なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    872,421円

  • ETHETH

    27,394円

  • ETCETC

    787.33円

  • LTCLTC

    10,337円

  • BCHBCH

    44,961円

  • XRPXRP

    42.087円

  • LSKLSK

    0.0000円

  • XEMXEM

    9.404円

ビットコインキャッシュ(BCH/BCC)とは?概要や将来性を徹底解説します!

「ビットコインキャッシュ」という仮想通貨をご存知でしょうか。日本国内の取引所でも多く扱われているコインなので、仮想通貨にお詳しい方でしたらご存知なのではないでしょうか。

では、仮想通貨で最高の時価総額を誇る「ビットコイン」との違いをはっきり説明できるという方はどれくらいいらっしゃるでしょうか。恐らく、「ビットコインキャッシュ」という名前をご存知の方の中でもその概要やビットコインとの違いをきちんとご存知の方は少ないのではないでしょうか。

今回は、知っているようで実は知らない「ビットコインキャッシュ」の概要や将来性を徹底解説していきたいと思います!

ビットコインキャッシュの歴史

通貨名にビットコインという名前が入っていることからもわかる通り、ビットコインとの関係が深い「ビットコインキャッシュ」。実は2017年8月にビットコインから分裂して作られた通貨なのです。こちらではビットコインキャッシュを理解する上で外せない分裂の歴史や経緯を紹介していきます。

ビットコインのスケーラビリティ問題

事の発端はビットコインのスケーラビリティ問題です。そもそもビットコインは「仮想」の通貨であり物理的な実態を持ちません。取引の履歴はブロックに格納され、このデータが「マイニング」と呼ばれる作業で承認されることで取引が成立します。ビットコインにおいてこのブロックは大きさが1MB、10分ごとに生成されると決まっています。しかし、仮想通貨が急速に普及し取引データが増えてしまったため、ブロックの生成が間に合わず、取引の承認に時間がかかってしまったり手数料が高騰する「スケーラビリティ問題」が発生していました。

開発者とマイナーの利権対立

この問題を解決するためには2つの方法があります。まず一つ目はブロックの大きさ自体を大きくする案。そして2つ目が取引データ自体の圧縮=Segwitを行う案です。開発者チームが支持している後者の案を採用する流れが有力となりましたが、これに反対したのが中国のビットコインマイニングの大手企業「ビットメイン」です。

反対の理由については詳しく公表されていませんが、恐らく、ビットメインがマイニングに使用しており1000億円以上を稼いでいた機械がSegwit後は使用できなくなってしまうことが理由と言われています。

ハードフォークアップデートによりビットコインキャッシュ誕生

開発者とマイナーの対立はついに収束することはありませんでした。2017年7月18日、ビットコインのハードフォーク(分岐)が宣言され、2017年8月1日、segwitのアップデートではなくブロックサイズの拡張によってスケーラビリティ問題に対処する「ビットコインキャッシュ」が誕生したのです。ビットコインキャッシュではブロックが8MBに拡張されました。

ちなみに「ハードフォーク」とはアップデートと似ていますが、旧仕様と新仕様の通貨が両方残ることが特徴です。アップデートされた部分以外は旧通貨の特徴を引き継ぐため、ハードフォークアップデートによって作られた新通貨は旧通貨とよく似ていることが多いです。

ビットコインキャッシュの特徴

前章で述べた通り、ビットコインキャッシュはビットコインからのハードフォークアップデートにより作られた通貨です。そのためその特徴もビットコインと非常に良く似ていますが、異なる部分ももちろんあります。こちらでは、ビットコインと異なる特徴に焦点を当てて紹介していきます。

ビットコインよりブロックのサイズが大きい

分裂の原因となったスケーラビリティ問題の解決案としてビットコインキャッシュではブロックサイズの拡張を行っています。ビットコインの元のブロックサイズが1MBだったのに比べ、ビットコインキャッシュでは8MBとなっています。

これだけ聞いてもあまりイメージできないと思うので実際の取引可能件数に置き換えて紹介すると、現在のビットコインのブロックサイズでは7件/秒程度の件数のトランザクションが限界だと言われています。クレジットカード会社大手のVisaカードのトランザクション件数が2000件/秒と言われているので、かなり低速であることがわかります。一方、ビットコインキャッシュはハードフォークアップデート無しでも32MBまで拡張が可能となっており、最大限拡時で92件/秒のトランザクションを行うことができると言われています。尚、後ほど詳述しますが、ブロックのサイズを更に大きくするためのハードフォークアップデートも予定されています。

まだまだクレジットカードと比べるとトランザクション件数は圧倒的に少なく、このまま順調に仮想通貨の取引量が増え日常の決済手段として浸透して行くと考えると、今後もスケーラビリティ問題は避けられない問題と言えます。しかし、ビットコインに比べて高速&低コストでトランザクション可能なスペックを持っていることはビットコインキャッシュの大きな魅力の一つと言えます。

