なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    369,239円

  • ETHETH

    9,612.7円

  • ETCETC

    417.84円

  • LTCLTC

    2,703.5円

  • BCHBCH

    9,072.4円

  • XRPXRP

    32.819円

  • LSKLSK

    0.0000円

  • XEMXEM

    6.9780円

胴元がいらず透明性の高い未来予想プラットフォームを目指すAugur(REP)とは

概要

これまでの予測市場では、カジノやブックメッカーには中央管理者が存在し、オッズから配当まですべてのことを中央管理者が決めていました。賭け事に参加するためには、参加者たちは中央管理者を信用するしかありません。しかし、企業やオンラインサイトでは参加者が知らないところで日常的に不正が起こっており、中央管理者と参加者とは全く公平ではありません。

Augurはこういった参加者たちが手の届かない不透明な部分をブロックチェーンの技術で解決しようと立ち上がった仮想通貨プロジェクトです。今回は、Augurとはどういったものなのかを解説します。

Augurとは

不正をなくし透明性の高い予測市場を作る

Augurとは、ブロックチェーンの技術を使って中央管理者(胴元)が存在せず透明性の高い予測市場を作るために立ち上がった分散型未来予想プラットフォームです。予測市場とは、カジノだったり、スポーツ競技でどちらが勝つか負けるかを予想して賭け事を行うブックメーカーだったりと、主にギャンブルに関する市場のことです。

ブロックチェーンとは分散型台帳技術とも呼ばれ、理論上一度台帳に記録してしまうと、永久的に変更することはできません。よって、このブロックチェーンの技術を利用して台帳に賭け事を記録することで、一度行った賭けは不正を行って改ざんされることがなくなります。参加者にとっては不正を疑う必要もなく、中央管理者側は信頼を得られることになります。

さらに、中央管理者が存在しないため金銭的なリスクが低減します。みなさんは日本で行われているギャンブルで胴元側にいくら手数料を取られているか知っていますか。日本にあるギャンブルを下記の表にまとめてみました。

ギャンブル名

控除率

宝くじ

55%

スポーツ振興くじ(toto)

50%

競馬

20~30%

オートレース

30%

競輪

25%

パチンコ・パチスロ

10~15%

 

控除率とは、賭けに対してどれだけの手数料を支払うかの割合のことです。もし1万円分賭けたとすれば、パチンコ・パチスロで1000~1500円、宝くじでは5500円も手数料を取られています。これだけ手数料取られていたら普通に考えれば勝てるわけがないと分かります。Augurは胴元を仲介しないので、これだけ多く手数料を支払う必要もなくなります。よくて0%、システム維持手数料を取ることを考えてもおそらく数%だと思います。Augurは、胴元だけが儲かるのではなく参加者にも割の良い賭けを提供できる仕組みとなっています。

群集の英知をもとに作られている

群集の英知とは、2004年にジェームズ・スロウィッキー氏が書いた本にて提唱した概念であり、ある命題に対し集団が寄せ集めて出した結論のほうが集団の中の個人が出す結論に勝ることを統計的に説明したことです。群衆の英知を形成するためには4つの条件が必要です。

  • 意見の多様性(それぞれが事実に対して固有の情報を持っているべき)
  • 独立性(個人の意見は他者には左右されない)
  • 分散化(それぞれが得意な分野に特化する)
  • 集約(個人の意見を一つに集める)

すべての集団が賢いわけではなく、この4つの条件を満たしたものが群集の英知に欠かせない条件なのです。Augurに群集の英知がどう生かされているのか、次はAugurの特徴を解説します。

Augurの特徴

Augurにとって重要な分散型事実認定システム

予測市場で一番重要なことはその事実が本当に正しいのかを判断できなければいけません。Augurには、レポーターと呼ばれる事実を認定する役割を担う人が存在します。レポーターはあらかじめ自分の資金を担保にして事実認定を行います。大多数のレポーターが報告した事実と同じ事実であれば報酬がもらえる仕組みとなっています。もし報告した事実が少数派であれば担保として預けていた資金からいくらか徴収されます。これによって大多数が出しそうな事実をレポーターは報告する必要があるので、正しい事実が担保されていることになります。

スマートコントラクトにより円滑で自由な取引を実現する

Augurはイーサリアムのブロックチェーン上で構築されているので、スマートコントラクトを導入することができます。スマートコントラクトとは、スマートなコントラクト(契約)でここでは取引全般のことを指します。取引内容や条件の確認から、履行して成立までを自動化することです。Augurがスマートコントラクトを導入することで、

  • 誰でも簡単に賭け事に参加できる
  • 誰もが賭ける対象を作れ、提案できる。
  • 結果は胴元が判断するのではなく、大多数のレポーターが判断した事実
  • 胴元を介さず自動的に配当を受け取れる

