なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    411,243円

  • ETHETH

    13,692円

  • ETCETC

    491.56円

  • LTCLTC

    3,586.4円

  • BCHBCH

    14,382円

  • XRPXRP

    36.478円

  • LSKLSK

    0.0000円

  • XEMXEM

    6.3473円

TRONってどんなコイン?将来性は?

TRONとは

まずは「TRON」の基本情報を以下の表にまとめます。

通貨名

TRON(トロン)

通貨単位

TRX

公開日

2017年 8月

発行上限枚数

100,000,000,000TRX

取り扱い取引所

Binance

Liqui

HitBTC

「TRON」のマイニングシステムやブロック生成速度は現在不明です。

「TRON」は、世界中の人々が楽しむことが出来る無料のコンテンツエンターテインメントシステムの構築を目指す仮想通貨として、2017年に「TRON財団」というチームにより開発されました。

「TRON財団」はシンガポールにある非営利団体で、公正で開かれたネットワークの運用実現を目指しています。シンガポール当局の承認を得ているので、一定の信頼性がある財団であると言えます。

また、開発者がRippleに携わっているJustin Sunであること、BCH(ビットコインキャッシュ)の開発者であるジハン・ウィー氏がTRONに関与していることも、TRONが信頼される材料の1つとなっています。

「TRON」はその目的から分かるとおり、利益を得ることが目的ではありません。「TRON」が実用化され広まっていくことで、クリエイターがそれぞれのコンテンツの公開・配信を簡単に行うことができるようになり、今まで注目されてこなかったクリエイターたちも注目されるようになることが期待されています。

 

TRONの特徴

 TRONには他の通貨にはない特徴をいくつか持っています。今回は大きく2つの特徴を説明していきます。

分散型ストレージ技術+ブロックチェーン

TRONは分散型ストレージ技術とブロックチェーン技術を組み合わせて、エンターテインメントシステムの構築を目指しています。ブロックチェーンに関しては他の記事で解説されているため、ここでは分散型ストレージ技術について説明します。

現在みなさんがアップロードしたデータは、単一の会社が保管・管理を行っています。例えば有名なところですと、AppleやDropboxなどがあります。しかし、企業の不手際によるデータの流出、プライバシーの侵害に関するニュースを度々テレビで見かけるように、企業の信頼が落ちている現状があります。現在のシステムでは、個人・企業が勝手にデータを操作出来る危険性があると言えます。

分散型ストレージ技術は、単一の企業・サーバーでデータを保管する中央集権的ストレージ技術とは異なり、多数のホストが所持するサーバーにデータをアップロードします。そして、アップロードしたデータはブロックチェーン技術により、誰がアップしたか、どのように取引されたかの履歴が残ります。そうすることで、個人や単一の企業が勝手にデータを操作できないようになり、プライバシーがより保たれるようになることが期待されます。

 

TRONが目指す未来の6つのPhase

TRONは目的達成の為に大きく6つのフェーズに分かれて発展していくと言っています。

6つのフェーズの詳細は以下の通りです。

 エクソダス(データの自由化)

P2Pと分散コンテンツに基づいたアップロード・ストレージ・配布の仕組みを築くフェーズ。このフェーズではユーザーは、分散型ストレージ技術に基づいて、データ発行・格納・配布のための完全に自由で信頼性のあるプラットフォームを利用できる。

 オデッセイ(コンテンツへの権限付与)

コンテンツ制作・流通・普及のための公正な評価基準をおき、完全に競争力のある経済メカニズムを創造するフェーズ。このフェーズでは、コンテンツの提供者にたいして適切な報酬が付与されるようになる。

 グレートヴォヤージュ(個人によるICOを可能にする)

ブロックチェーンの利点に基づいて、所得の測定・TRX所有者への配当の支払い・サポーターの管理の3つの主要問題を解決し、ファン経済からファンファイナンスへの顕著な転換を達成するフェーズ。

アポロ(分散型取引プラットフォームの構築)

