトムはブロックチェーンの技術に大きく依存しています。万一ブロックチェーンに重大な欠陥があった場合ファクトム自体が機能しなくなってしまう可能性もあります。

発行当初はビットコインのブロッチェーンのみに依存していましたが、現在ではイーサリアムのブロックチェーンにも分散しています。強固な2つのブロックチェーンにリスクを分散できているという点でかなり堅固なものであるという見方もできますが、一挙に崩壊する可能性があるという点は念頭に置いた方が良いでしょう。

発行上限が無い

ファクトムには発行上限がありません。ファクトムは基本的にマイニングの報酬として新規発行されます。発行上限が無いということはキャピタルゲインを狙う投資家にとってはマイナスの要素となり得ます。

日本で投資しているインフルエンサー

2015年に大石哲之さんがFactomに投資しています。また、2017年には与沢翼さんが2,000万円を投資しています。「有名な人が投資しているから」というのは自分が投資する際の理由としては弱いですが、こういったインフルエンサーの発信する情報によって通貨の値段は変動する可能性があります。こういった動きをよくウオッチして投資判断の一要素とするのもアリではないでしょうか。

ファクトムを購入できる取引所

2018年5月現在、日本国内でファクトムを購入することができる取引所はcoincheckのみです。アプリが便利で知名度が高いことから利用している人も多いのではないでしょうか。もちろん海外の取引所でも取り扱いのあるところはありますが、手順が煩雑なのでコインチェックでの購入がおススメです。

さいごに

いかがでしたでしょうか。通貨ではなくデータ管理プラットフォームとして開発されたファクトム。非常に多彩で将来性のあるプロジェクトも興っており、今後価格が高騰する可能性のある通貨です。デメリットもありますが、日本でも有名なインフルエンサーが投資しているなど将来性はかなり高いと言えるのではないでしょうか。

個人的には、プロジェクト分野が医療・不動産というかなり保守的な分野に限られているということもあり導入は緩やかに行われると見込んでいます。従って、価格の上昇も緩やかになる可能性が高く、投資の際も長い目で見る必要があるのではないかと考えています!読んで頂きありがとうございました。