なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    626,244円

  • ETHETH

    19,648円

  • ETCETC

    836.88円

  • LTCLTC

    4,733.1円

  • BCHBCH

    43,895円

  • XRPXRP

    53.989円

  • LSKLSK

    242.48円

  • XEMXEM

    10.483円

仮想通貨Stellar(ステラ)とは?

導入

リップルが金融機関の国際送金や決済時の送金コストに着目しブリッジ通貨という解決を導いたが、リップルの技術を参考にして開発されたStellarという仮想通貨は、個人の決済をより促進し開かれた経済を実現するいうプラットフォームであり、一歩進展しているといえるかもしれない。

そんな仮想通貨についてみていくことにします。

 

Stellarとは?

仮想通貨Stellar(ステラ)は、Ripple(リップル)の欠点をカバーする意味で開発された通貨で、人・銀行間を国際的に繋ぐより少額の決済・送金を実現するプラットフォームです。

より詳しくすると、伝統的な金融機関にアクセスできない20億人も貯蓄・与信・支払いをサポートし、実質経済に影響を与えることです。

 

仮想通貨名

Stellar(ステラ)

通貨単位

XLM

公開日

2014年7月31日

認証アルゴリズム

Stellar Consensus Protocol

公式サイト

https://www.stellar.org

ホワイトペーパー

https://www.stellar.org/papers/stellar-consensus-protocol.pdf

 

Stellarの特徴

個人間の国際決済・送金に特化

Rippleは、国際決済・送金を金融機関や国際企業間で実現するプラットフォームです。ブリッジ通貨として機能することでより送金や決済を容易に実現します。

一方で、Stellarは、Rippleの独自承認プロトコルの特徴ゆえにカバーしきれない点である国際的な少額決済・送金を実現します。

Rippleはトランザクションの承認を安全にすることから承認ノードの80%の承認が必要であり、より大きい決済が優先され、ブロック承認が遅いなどの欠点があります。

Stellarでは、個人間に特化することにより、少額決済でも承認されるブロック生成速度も速くなり、必要な承認数も下げて設定しています。

 

Stellarの独自認証プロトコル

Stellar(ステラ)は、独自認証プロトコルであるSCP(Stellar Consensus Protovol)を採用し、承認メカニズムをより容易にしています。

Rippleが採用するPoC(Proof of Consensus)は、SCPの開発の参考としているため、基本的な仕組みは同じです。リップル社が認定して承認ノードであるUNL(Unique Node List)が、送信されたトランザクションを候補としますが、この際に80%以上を得られたら承認となり、承認数が足りないトランザクションは次回の承認作業に回されます。

この必要承認数をRippleより下げて設定して、よりトランザクションが承認されるようになるのがSCPです。

 

急激な変動リスクを抑えるいくつかの工夫

①Stellarでは、ICO時に100億枚発行したあと、各年1%ずつさらに発行し、市場に流通するStellar安を誘発しています。運営元は非営利団体であり、常に発行量の5%を保有し、市場に出回るStellarの量を調節します。

②2013年のBitCoinの高騰は中国人が別の通貨のハードフォークによって価値が下がるためにビットコインを保有した方がいいという噂に惑わされて、購入した人が殺到しました。これにより価格が急激に変動し、市場が不安定になりました。

こういった懸念を解消するために、中国での利用が禁止されているFacebookの利用を登録時に義務付けています。

 

Deloitteとの連携

Delloitteは、世界最大の金融コンサルティング会社のひとつで、共同開発により、マイクロペイメントを利用したコアバンキング分野を改良しました。

金融機関が抱える取引手数料の削減や取引完了までの日数、市場拡大という課題を、マイクロペイメントを活用したデジタルバンキングの技術から解決します。

消費者へは本人確認書類をスキャンするだけでアカウントを作成し、即座にP2P支払いを可能にしたり、企業へはB2B製品の請求書追跡やビジネス支払いの機能の提供などを実行し、サポートしています。

 

Parkwayで採用

Parkwayは、ナイジェリアの通信事業者で、Stellarとの連携により相互運用可能なモバイル決済のプラットフォームを構築する目的があります。

ナイジェリアなどの新興国では、アンバンクやアンダーバンクの人々は口座を必要としないモバイル決済が利用される傾向にあります。

ステラネットワークを通じて、エンドユーザーへサービスを提供するだけでなく、技術教育、金融リテラシー、NGOパートナーシップなどの取り組みを通じて、最終的な受益者への更なる貢献にも協力していきます。

