なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    371,008円

  • ETHETH

    9,814.4円

  • ETCETC

    422.33円

  • LTCLTC

    2,914.3円

  • BCHBCH

    9,251.7円

  • XRPXRP

    32.881円

  • LSKLSK

    0.0000円

  • XEMXEM

    6.9359円

仮想通貨マイニングの仕組みを一挙解説!

皆さんは仮想通貨のマイニングについてどのくらいどのくらいご存じでしょうか。

仮想通貨の取引をしたことがある方、仮想通貨について調べたことがある方なら、「マイニング」という言葉を知っている方は多いと思います。

しかし、参入障壁もあり、「実際にマイニングをやっている」もしくは「マイニングで一定の利益を稼いでいる」という方は少ないのではないでしょうか。

そこで今回は意外と知られていないマイニングの仕組みについて一挙解説を行います!

マイニングとは

マイニングとブロックチェーン

マイニングの大きな意味合いは、仮想通貨の暗号化システム、取引履歴のシステムに参加することです。

仮想通貨は、一定期間ごとにすべての取引記録を取引台帳に追記することで整合性を管理しています。 その追記の処理には、ネットワークに分散されている今までの取引台帳データと、追記の対象期間に発生したすべての取引のデータの整合性を記録することが求められるのです。

また、この取引台帳データのことは「ブロックチェーン」と呼ばれており、また追記していく作業のことは「ブロック生成」と呼ばれています。

このシステムがあることによって、仮想通貨を中央管理する機関を必要とせずに正当性を確保することができているというわけです。

つまり、マイニングに参加するということはその通貨の整合性を管理していく一翼を担うという意味でもあります。

利用するのはみんなのパソコン!?

取引台帳データの整合性を確認していくための作業は、コンピューターによる計算で実現することができます。

しかしながら、その作業には膨大な計算量が必要となります。なぜなら分散されて保存されている1つの大きな取引台帳のデータ、追記対象となる取引のデータのすべてを正確に検証してから追記しなければならないからなのです。

そこでビットコインを始めとする仮想通貨では、この追記作業のために有志のコンピューターリソースを借りているのです。余っているコンピューターの計算能力を借りることによって、膨大な計算を行い、みんなで共有する1つの大きな取引台帳に追記することを行っているのです。

しかし、わざわざ膨大な計算能力を取引台帳データの整合性のために無料で貸し出すというのでは、なんらのメリットもありません。

そこで、この追記作業のために膨大な計算処理をし、結果として追記処理を成功させた人には、報酬として新たな通貨が支払われることになっているのです。この報酬は、新たに発行した通貨によって支払われます。つまりこの瞬間に通貨の新規発行が行われることになるわけです。

以上のような流れのことを「採掘(マイニング)」と呼んでいるのです。

基本的に他人から購入する以外の手段で仮想通貨を手に入れる方法は、このマイニング方法以外に存在しません。そのために、仮想通貨の発展を信じる人達がマイニング活動に力を注いでいるのです。

マイニングと金(ゴールド)

マイニング作業を行っていくためには資金が必要になります。 ブロック生成は演算作業や取引処理作業などによって、その正当性を示しています。

また報酬を受け取るためには、誰よりも早く作業を行わなればならないのですが、そのためには高性能のコンピューターやかなりの電気代などの経費が必要となります。つまり先行投資を行い、新たなコインを生成してそのコインが流通として流れていくということになります。

この一連の流れが、採掘道具を用意し、金を掘り出し、その新しい金が流通していくという流れと似ているのです。

このように「金」の採掘作業に似ていることから、仮想通貨のブロック生成が「採掘(マイニング)」と呼ばれ、それを行う人達が「採掘者(マイナー)」と呼ばれるようになった所以であるのです。

先程述べたように、マイニングには有志のコンピューターリソースを利用することによって行うため、このマイニングによって新たに発行した通貨を得ようとする人達が存在していることによって、仮想通貨の整合性が保たれているのです。

しかし、現在マイニング競争が激戦化してしまっているために、マイニング専用のコンピューターがなければ新規に参入することは難しい状況となっています。かつ、この点も先程と同様ですが、報酬を手に入れるのは計算により最も速く新しいブロックを生成した人のみであって、たとえ2番目に速くても報酬を手にすることはできません。

したがって、年々マイニング競争が激戦化しているために、(特に初心者にとって)新しくマイニングに参入することは難しい状況となっているのです。

セキュリティについて

マイナーはブロックの生成により報酬を受け取っています。 しかし生成による報酬の他にセキュリティの管理者としての報酬をも受け取っていることになっています。マイニングには取引を中央管理者(政府、銀行など)が監視する代わりに、その取引が正当に行われているかを監視する役割があるのです。