中央集権型とは異なる取引プラットフォームを確立することで、システムの価値・財産権・リスクを自由に交換できるようにし、システム全体の経済的活力を高めるフェーズ。ユーザーは独自トークンを発行することが出来るようになり、価値交換を容易に行うことが出来るようになる。

スタートレック(ゲームコンテンツの分散化と市場予想)

TRONコンテンツプラットフォームによってもたらされるトラフィックにより、非中央集権的オンラインゲームプラットフォームの構築が可能になるフェーズ。ゲーム開発者がTRONを通して、自由にオンラインゲームプラットフォームを構築出来るようになる。

エターニティ(分散化されたゲーム)

オンラインゲームプラットフォームを確立する可能性を提供するフェーズ。ゲーム開発者はTRONを通じて、ゲームプラットフォームを自由に設計できるようになる。また、開発資金をクラウドファンディングにより確保し安くなる。一般投資家は、より簡単にゲームに投資出来るようになる。

 

TRON価格推移

TROの価格推移を以下に載せます。

公開されたばかりのころは1TRX=0.2円程度でしたが、現在では6.2円まで高騰しています。

TRONは2017年に公開され、大手海外取引所BinanceでICOが行われました。その際は、あまりの人気に、一度目は30秒、二度目は10秒で完売したようです。

2017年12月には、中華系大手取引所OKExで取り扱いが始まり、同じ頃に台湾の自転車シェアリングサービスoBikeと提携しました。また年明け2018年1月には、中国映像ストリーミングサービス会社Baofeng、ゲームブロックチェーンプラットフォームGame.comなどの企業との提携を発表するなど続々と普及が進み、TRX価格は一時、約23円に到達しました。

しかし、その後価格が急落しています。その最大の原因は、2018年1月8日に発覚した「ホワイトペーパー盗作疑惑」です。その疑惑のため、価格は急下降し、1TRX=2.9円になりました。その後徐々に価格は上昇し、2018年5月現在は1TRX=6.2円まで回復しています。

TRONのリスク

TRONは有名開発者が関わっている、多くの企業と提携しているなど、明るい材料の多い有望な通貨と言えます。

しかし、TRONにはリスクも存在します。

TRONホワイトペーパー盗作疑惑

発行前に、通貨のことを知ってもらうための公開文書がホワイトペーパーです。TRONにももちろん、ホワイトペーパーがあります。

仮想通貨ごとに目的や構想、技術的内容が違うのは当たり前ですが、TRONのホワイトペーパーの少なくとも9ページ分が、他の仮想通貨(IPFS、Filecoin)のペーパーと酷似していることが、両コインのホワイトペーパーの共著者であるJuan Benet氏により指摘されました。

TRON側は盗作を否定していますが、公式ページからホワイトペーパーが削除されるなどの対応が取られるなど、疑惑は完全に払拭されていません。

プロダクトがない

TRONプロジェクトではまだ実際のプロダクトは完成していません

最近のICOでは、プロダクト未完成でも行われることが多いため珍しいことではありませんが、今後きちんとプロダクトが完成するのかはわかりません。

もちろん完成する可能性は十分ありますが、盗作疑惑と相まって、プロダクト完成に疑惑を持ってしまうユーザーも多いようです。

 

TRONの購入方法

国内取引所はTRONを扱っていないため、サイト上で購入することが出来ません。TRONを取引するためには、海外取引所を利用していく必要があります。方法は簡単です。

国内取引所などのウォレットに保管してあるBTC、ETHをBinanceなどの海外取引所に送金すればOKです。

【TRON購入手順】

  1. 国内取引所でBTC・ETHを購入
  2. TRONを扱っている海外取引所にBTC・ETHを送金
  3. 海外取引所でTRONを購入

おわりに

TRON特集如何でしたでしょうか。

TRONは積極的に企業との提携を行っており、開発従事者も有名人が多いので、期待がもてる通貨です。今後日本取引所上場の噂もあり、価格の上昇が期待されています。

しかし上述したように、リスクも存在します。投資する際には十分考慮するのをおすすめします。