難易度調整のアルゴリズムがビットコインとは異なる

先程、ビットコインのブロックは10分に1つ生成されると説明しました。これはつまり、ブロックを生成するためのマイニングを行うための計算式がおよそ10分に1つ解けるくらいの難易度となっていることを意味します。この計算が難しすぎてしまうとブロックがなかなか生成されず取引が滞ってしまうので、この計算の難易度は難易度調整アルゴリズムによって調整されています。

この調整が、ビットコインでは約2週間に1度行われるNDA(Normal Difficulty Adjustment)が採用されているのに対し、ビットコインキャッシュでは10分に一度調整されるDAA(Difficulty Adjustment Algorithms)を採用しています。これによって、急激な難易度変化が起こった場合にもより柔軟に対応することができるようになりました。

ビットコインキャッシュの将来性

ビットコインのハードフォークアップデートによって誕生し、ビットコインと非常に似た特徴を持ちながらその欠点をカバーしているビットコインキャッシュ。仮想通貨サイトやブログでも「2018年はビットコインキャッシュの年」という推し文句をよく見かけるほど非常に注目度の高いコインです。購入を検討している人も多いのではないでしょうか。こちらではビットコインキャッシュの将来性を検証していきます。ぜひ取引の際の参考にしてみてください。

ビットコインキャッシュを購入するメリット

ビットコインキャッシュを取り扱う取引所がどんどん増えている

日本でも複数の取引所・販売所がビットコインキャッシュを扱っており、世界ベースで見てもその数はどんどん増えています。ビットコインキャッシュを扱う取引所が増えれば取引する人の数も増えますし、取引所の資金も大量に流入することになります。

2018年5月にハードフォークアップデートが予定されている

2018年5月中に、分裂を伴わないハードフォークアップデートが予定されています。これによって、ブロックのサイズが32MBまで拡張され、トランザクションのスピードが更に速くなる見込みです。

また、イーサリアム等で用いられているスマートコントラクトを実現するためのコードも追加されるとのこと。スマートコントラクトは様々な商業分野への応用が期待されている技術なので、もしこれが実装されればビットコインキャッシュがより広く普及する可能性が高まります。

アフリカ市場への進出

アフリカというと発展途上国という印象を持つ方も多いかもしれませんが、実は電子マネー先進国。ATMや銀行の数が少なく現金を安全に保管することが難しいため、クレジットカードなどが意外に広く普及しているのです。

長期的な展望ではありますが、ビットコインキャッシュはアフリカ市場への進出を目論んでいるとのこと。2018年3月には電話回線のみでビットコインキャッシュを利用できるような仕組みをローンチ。アフリカではネットワークよりも携帯電話の普及率の方が高いため、ビットコインキャッシュを利用する人が激増する可能性もあります。

一方、デメリットも・・・

明るい見通しが多いビットコインキャッシュですが、もちろんデメリットもあります。

まず、ビットコインと非常によく似ているもののビットコインに比べて普及率が圧倒的に低く、使用できる場所が少ないです。せっかくコインを持っていても使う場所が無ければ宝の持ち腐れですし、実用性が無いとなれば将来的に伸び悩んでしまう可能性もあります。基本的にはビットコインと仕組みが似通っているため、既にビットコインを使用できる場所でビットコインキャッシュを使用できるようにすることは技術的に難しいことではありません。今後の動向をウオッチしていく必要がありそうです。

また、「ビットコインキャッシュの歴史」の章でも述べた通り、ビットコインキャッシュはマイナーと開発者の対立の末マイナーに支持されて作られた仮想通貨です。そのためビットコインや他のコインに比べて開発チームが未成熟であると言われています。今後ビットコイン等に比べて開発に大きく遅れを取ってしまう可能性も否定できません。

ビットコインキャッシュを扱っている取引所・販売所

もちろんデメリットもありますが、ビットコインキャッシュが非常に魅力的な通貨であることに変わりはありません。こちらでは、ビットコインキャッシュを購入したい方向けに取り扱いのある取引所を紹介していきます。

ビットバンク

ビットコインキャッシュの取引量が日本一の取引所です。日本円からビットコインキャッシュを購入することができます。また、手数料無料キャンペーンを行っているためお得に取引することができます。アプリが無く慣れてない人だとちょっと難しいのが玉にキズ。

ビットフライヤー

ビットバンクと違って販売所なので、ワンクリックの操作で購入することができ非常に簡単です。三菱東京UFJ銀行などのメガバンクからも出資を受けており、資本力やセキュリティはピカイチです。手数料が比較的高いのがデメリットです。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コインチェック

非常に操作性の良いアプリを出しており利用者も多い取引所です。既に他の通貨で同販売所を利用している方も多いのではないでしょうか。ビットフライヤー同様手数料が高めなのがマイナスポイントです。

まとめ:ビットコインキャッシュは将来性アリの2018年注目コイン!

時価総額No.1通貨であるビットコインのハードフォークアップデートによって誕生したビットコインキャッシュは、ビットコインの欠点を補っており非常に将来性のあるコインです。もちろんデメリットもありますが、間違いなく2018年に注目すべきコインと言えます!