というふうに、より円滑で自由に取引を行えるようになります。

さらにスマートコントラクトによって柔軟性のある賭けができるようになります。例えば、競馬ではレース前には参加者がパドックで馬の状態を見て賭ける馬を決めたりもしていますが、いつの段階で賭けたとしても同じオッズで支払われます。これを不公平にならないよう細かく賭けれるようにすることで優位性を持たせることができます。

REPの用途

はじめにAugurは分散型未来予想プラットフォームといいましたが、そのプラットフォーム上で利用されるのがREPという通貨です。REPはReputationのことで評判という意味です。REPを多く受け取っているということは、事実を多く報告しているということであり評判が良いレポーターです。

ここで注意していただきたいのが、REPはAugurプラットフォーム上では取引に使用せずレポーターの報酬としてのみ使用されます。REPは責任と報酬を伴うトークンであり通貨ではありません。よってAugurで賭け事をしたい人はREPを保有する必要はありません。

Augurのβ版がリリースされている

Augurの公式サイトにはAugurプラットフォームのβ版がリリースされています。もうすでに賭け事も行われているようで、見てみるとイーサリアムが2018年を終わるまでに$3000で取引されているかの賭けがありました。驚くことにYES票ばかりだったのでそれだけ期待されているということでしょうか。ログインも必要なく誰でも見れるようになっているので一度覗いてみてはいかがでしょうか。

Augurの将来性

保険業界にイノベーションを起こす

前々から保険とギャンブルは似たもの同士と呼ばれてきました。なぜそう呼ばれているのかというと、保険とギャンブルはビジネスモデルが共通しているからです。どちらも、顧客から集めた宝くじ代金や保険料をプールし、そこから賞金や保険料、手数料が賄われています。さらには前払いで資金を回収できるという優れたビジネスモデルなのです。

似たもの同士であればAugurを利用することでうまく保険に適用できるかもしれません。例えば、自分の未来を予想して、より自分に合った保険商品を選べるようになるかもしれません。中央管理者が存在しないことで高い手数料を払い続ける必要もなくなります。

 

予測市場の市場規模が大きい

https://www.statista.com/statistics/270728/market-volume-of-online-gaming-worldwide/

この記事によるとオンラインギャンブルの市場規模は2018年に約6兆円に達しており、2020年では約7兆円とだんだんと増して、大きな規模となっていくようです。ちなみに7兆円は現在のイーサリアムの時価総額よりも少し少ないくらいです。

懸念点

賭博禁止国では参入が難しい

各国では賭博法が制定されているので、それぞれの国の法律に従う必要があります。日本はみなさんご存知のとおり賭博禁止法が制定されており、国内で賭博をするのは禁止です。もちろんAugurも例外ではなくこのままだと禁止になります。法律が変わるのを待つか、公営ギャンブルのように法律で特別に認めてもらうしかありません。しかし現在日本ではカジノが構想されていますし、なにより公営ギャンブルの売上げ高5兆円、パチンコ産業は20兆円規模の投機商品が大好きなギャンブル大国なので、Augurが参入できる余地は十分あるのではないかと思います。

レポーターの結託で簡単に覆ってしまう可能性がある

Augurは多数決によって事実が認定されるシステムになっていますが、あるひとつの賭け事の全体の50%以上のレポーターが結託することで簡単に覆ってしまうのではないかと思います。もし多数のレポーターが虚位の情報を掴まされていたら間違った認定になる恐れがあります。

REPが取引できる取引所

現在海外の取引所ではたくさんの取引所が取り扱っていますが、国内の取引所ではコインチェックのみ取り扱っています。

Binance

つい先日BinanceがREPの取り扱いを開始したので、その日はかなりの値上がりを記録していました。Binanceは業界最安値の取引所で世界一人気の取引所です。

CoinCheck

国内で唯一REPを取り扱っている取引所です。販売所形式でしか購入できないので取引手数料が割高です。

基本情報

仮想通貨名

Augur

開発者

Jack Peterson,Joseph Krug

通貨単位

REP

総発行枚数

1100万枚

公式サイト

http://www.augur.net/

公式Twitter

https://twitter.com/augur_jp

日本語White Paper

http://18.218.86.39/wp-content/uploads/2018/03/Augur_whitepaper_JPN_20180305.pdf

 

Augurまとめ

  • Augurは分散型未来予想プラットフォーム
  • 不正をなくし透明性の高い予測市場を作る
  • 群集の英知をもとに設計されている
  • 分散型自動認定システムで事実を認定する
  • スマートコントラクトによってより円滑に賭け事を行える
  • REPは通貨ではなく評判
  • 賭博禁止による規制リスクがある

 

いかがでしたでしょうか。私はあまりギャンブルはしませんが、日本のギャンブルの控除率を見ているとあまりいい気分にはなりませんね。利益のほとんどが手数料と税金に取られてしまうのを見るとやらないほうがマシにも見えてきます。しかしAugurは胴元が存在しないので胴元だけが儲かることはありません。ギャンブルが好きでしょうがない人はAugurで賭けてみてはいかがでしょうか。

ご覧いただきありがとうございました。