 

Stellarのチャート

出典:CoinGecko

 

仮想通貨Stellarは、2017年10月頃まで安定した価格を維持していましたが、やはり仮想通貨市場全体が高騰した2018年1月に1ドル近くまで高騰しました。

その後は、一度価格を落としましたが、再び値を戻し、現在は0.4ドル近くを推移しています。

 

Stellarの将来性

Stellarは、認証プロトコルの変更により、Rppleでは実現が難しい少額決済・送金を可能にしました。ロードマップによると、以下のような開発を予定しています。

SDEX-ステラール分散型Exchange

これにより、ステラールトークンのオンチェーンレベルの取引が可能になります。

スプレッドを最小限に抑え、資産の選択を最大化する流動性を創出します。

今後は任意の資産の間の最も適切な取引を探索するための経路探索、秘密鍵のユーザー管理機能の開発に力をいれます。

Lightning Network

ライトニングネットワークの導入は、スケーラビリティの解決とネットワークへの負担減少という良い効果をもたらします。

この技術は、メインチェーンとは別にオフチェーン上に「支払いチャネル」というものを作成し、その中で一連の取引を行うことができるようにするものです。メインチェーンとは別なので、ブロックチェーンには記録されず、オフチェーンで頻繁に行うことができる少額決済に適します。

これらの主要技術をもとに、企業がアプリケーションを開発し、エコシステムを構築するためのプラットフォームを目指します。

そのロードマップは3つのフェーズに分類され、

①技術分野:ステラネットワークの充実

②インテグレータ:ネットワークに接続する金融機関やサービスプロバイダによる統合の進展

③エンドユーザープログラム:最終受益者の金融サービスへのアクセスを拡大するプログラムの設計

第一段階である技術分野では、今後増えるであろう数百万のニーズに対応する堅牢なプラットフォームを構築することでした。

現段階ではフェーズ2に位置しており、そのために深いドメイン知識を有し幅広い顧客基盤をもつ大手の金融機関と効率を高め鋭いビジネスをもつFintechスタートアップとが相互の利益のために強力しあう場所を提供することにあります。

持続可能な発展を目指してイノベーションを活性化していく上で、Stellarの少額決済等のシステムに基づいたエコシステムの活用により、コストを削減し、顧客に新たなサービスを提供することができます。

その二社を連携させ、共通言語を発見することが課題です。

このフェーズに基づいて、新興国の銀行口座を持たない数十億の人々へ金融機関の機能に似た機能をサポートし、より決済・送金・貯蓄などを可能にする、より開かれた経済を実現することがStellarの最終目的です。

 

Stellarを購入できる取引所

Binance(バイナンス)

Binance(バイナンス)は2017年7月に開設された中国の仮想通貨取引所です。

Google翻訳機能を利用した日本語対応も可能です。

2017年12月には仮想通貨取引量も世界最大となり、取扱通貨も100種類以上と急成長してる仮想通貨取引所です。

また、取引手数料も0.1%と安く、取引所独自のトークンであるBNBを使えば0.05%と破格の安さで売買を行うことができます。

 

OKEx(オーケーイーエックス)

OKExは、BinanceやHuobiに並ぶ中国の3大仮想通貨取引所のひとつで、世界最大規模の取引量を誇るため、流動性がたかい点が魅力的です。

現在は香港に拠点をおいており、90種類の仮想通貨を取り扱います。

 

GoPax(ゴパック)

韓国で五番目に大きい取引所で、20種類の通貨を取り扱います。

 

Kraken(クラーケン)

Krakenはアメリカの取引所で、17種類の通貨を取り扱います。

海外取引所ながら日本円入金が可能だったり、日本語対応してるなど便利ですが、ユーザーインターフェースが見づらかったりサーバーがよくダウンしたりするので注意しましょう。

まとめ

仮想通貨Stellar(ステラ)は、より開かれた個人の決済・送金・貯蓄などを可能にするプラットフォームです。

銀行口座を持たない人間により開かれた機能を提供し、企業が市場を拡大するチャンスを与え、経済全体の流動性を増すことを目的とします。