もし悪意のあるマイナーが高性能な計算能力を備えたコンピューターと、それを賄える電気代をもってこのシステムを破壊しようと試みようとてるとした場合、そのような巨大なマイニング能力を持っているとするならば、行うことは2つです。

  • 一つは自分たちが送信したコインを再度自分達のものにして二重支払いすること。
  • もう一つは他のマイナーよりも圧倒的に速くブロックを生成し、報酬のコインをもらうことです。

前者はブロックチェーンの機能が失われ、そのコイン自体の価値がなくなるだけです。 したがって後者のように報酬をもらい続けるほうが得になるので、故意にブロックチェーンを攻撃しようとする人は限りなくゼロに近づきます

結果的にマイナーはセキュリティの管理の役割を担い、その報酬として新たなコインを受け取っているのです。

マイニング投資のリスク

仮想通貨マイニングでのリスクは「投資額が回収できないこと」が最大のリスクであると言えます。

投資額が回収できない状態を招くリスクの要因をいくつか見てましょう。

ビットコインに替わる通貨の登場

ハードフォークなど仮想通貨の分割や競合となる仮想通貨がたくさん出てくると、自分が用いていた仮想通貨の価値が下がる可能性があり、仮想通貨マイニングによるリターンは少なくなります。

仮想通貨の破綻

全世界で仮想通貨はやめるように協定が結ばれ、法律で厳しく取り締まることになれば、消失する可能性があります。

仮想通貨という存在自体は、マイナーがいる限りはなくならないですが、仮想通貨が使えない世界となってしまえば、自ずと仮想通貨は価値を失い、価値を失ってしまった仮想通貨は何にも交換できない、ただのデジタルデータとなるでしょう。

大型マイナーの登場やマイニング市場全体のパワー向上

自分が属しているマイニングプールのパワーが不足して、マイニング効率が下がる可能性があります。

また、仮想通貨を発行できる全体量は限られており、上限に近づくほどマイニングしにくくなるため、より強力なマイニングパワーを持つ者が勝つようになります。

電気代の高騰

現状のマイニングは電気をパワーとして行うため、電気代が高騰することによりマイニングにより得られるリターンが下がることとなり、結果としてマイニング効率の低下につながります。

GPUやCPUの故障

マイニング機器が故障することによるリスクはかなり高いものがあり、機器の故障イコール機会損失となるほか、その機器に対しての初期費用を回収できないことにもつながります。

仮想通貨マイニングのリスクへの対応

仮想通貨マイニングを行う場合は、これらのリスクに対してどう備え、リスクが顕在化したときにどのように対応すべきか考えておく必要があります

仮想通貨が暴落するなど世界で使われない事になった場合は、仮想通貨マイニングを行う意味はありません。このような状況が訪れた場合は、仮想通貨マイニングを素早く、賢く手仕舞う必要があります。

仮想通貨マイニングを始める際に「マイニングマシン」を購入しますので、仮想通貨マイニングを手仕舞う際に重要なことは、GPUを高値で処分することです。

GPUはもともとゲーム用途に使われることが多いため、定価の6割~9割程度で処分できます。高値でGPUを処分するためには、個人フリマやオークションを使いましょう。中古ショップよりは高い値段での売却が期待できます。

マイニングできる仮想通貨

マイニングできる仮想通貨は限られており、現状マイニングできる有力な仮想通貨は、ビットコインあるいはイーサリアムです。

いずれの仮想通貨も仮想通貨成長期の現在、乱高下がとても激しく、リスクを考慮すると、1つの仮想通貨で持ち続けずに、複数の仮想通貨に分散するか、円建てやドル建てにする事が考えられます。

現実の世界でも、全てのお金を株や現物取引につぎ込まないのと同様に、マイニングした仮想通貨をそのまま1つの通貨で持ち続けることはリスクを大きくすることになるためです。

仮想通貨を他の通貨に分散することによって、リスクの分散を図ります。また、利益を得た場合は仮想通貨以外の資産運用(株、不動産等)も併せて行うことが一般的なリスクヘッジとなります。

まとめ

マイニングはそのコインのブロックチェーンを正常に機能させるための重要なシステムです。

そのためにマイナーの計算力を借りて、取引代用のデータの整合性を保ってくれていることに対する報酬として、新たに発行したコインを支払っているのです。

現在においては、マイニング競争が激戦化してしまって、新規に参入することが難しい状況となっています。しかし、仮想通貨の取引や利用を行う際でも、マイニングを知っておくことで新しい通貨に対する理解力や、特徴ある通貨の性質を知ることに有効な知識ですので、ぜひ理解しておきましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。